FC2ブログ

骨を折るだけ損なフィリピン世界

2018/08/16 12:07:07 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

女房の姪イナが月末のタイ旅行にどうしても同行したい!と何度も何度も言い張るので仕方なく了解し、ホテルのエクストラベッドやバンコク=サムイ島往復の予約などを手配し始めたところ、なんとイナのパスポート発行が出発日に間に合わない、というか最初から間に合ってなかったことが判明した。

イナは筆者らの出発日の2日前に受領すると思い込んでいて、しかし家に帰ってよく見たら1週間まちがっていた事に気が付いた・・という何とも情けない話で、まあこっちはイナ追加分のキャンセル料は発生しないから別にいいのだけれど、フィリピン人はこういうポカミスが日常茶飯事なのに今更ながら呆れてしまった。

例えば今回の旅は女房の誕生日を祝うのが目的だけれども、なんでタイにしたのかと言えば香港に住む女房のルーシー叔母がこの時期に香港人の旦那の一族親睦ツアーでタイに来るからで、ただ周りは中国人ばかりで居心地が悪いから用事を作って抜け出したい!ついてはこの時期にタイに遊びに来てくれないか!と頼まれたからなのだ。





タイ好きでタイに何度行ってもまた行こう!と思う筆者は千載一遇のチャンスとばかりに航空券やホテルの手配を始めたのだけど、しかしルーシー叔母が「バンコクは勝手がわからないから同じホテルに泊まってくれないか?」と頼むので、会う予定の2日分のホテルだけは予約してないのだが、これが2週間待ってもルーシー叔母一行が一体どこのホテルに泊まるのか未だに判らないのである。

親睦ツアーの幹事役は香港人の旦那の甥っ子らしく、この人物からはパタヤではオカマショーを観る予定です!とか、沖合にある島で泳ぐ予定なので水着を忘れずに!なんて情報は来ているようだから、旅のしおりとか又は甥っ子に確認すれば判りそうなものだが、何度聞いても「判らない」、あるいは別の日に行く予定のしかもホテルじゃなくてショッピングモールの名が出てくるなどだんだん不条理な世界に入っているのだ。

さらにはルーシーの旦那が株式の「売り」注文を甥っ子に頼んだのに、伝言役のルーシー叔母が間違って「買い」と伝えてしまい、現在そのことでひと悶着が起こってとても話が出来る状態じゃないのよ!とか変なことになってしまい、じゃあタイ旅行や止めるのかといえば実はそうでもなく、で、オレたち夫婦はどこに泊まれば良いの?という問題は棚上げされたままなのだ。





で、こう書いても日本人の9割は「そんなバカな事があるか!」と思うだろうが、現実には誰も財布を持ってこないのにレストランで大量注文してしまうとか、免許もないのに車を買ってしまう、あるいは降りる階のボタンを押さずにずっとエレベーター乗ったままのオバサンがいるなど明らかに部品が足りてない人間が大手をふるって歩いているのがフィリピンなのである。

しかも困ったのが当人達には自分たちが変なのである!という自覚が全然ないことで、姪っ子イナも自分が間違えただけなのになぜかパスポートを発行する外務省は全く仕方がないわね!とため息をついているし、ルーシー叔母も甥っ子がしっかりしてないから・・とまるっきり見当違いな方向に責任転嫁しているのだ。

だから今後フィリピン人と接する立場になる人に言っておくが、彼らと一緒に過ごすとはこういう不毛な空回りの渦中に入るのと同意語であり、特に無理やりねじ込んでくるような場合はほぼ確実に徒労に終わる事になるから、これはちょっと面倒だな!と思ったら深く考えずに最初からずっとNOで通しましょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

それは言えてます!

2018/08/16(木) 13:02:15 | URL | ponpon #-
ある結婚式の披露宴、会場にピアノがあるのか何度も確認してたのですが、いざ会場に行ってみると、外に壊れた電子ピアノが放置してあったり。
日本に来るビザを申請させてたら1年近く係ったりしたので、最近はなるべく関わらないようにしていますよ。
バスケとかどうでも良い事は一生懸命やるけど、大事な事は抜けてる国民ですよ。(大笑)

2018/08/19(日) 07:03:09 | URL | hanep #-
↑日本政府は、またも比人ビザを緩和しましたが・・・

比ではサービス業に落差があります。評判や情報を得てから話を進めていかねばなりません。昭和の感覚がアリなんです。
それが出来ない人がマヌケということになります。俺の感覚では、5%くらいはまともな人間がいます。俺たち外人は、そこを選別しなければ、ここで長く住めませんよ・・・?

ponponさん、そのうち、笑えない現実が出てくると思います。俺らは外人。抜けている奴らだと見下していると、必ず痛い目にあいますよ。フィリピン・プライドという言葉があるように、バカにされると火になって殺されたりしますからね。

俺には笑えません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1580-06175767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)