FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低次元世界での小さな前進

2018/08/09 13:14:19 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

毎度の事だが日本から送った国際小包がいつまで経っても到着しないのにヤキモキさせられてしまった。国際郵送サービスには①EMS、②SAL、③船便の3つがあって、一応日本の郵便局には「フィリピンへは2~3週間で届きます」と書かれているのと、20キロで1万円ちょっとだから筆者ら夫妻は専ら②のSAL便を使うのだが、これが3年連続で2か月くらいかかったのだ。

しかも日本で聞いたドア・トゥ・ドア・サービスもフィリピンでは実施されてなくて、家に「郵便が届いたぞ!」というハガキが来たら指令された郵便局に赴きピックアップしなければならないのだが、その際になぜかハンドリングチャージとして100ペソ(200円)請求されるという大変理不尽な事がまかり通っているのだ。

ただし4年前に大阪からリサール州タイタイ町に送った際には約2週間で到着しているから、時間が異常にかかるのはパッシグ市の住所宛て、おそらくマニラ首都圏の郵便局本部を経由するケースと思うが、とにかくいくら地元郵便局に足を運んでも「うちには連絡が来てないから判りませ~ん!」の一点張りなのである。

で、今回も3回足を運んでは追い返され、その度に窓口の女が「SALは船便だから時間がかかるのよ」という呆れた勘違いを聞かされたのだが(SALはSURFACE AIR LIFTEDの略で船ではなく航空便である)、しかしこのダメの牙城であるフィリピン郵便行政にも予想外の進歩、一条の明るい光を発見したのだ。





SAL便は郵便小包追跡サービスシステムの対象内で、郵便局のウェブサイトに番号を入力すると「今あなたの荷物はここにありますよ!」という情報が見れるのだが、大阪から荷物を送ってから7週間たったある日に「あなたの荷物はフィリピンの国際交換局に到着しましたよ」という情報がアップされたのである。

それがどうしたの?と思うなかれ。実は過去3年間に送った全ての荷物は全て「日本の国際交換局から発送されました」を最後に消息がプツリと途絶えてしまい、現に過去の小包は全て「あなたの荷物は行方不明になっていますの」という状態のままだったのだが、それが今回フィリピン側が入力しているではないか・・。

その偉大な一歩に驚いたのだが、しかし日本発送からフィリピン最初の交換局(おそらく空港)までは40日とやけに長い上に最初の交換局から筆者の住むパッシグ支局へ転送するまで10日もかかっているなどなど・・相変わらず彼らの動きは亀のように鈍いままなんだよね。

で、ふつうの日本人なら「当たり前のことが出来てないのだから進歩などと呼ぶべきではない!」と思うだろうけど、それが出来ないのがフィリピンと言う国家と民族なのだ。だから相変わらずピックアップに行かなきゃならないし日程もちっとも早くなってないけど、小包追跡システムにデータを入力することが出来るようになったこの進化だけは褒めたたえたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

2018/08/09(木) 17:07:27 | URL | 名無しさん #-
ベトナムなんか酷いですよ。
箱の中に入れた物が盗られてますからね。
知人がハンカチを航空便で3枚送ったのも、届くまで6か月かかり、中には1枚しかなかったという。
路上で物を落としただけで、物の5秒で誰かに拾われてしまう国ですからね。
落としたことにすぐ気づいて後ろ振り返っても、消えてるという。
その点フィリピンの方がましだと思いますね。
タイへは早く届きますが、会社宛てに送ると関税かけられて、アパート宛てに送れば、関税かからないという。
同じお菓子なんですけどね。
会社の入口のセキュリティーが小包が来たことを知らせないで、受取人が受け取れなかったこともありました。
郵便局は1か月で破棄するようで。

盗難アジアですから

2018/08/09(木) 17:40:40 | URL | ponpon #-
ベトナムよりフィリピンの方がマシだという御意見ですが、経験的には同じですよ。
EMSを何回か送りましたが、マニラまでは2週間位でちゃんと届きましたね。
一度セブに送ったら見事に紛失、追跡ではセブの郵便局までは届いてました。
SALは遅いと聞いてたので使った事はないですが、確か料金がそんなにEMSと差が無かったように記憶してます。

船便で台湾とフィリピンから荷物を送ったら、台湾からは1ヶ月でフィリピンからは3ヶ月係ったので、理由を尋ねたら直送ではなくてシンガポール経由になってました。やっぱ奴ら頭が悪い。(笑)

バリクバヤンボックスは何度も送りましたが、税関で良さそうな物は抜かれたり
ちゃんと動作チェックして送ったパソコンは電源が入らなくなってましたね。
多分、税関のバカ職員が200V突っ込んで壊したんだと確信してます、救われない国だわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1573-c51bb141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。