FC2ブログ

ズレちゃった女房

2018/08/21 14:13:56 | 旅行 | コメント:1件

日本へ旅行に行くときはすごく早い段階で荷造りを始める女房だが(嬉々としている)、今月のタイ旅行は出発が目前に近づいているにもかかわらず一向にその気配がないため、何度か嫌みのジャブを叩き込んだところ今やっと渋々ながら作業を始めやがった。

で、Tシャツ2枚とかアンタの替えのジーンズは1枚でいいわね・・などなど筆者の荷物はすごくケチりながらスーツケースに押しこんでいくのだが、その際に「タオルは何枚持って行ったら良いか?」と変な事を聞き始めたのである。

はあ?そんなのホテルにあるから要らんだろ!と答えたら、ああ、そうだったわね・・と凄く乗り気の無い口調で答えたのだけれど、さて本日分の作業が終わった時に(つまり途中でやめてしまったという意味)ホテルに朝食はついているのか?と質問してきたのだが、続けて「夕食もついてるのか?」と言うのを聞いて唖然としてしまった。

こいつ日本の温泉旅館と脳内で混同してやがる・・その時そう気づいたのだ。いくら阿呆な女房でも今まで夫婦で30回くらいタイを旅したのだからこんな間違いなどするはずも無いのだが、しかし筆者がそう確信したのはこの冗談みたいな質問をほんとに真顔で言っているからだ。

4年前から筆者ら夫妻は日本に毎年2か月ほど避暑に出るようになったのだが、最初に連れて行った南紀白浜の三楽荘という温泉旅館にえらく感激した女房は以降「温泉旅館こそ世界最高のリゾート!」という公式が脳内で固まってしまい、それから伊勢志摩に道後、湯の川、伊豆下田に城崎などなど毎年日本に行く度に温泉宿に連れていったのだ。





さらに今年あたりからはスーパー銭湯でボケーっとしているのがなにより好き!などと還暦迎えた婆さんみたいなことを言い出したのだけれど(タオをル持っていく云々の発想はここからきている)、特に今年の旅で訪れた和歌山の花山温泉と、まあせっかく日本に来たんだから一番有名なところへ行くか‥と出向いた別府温泉が決定打になったのだ。

別府では一番大きい杉乃井というホテルに泊まったのだが、ここのロビーに入るや女房はなぜか「あたしはここが好き!」と言い出し始め、品ぞろえがえらく充実したバイキングや巨大な温泉風呂、八王子サマーランドみたいな温水波のプール、そして何よりさらに部屋の窓から見える湯煙の数々にいた~く感動してしまい、来年またこのホテルの泊まりたい由を何度も何度も力説したのである。

そしてフィリピンに帰ってからも今も従兄妹や友人たちに「日本の温泉はいいわよ~」とか「皮膚からミネラル成分を吸収するから湯から出てもシャワーを浴びちゃいけないの。浴衣はそのためにあるのよ」などと自慢話をしているのはいいんだけど、実は家で時々ONSENとかBEPPU、SULFUR(硫黄泉)などネットで検索しているのを筆者は見てしまったのだ。

要するに女房の脳内では「タイなんかよりも日本の温泉に行けばよいのに・・」という願望がずーっと渦巻いていて(実際は女房の叔母がタイに来てくれ!と頼むから行くんだけど・・)、そのため荷造りの際に日本行きとタイ行きを混同したようなのだが・・・コイツここまで温泉が好きだったの?と呆れてしまったのである。

で、だったらタイで温泉にでも行くか・・と思ったが、これがマトモそうなのはタイ最北部のチェンライと最南部のクラビと今回のルートからはずいぶん離れたところにあるだけで、それにそこだって別府と比べればどう考えたって女房のスタンダードには合いそうにない。だから・・なんか今回のタイの旅はあんまり盛り上がりそうにないな・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

温泉

2018/08/21(火) 20:43:45 | URL | Ronny #BlUeHiGI
筆者様のブログ毎日楽しく読んでいます。

私は還暦過ぎていつ移住するか考えてますが財政的に問題がない時にどのようにするか躊躇してます。

フィリピンの温泉はぬるく楽しめません。コロンの温泉マキニットとマリンドゲの町営温泉は熱くてよかった。 お薦めの温泉あればアップお願いします。まあ日本の温泉が一番ですが。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1585-bb70792b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)