FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リノベーションプライス

2018/07/21 12:35:43 | 日記 | コメント:1件

日本から返ってきた筆者はさっそく女房の目を盗んで近所にあるHなマッサージ屋へと出向いたところ、なんと入口に「閉店」のプレートとともに「より良いサービスを提供するために当店はリノベーション中です」という張り紙が張られていて、なるほど中から大工のオッちゃんたちがトンカンやっている音が聞こえてくる。

客足の落ちる雨季に入ったからだな・・と思った筆者は張り紙に書かれた開店予定日を頭に刻んで店を後にし、そしてその開店予定日に再訪したところフィリピンらしく当然まだ工事中で、それで10日遅れた一昨日に訪れたところ運よくその日からスタートしていたのだが、さて店に入って驚いたのは・・ほとんど何も変わってなかったのである。

受付もマッサージルームもシャワールームも前と全く同じで、調度や備品が新しくなった気配がない・・。いや新しくないのは店の内装だけでなく女たちも同じで、比較的見た目がよろしい女たちは全員いなくなっていて、二軍と引退寸前の選手ばかり残っていたのだ。





で、まあ折角来たのだからとマッサージを頼むと、店に払う基本料金が改装前の50%増しになっているではないか・・。で、受付の女はリノベーション云々を説明するものの、しかし誰の目から見ても何かが変わった証しは見えないのだが、しかしせっかく来たのだから仕方なく新料金を呑んだところ、次がもっとダメだったのだ。

筆者を揉みに出てきたのは筆者の中では二軍、それもエースも予備も故障の時に仕方なく登板させてきた女で、見た目も腕も岩石っぽくてそそらない女なのだが、さてさて彼女の指が敏感なところに移ってアッ!ウッ!オッ!になった際に、この岩石女は耳元に口を近づけて「1000ペソちょーだい!」と言いやがったのである。

この店のH系料金(女へのチップ)はずっと500ペソなのである。もちろんさらに過剰なサービスなら1000とか1500払ってきたが、しかし岩石女相手じゃ一番ベーシックな付加サービスしか体が求めてこない。それで今まで500だっただろ?と抗議したら、だって私(WEと言った)はリノベーションしたから・・と抜かしやがったのである。





嘘つけ!誰の目から見たってこの店は何にも変わってないし、だいいちそれ以前にお前の見た目もテクニックも全然リノベーションしてねえじゃねえか!と怒ったが、しかしそこから岩石女はあーだこーだと言い訳しながら指がねっとり動きはじめ・・・情けない事に頭とは別のもう一つの男のリピドーが全く逆の指示を出してくるのよね・・。

30分後ぶつくさ言いながら店を出る筆者。まったくフィリピンでは値段が上がってもサービスの質は良くて据え置き、普通は低下というのがどの産業でも一般的パターンで、なんでこんなのでも生き延びられるのかという、そういう駄目な供給者の提示を我慢して受け入れてしまう愚鈍な消費者がいるからなのだ。

で、今回のHなサウナは毅然として断ったのかって?そりゃ受け入れましたよ。多くの愚鈍なフィリピン人みたいにね。それともあそこまでされて生殺しのまま帰ってくりゃ良かったのかね?だって他に選択肢がないだろうが。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ありがちな話

2018/07/21(土) 17:29:13 | URL | ponpon #-
以前、馴染みにしていたケソンブルバードの店に久しぶりに行ってみたら、新地になってました。
仕方がないので暑い中、トボトボ歩いていると大通りの向こう側にそれらしきお店があったので
エントランス料800ペソを支払って、性格の良さそうなのを選んで、幾ら?1500ペソ。
マッサージだけしてもらってエルミタまでタクシーで帰ってホテルでまったりしていると、悪友のフィリピーノが1000ペソで遊べるのを連れてきました。18歳位だったかな?(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1554-4648457b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。