FC2ブログ

何だかおかしなナイジェリアの女学生誘拐事件

2014/05/10 10:54:52 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

ボコ・ハラムという武装勢力が300人近くの女子を誘拐し、娘たちを人身売買市場で売り飛ばすと発言しているようである。このボコ・ハラムは同国北東辺境部のイスラム系少数民族で構成されるゲリラ集団で、西欧式の教育は全て悪であり、全ての女は教育など受けずに結婚すべきなのだと主張しているという。

筆者はこのゲリラ集団について全く知らなかったのだが、公安調査庁のウエブサイトによると、同国南部出身のキリスト教徒達が主導権を握るナイジェリア政府を打倒して北部地域でのイスラム法の施行を叫んでいる数百人の小規模なグループで、政府機関の建物や学校、さらには自分達に批判的なイスラム指導者をも襲撃しているという。

この説明文を読んで違和感を感じてしまった。お題目がでかい割には少人数であり、何より世界中を敵に回して戦っているというのが変である。おまけに今回は少女達を誘拐したため世界中の人達から許されざる犯罪者集団という烙印を押されてしまった。このゲリラ集団の指導者はわざわざ自滅の道を選択している様にしか見えないのである。

しかし従兄弟ジェンの「この誘拐でアメリカはナイジェリアに介入する口実が出来たな」という一言が筆者の頭の中のモヤを吹き消してくれた。ああ・・そういう事か!シリアやイランと違ってアフリカなら軍事行動を起こしてもEUやロシア、中国の反発を招きにくいし、何よりナイジェリアは石油などの天然資源が豊富、しかもアフリカ全土にクサビを打ち込むには便利な地政学的位置にいる。しかも軍事力は弱いときてるから一米兵死者あたりの利益がべらぼうに大きいのだ。

「情報機関が裏で反政府運動を支援しているのは常識だよ。特にアメリカは戦争したくてウズウズしてるから、後はボコ・ハラムのリーダーにアメリカ人の女を何人も誘拐して殺せと指示すれば、後はアメリカ中の教会やNPOが世論を軍事介入に誘導してくれるだろ」と言ってジェンは笑った。なるほどねえ・・さすがフリーメイソンの会員。見事な陰謀史観である。だけど・・フリーメイソンって博愛主義の団体じゃなかったけ?お前の話を聞いてると、どう聞いても好戦主義者なんだけど・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/227-2f949b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)