関西のオバちゃんに感服

チェンマイに来ても特に用事は無いので、昼間は女房と二人で空港の近くにある巨大なショッピングモール CENTRAL AIRPORT PLAZAに行くことにしている。ここにはデパートやスーパーマーケット、映画館、ショップ、レストランがワンサカ入っていて建物の中をブラブラしているだけで格好の暇つぶしになるからである。あとチェンマイ市内にはもう一つCENTRAL FESTIVALという最近できたショッピングモールがあるので、チェンマイにロングステイしに来たんだけど昼間は暑くて外出する気にならん・・という方は、両モールとも市内の主要ホテルを結ぶ無料シャトル便(ミニバスやタイ版ジープニー)があるので昭和40年代の日本のようにデパートに涼みに来ることをお勧めする。
     129_CentralAirportPlaza.jpg

さて本日午後にホテルに帰るシャトル便内での出来事である。同乗者はシンガポール人らしき一家と白人とタイ人のカップル、それに国籍不明の4人組の若い女と、筆者の対面に座る50代後半と思しき婦人2人であった。車が出発してしばらくすると目の前のご婦人たちが「ホリディインは今年ずいぶん値引きしてくれてな・・」とか「シャングリラは食事がほんまに不味くてなぁ・」などと話し始める。あれっ?この二人は関西弁だぞ。どうやら筆者同様にチェンマイに毎年ロングステイに来るオバちゃん仲間のようで、筆者は女房と英語で話しているので日本人だと気が付かない様である。やがてこの二人はどこどこのホテルのメンバーシップがお得だとか、あの日本料理店のランチは値段の割に満足がいくなど筆者も知りたい情報を話している。さすが関西人!金にうるさい割りに満足だけは最大限求める日本の中国人だけある。
     images7YDKDVGJ.jpg

さて乗車10分も過ぎると二人のオバちゃんの会話は筆者の期待とは裏腹にオバちゃんたちの身の上話になってしまった。「ほんま、姑が逝きおったからアタシもこういう旅が出来るようになったんやで」「ウチかてそうや!あのババア、嫁に入ってからというもん手間ばかりかかってエライ難儀したけど、頭やられて体動かんようになってからますます手に負えんようになって!」と険しい口調で話す二人。なるほど・・介護と言うのは大変だとは聞いてたが、この二人はそんな戦場のような毎日を過ごしてきたんだろう・・。苦労した分チェンマイで人生を謳歌してもらいうたいものだ・・と温かい目でこのオバさん二人を見つめていたら、片方のオバサンが突然「ウチ!ホンマに頭きたからババアに金魚食わしたった!」と言いだした。な・・何?金魚だって?
     imagesM2PXO1MF.jpg
     
「ババア頭すっかりボケとるから金魚美味そうに食べてたわ!そんでも腹壊したらどないしよと心配したけど、戦後食うもん無くて犬食っとっただけあって胃腸の方は丈夫に出来とるもんやわ!」と言って今度は二人で大笑いである。こいつら鬼嫁か・・。そしてもう片方のオバさんも「ウチのババアも頭壊れとって何食うてるか分からんから、冷蔵庫にあった腐りかけの豆腐与えたらむさぼるように食い始めるてな!そんで食い終わった後で「直子さん!美味しいヨーグルト有り難う」てお礼言われたわ!ウチ可笑しうて可笑しうて・・、それでいつも腐りかけの残飯を「おばあちゃんヨーグルトですよ♥ 」て家族誰もいない時に食わせとったんよ」と高笑い。そしてこのオバちゃんたちの実にうれしそうな顔といったら・・。
       images89VGZPO2.jpg
   
「だけど転んだら一気に寿命縮まるもんやな・・」と急に神妙な顔になる片方のオバちゃん。「ウチのババア、骨いかれたら寝たきりになってしもうて半年で死によったわ。それまではアチコチ出歩いてエライ迷惑ばっかかけとったのに」と相槌を打つ片割れ。やっぱ足腰が立たなくなると気の方も折れてしまうんやな・・とお互いにウンウンという感じで頷き合っている。おい!アンタらも20年すりゃそうなるんだぞ!と思ったその時、「だったらボケ始めの時に階段から突き落としとけばよかったんや!」と大笑いするオバサン。「そうや!頭イカレテるから何も分からんし、体のあちこちの骨いかれれば2~3か月でお陀仏やろ!ちくしょう!息子が大学出たときにババア突き落としときゃもっと早くチェンマイ来れたのに・・」と言って二人は大笑いした。
     images2A90LD4V.jpg

この後も姑早く車にでも当てられて死ねばよかったのに、風呂でも沈めて殺しときゃあ良かった、こんな悪口いって化けて出てきたらどうするんや?そんなもん化けて来たってまた腐った豆腐食わせればウチに感謝するやろ!という人間をバカにしきったような会話のオンパレード。二人の実に楽しそうな様子に同乗の外国人たちも耳を傍たてているし、筆者の女房も「あの二人は一体どんな楽しそうな話をしているのか?」と英語で聞いてくる始末(筆者と女房の第2共有言語である広東語で「後で教えるよ!」と答えた)。それにしても関西のオバサン・・人間の深淵にひそむ悪魔性をこんなあけっぴろげに話すとは実にお見事としか言いようがない。だけど今度この手の話をする時は周りに日本人がいるかどうか注意深く確認した方がいいよ。それと中国人みたいに公衆の面前で大声でしゃべるのは大阪でだけにしてね。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/171-75d301b3