FC2ブログ

反論への反論

2018/08/12 12:31:16 | 古代史歴史 | コメント:2件

筆者の日記を読んでいただいた方から「自分の家の近くには移転してきた大学があるが、しかしこの一帯は歴史的に最下層に位置付けられた○○地区ではない!」という反論をいただいた。これは少し前の日記で5人が焼死した東京多摩市の火災現場は○○地区であった可能性があって、その根拠として近くに女子大が移転している云々を書いたからである。

ただもう日記をもう一度よく読んでいただきたいが、筆者は「女子大が移転したから○○です!」という1つの要因で判断しているのではなく、別所とか榎がつく地名がすぐそばにあって、さらに清掃工場と自動車教習所、それと移転した大学もすぐ近くにあるという「5つの複合要因」があるから○○であろう!と書いてるのだ。

それと「いい加減な事を書くな!」と書いておられるが、筆者は戦後日本最悪の焚書とされた○○地区リストを見た事があって、それは大正時代に日本の公的機関が変遷した資料なのだけれど、そこに載った合計5300か所の○○地区のうち規模が大きい数百か所が今現在どうなっているのか調べたことがあるのだ。





そこある「東京都▼▼区××町の通称△△集落には40戸260人の○○民が住んでいて、彼らの本業は蓑づくりで副業は農業である」という情報をもとに埼玉大学が公開している古地図を照らし合わせていけば、大正時代に○○地区と認定された場所が約百年を経た現在どんな施設なり企業、それと寺や神社があるのかは一目瞭然なのだ。

そういうのを数百か所も調べていけば共通事項がかなり見えてくるわけで、その最たるものは漢字で光が入る仏教寺院と関東の場合だと白山神社であり、それに続いて川や用水路沿いの地形とか、ゴミ焼却場やし尿処理場、葬儀場などと共に学校(この場合は小中高大を問わない)や自動車学校に公民館、それと病院、墓地、あるいは公園になっているケースが非常に多かったのだ。

ただ言葉で説明してもイメージできないだろうし、そんなのお前の思い込みだ!と反論が来そうだから、ここは批判があるのを承知で実例を挙げて説明する。なおこの場所は前述の焚書には載っていないいわゆる未指定地域であり、現在は再開発されていて他所から来た普通の方たちが住んでいるので情報公開しても人権侵害には当たらない事をあらかじめ言っておきます。


大宮と殺場


上にあるのは1946年の航空写真で、その地形からここら一帯は大きな河川と用水路に挟まれた河原であることが見て取れるが、左下の赤丸で囲んだ建物は大宮屠場という屠殺場であり、周辺にある家はそうした職業に就かれていた方たちのものである。で、なんでそう言い切れるかというと写真の左上部分に白山神社があるからなのだ(下の地図を参照して欲しい)。

江戸時代に関八州の○○民の大元締の子供が病にかかり、その病気祈願のため配下の○○民に対して「お前らが住んでる集落に白山神社を建てろ!」と命じた歴史的事実があって、この神社がある場所は(関東限定だけれど)ほぼ例外なく○○地区でした・・と名乗っているのと同じなのだ。

ただ大宮屠殺場が出来たのは肉食が始まった明治維新以降の事であり、一方白山神社は江戸時代の創建だから、おそらく屠殺場以前は皮革加工を生業としていたか、屠殺場の東隣に塵芥焼却場(ごみ処理場)がある事から、江戸時代にここら一帯の〇〇民はその手の仕事をしていたと推測するのだけれど、この屠殺場が昭和36年に他所へ移転した後にここら一片の様相が大きく変わるのだ。


大宮と殺場現在


高度経済成長による東京都市圏の急拡大がこの地にも押し寄せて、かつて屠殺場だった場所は高層マンションに、そしてごみ処理場は私立の中高一貫校に、そして屠殺場の北側には一時し尿処理場があったが20年程前に取り壊されて今は工房館という意味不明な名前の公民館となり、北東の空き地には朝鮮学校とやけに細かい住宅群、それと北側は自動車免許教習所と広大な公園になっているのである。

いかがだろうか?そして筆者が調べた数百か所の○○地区には東京スカイツリーとか高輪のホテル密集地に刑務所などの法務矯正機関、それと多摩地区の2つの大型ターミナル駅になってました・・なんて変わり種もあるけれど、そのほとんどは前掲の写真と地図で説明した地区と同じように学校やごみ処理場、その他もろもろの共通事項が重なっているのである。

で、以上の説明をしても納得できなければ、それは反論してきた「名無しさん」のご近所に移転大学以外にも共通する「何か」があって、オレの住んでる場所は○○地区ではないか?との疑念を一層強められたからだろうが、筆者はその否定願望を一つ一つ答える気は無いので、冷静になって自分自身でお調べになるか素直にあるがままの事実を受け入れることをお勧めする。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

2018/08/13(月) 00:05:24 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/08/14(火) 10:56:45 | URL | 名無しさん #ISBwA1sM
リンク先の記載にある由緒正しき方々に、戦国期の敗残者系の人々も加わっているように思えますがどうでしょうか。

一向一揆のあった地域、主家が滅亡・改易後、その家臣の多くが召し抱えられなかった地域(○知県、埼○県など)に偏在が見られ、戦国期期限説にもそれなりの根拠を感じます。例えば、武田は滅亡しましたが、家臣は他家に召し抱えられましたのでその地域には少ない(=もしかしたら由緒正しき方々中心?)ようです。

由緒正しき方々の存在を否定するものではありませんが、西日本中心のような気もします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1576-c969a2ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)