FC2ブログ

旅のお邪魔虫を排除

2018/08/10 12:45:13 | 日記 | コメント:0件

今月末のタイ旅行へ女房の姪イナがこの旅に同行したい!と申し出てきた。3か月前に勤めていた会計事務所を辞めたイナは現在マカオかドバイの仕事を求職中で、そのためパスポートを申請したのだが、本人曰くちょうど良いタイミングでバスポートを受領するので「海外経験の地ならし」をしたいと言いだしたのだ。

で、航空券は誰が払うの?とイナの目論見を打ち砕くべく直球の質問を投げたところ、航空運賃250米ドルと現地での自分のお小遣いくらいの持ち合わせはあるけどホテル代は払えない!だけど床でもソファでも寝るから追加費用は掛からないはずである!という如何にもフィリピン人的な事を言いだしたので、オマエの理解は外国じゃ通じないぞ!と突っぱねたのだ。

ツインの部屋を予約して6人くらい泊まってしまうのがフィリピン人の感覚で、だからこそフィリピンのホテルは同じ経済レベルの国と比べて割高に設定されているのだけれど、生憎と筆者ら夫妻が泊まるのは一人増えればちゃんとエクストラベッド1日1300バーツ(4500円)請求するホテルである由説明したら・・シ~ンと沈黙してしまった。

ちなみにイナには足がえらく臭いという欠点があるけれども、一応女房の姪だし足の臭み以外は人間的にも悪く無いから余分にかかるホテル代くらい払ってやっても良いのだが、筆者が嫌なのはこれを既得権と捉えて「次は自分を連れて行ってくれ」と要求して来そうな甥や姪がいっぱいいる事で、筆者はサンタクロースになる気は無いからこういうのは一切シャットダウンなのである。

で、これでイナは片付いた!と思っていたら、もう一人ちょっと気になる動きをする人間が出てきたのだ。それは女房の従姉妹フィリンで、昨夜突然我が家に現れては大食漢ぶりを発揮してマグロとサーモンの手巻き寿司3人前をペロリと平らげながら「あなたたちは近々どこかに旅に出る予定はあるのか?」と神妙な面持ちで質問してきたのである。





えっ?なんでコイツ知ってるの?と一瞬沈黙する筆者ら夫妻。というのは月末のタイ旅行はフィリンら女房の母方の従姉妹たちには誰にも教えてないのと、もう一つフィリンの姉であるボーヤから「次にタイに行くときには私が費用を出すから妹を一緒に連れて行ってくれないか?」と困る事を頼まれていたからなのだ。

女房の母方の従姉妹たちは10年前までバンコクのコールセンターで働いた人間が多く、ボーヤもその一人だったのだが、ボーヤの中ではタイで過ごした2年半は人生の一大財産に昇華しており、5人兄妹の中で唯一海外経験がない末っ子フィリンには是非ともタイ体験をさせてあげたい!と思っているのだ。

で、全額姉のボーヤが払うのだったら同行させてやればいいじゃねえか!と思うかもしれないが、ここで問題なのは実はボーヤの父親が3年前に亡くなった際に葬式代を払えないと(当時ドバイにいた)ボーヤが泣きついてきたので筆者の女房が立て替え払いしたのだが、この借金を未だに完済してないのだ。

ただボーヤは現在マカオのカジノホテルから結構な金額のお給料を貰っているから、その気になれば全額返せるはずなのにこれがチマチマ分割払いを繰り返すだけで、そんなボーヤから「妹フィリンの旅費は全てはあたしが出すから」と言われても、だったら先にこっちの借金を返せよな・・としか思わないし、それに仮に了解したとしても全額回収するまで何年かかるか判らない代物なのである。

そんな筆者ら夫妻の心中も知らずにじっと上目遣いに見てくるフィリン・・。ちくしょう、イナのバカ女が余計な事を喋りやがったな・・と内心舌打ちをしたがここで本当の話は吐露できない。それで「いや、まだ計画段階で行くかどうかわからんのだよ」と答えたら、フィリンはフ~ン・・という表情をして重苦しい沈黙の世界になってしまった。皆さん、旅に出る時にはあまり周りに言うのは止めましょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1574-1c8a0d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)