FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千載一遇のチャンス到来

2018/08/03 11:59:21 | 旅行 | コメント:0件

8月末に女房の誕生日が来るので「プレゼントは何が欲しいか?」とか「どういう一日を過ごしたいのか?」と聞いたところ、驚いたことに「タイに行きたい」と言う答えが返ってきた。

筆者ら夫妻は付き合ってから21年になるが、最初の17年間はバカンスに行くと言えばタイであり、これは筆者が学生時代にタイに沈殿していた言わば心の故郷だからなのだが、一方女房はというと「またタイに行くの!」と文句ばかり言っていたのだ。

だからここ4年間は女房の御機嫌取りのため旅の目的地を日本、それも最低2か月は滞在と路線変更し、一方タイの方は2年に1回、それも女房のケチケチ命令で滞在期間は15日を14日とか13日などなど話をする度に1日単位で削らされてきたのである。

それがどうした風邪の吹き回しでタイを・・と不思議に思ったが、しかし最近スカイプで香港に住む叔母ルーシーと話して女房の口から「MBK」や「スクムヴィット」「パタヤ」なんて単語が飛び出してくることを思い出したので女房を問い詰めたところ・・ビンゴであった。





ルーシー叔母はフィリピン人だが旦那のユン叔父は中国人で、この夫婦には子供がいないので二人でリタイアライフを送っているのだが、ちょうど8月末に一族の何とか記念行事として総勢40人でタイ旅行に行く事になり、ルーシー叔母から「あんたも来てくれないか?」と頼まれたそうなのだ。

なおこれは一族のツアーに誘われたのではなく、たまたまタイに姪っ子が遊びに来ているから悪いけどアタシは外出するわ!というアリバイ作りのため、要するにその一族とルーシー叔母はしっくり行ってないからで、ユン叔父もそれを黙認してくれるらしい。

ルーシー叔母さんが「お願い!助けて!」って頼み込んでるのよ!あの二人はアタシ達の仲人だから無下には出来ないでしょ!と女房は頼み込んできたが、むろん筆者はその要求を断る理由は一つも無いし、それに女房と叔母が一緒に出かければ筆者が一番欲しいもの・・自由時間が獲得できるではないか・・。

タイで一番スケベな女が集まったエロの殿堂チューリップマッサージに、本番サービスが無い分だけ口技が異常に発達したチャワラ温泉などなど性の桃源郷タイランド・・。この千載一遇のチャンスを逃してはならないと判断した筆者はすぐにフィリピン航空のウェブサイトへとアクセスしました。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1567-12d4e48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。