FC2ブログ

さっさと殺されればいいじゃないか

2018/08/13 12:35:59 | ニュース | コメント:2件

シリアに拘束されている安田純平の動画が最近インターネット上に投稿され、メディアと一部の方たちが「日本政府は安田さんを何がなんでも救出せよ!」と息巻いているらしいだが、しかし「私は韓国人ウマルです!」と表明した時点で当然ながらこの男は筆者の中では無価値印が押されているのである。

韓国人だったらハングル語で韓国政府に助けを求めるべきなのに、わざわざ他国に呼びかけてカネを出させよう!という朝鮮民族特有の寄生虫根性には侮蔑感しか難じないし、イスラム過激派はモタモタしてないでさっさとこのチョンを殺せばいいじゃねえか・・としか思わないのだが、しかしその一方でこの拘束って本当なの?と疑問に思っているのである。

これは4年前にイラクで拘束され殺害された後藤健二と湯川遥奈の疑わしい前例があるからだ。皆さんご記憶のとおり後藤健二はジャーナリストを名乗っているものの背後にいるのは西早稲田の反日左翼アクティビストたちであり、湯川遥奈は相当頭が緩んだおバカさんだが、イラクに行く直前には統一教会系の勝共連合にからめとられていたフシがあるのだ。





西早稲田と勝共連合と聞くと筆者と同じ世代なら「左右別々で天敵同志じゃねえか!」と思うだろうが、金日成と文鮮明がピョンヤンで握手した時点から勝共連合は危機を作り出して日本政府から金をむしり取る方向にスタンスに切り替わったので、中近東で日本人が殺される事態は実は両者の利害が一致するのである。

だから筆者はこの後藤・湯川両名の誘拐と殺害はヤラセであり、それに後藤さんの断首写真をいくら見ても血のリアリズムを感じないことから処刑自体も合成映像、つまりどこかのスタジオで撮影されたインチキ画像だと思っているので、今回のウマル安田もその焼き直し版だと99%確信しているのだ。

で、日本政府はそんなのとっくにお見通しで、だからこそ今まで黙殺してきたのだろうが、さすが寄生虫民族だけあって在日コリアンを表明すればお人好しの日本人たちに救出ムードが高まり、日本政府もスタンスが変わるだろう!と思ったのだろうが、さすが下等生物の浅知恵だけあって日本人たちからは失笑しか漏れて来ない事態に筆者は心地よさを感じているのである。





で、おそらくウマル安田はイランかアフガニスタンの案外と快適なキャンプで冷麺でも食いながら次の一手を考えているのだろうが、残念ながら韓国人を名乗った時点で自分自身の生命価値を大きく落としてしまった事や、今後何を言っても「へえ、そうなの」程度の反応しか生まれてこない事は下等生物だからいまだに知覚できてないのではあるまいか。

だからここで筆者からウマル安田くんに提言があるのだが、過去イスラム過激派に処刑されたとされる被害者がずっと出来なかったこと、つまり本当に処刑されて思い切りリアルに血を噴き出すシーン、視聴者があまりの恐怖に吐き気を催すようなすごい処刑シーンを身をもって実践されたらいかがだろう。

そもそも生まれたときから犬猫以下の価値しかないチョンでも血液だけは人間と同じものが流れているのだから、キミの唯一残された財産を有効活用しない手はないだろう。なお筆者はキミが本当に死んでも反戦思想に鞍替えすることは絶対に無いけれど、見世物小屋は昔から好きだから、ここは思いっきり血を噴き出して悶絶しながら死んでいってください。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

2018/08/13(月) 19:08:17 | URL | 兄貴 #HfACQT5I
私もこの件では貴兄と同じ思いですが、ヘイトスピーチと言われるのを恐れ発言する勇気がありません。貴兄の勇気を尊敬します。

ほっときましょう

2018/08/13(月) 23:56:28 | URL | oyoyo #-
日本政府の対応は正解ですよ。
こんなバカチョンの為に、我々の血税を使う必要はねえ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1577-4999157b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)