FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の恐怖は南西方向からやってくる

2018/07/19 12:05:29 | オカルト系 | コメント:0件

知人の家がお化け屋敷化しているが、いくら探してもそこに幽霊が出てくる理由が見つからない・・・そんな現象を見聞きしたことは無いだろうか?その部屋で自殺があったとか、老人が孤独死した、あるいはその建物が出来る遥か昔に戦災で大勢の人間が死んだ等々の理由がまったく見当たらないのである。

原因が判らないから対処のしようがないし、怪しげな霊能者を呼べばあんたの何世代前のアケミさんの因縁がぁ!と全然聞いたことが無い人物の名が登場し、そのアケミさんの供養が足りてないから成仏していない!これは末代まで祟るぞぉ!などと脅されて何十万円だかのカネを巻き上げられるが、しかし除霊したはずなのに翌日また幽霊が現れてしまい、ここで初めて騙された事に気が付くのだ。

で、筆者も含めて多くの人は霊を治める力なんて持ってないから黙って引っ越すか霊と共存するしか方法がないのだけれど、しかしそれでもなぜこの部屋に出るのか理由だけでも知りたい!と思われる方に耳よりの話である、その時は地図を広げて南西方向に何があるのか?を確認し、自宅から100メートルくらい先まで散歩してもらいたいのだ。

なぜなら怪異収集家の西浦和也、この方は北野誠の怪奇名所探訪シリーズ「お前ら行くな!」に出演している方だが、西浦和也が今まで最も恐ろしかった心霊スポットとして太鼓判を押した京都・嵯峨にあるメタボ広沢というマンションも、一体全体なんでそんなことになってしまったのか?という理由がずっと見当たらないでいたのである。





なお正確には幽霊の出る部屋の家主の娘は自殺していて、金属製のハンガーが宙を舞う等のポルターガイスト現象を起こすのはこの娘の霊らしいのだが、しかし霊能者の分析だとこのマンションにはもともと邪悪な霊が数多く渦巻いており、自殺した娘はそれに巻き込まれた被害者(現在は霊軍団の下っ端選手になった)でしかないらしい。


それでその渦巻く霊の招待を突き止めようと西浦和也は躍起になるのだが、しかし事故や事件の記録にマンション建設前の土地の由来をいくら調べても「そのマンションの敷地内」には見事なくらい何も出て来ない・・。そしてただ一つだけ思い当たるのはマンションの南西方向の数十メートル先にある油かけ地蔵だったのだが、調べてみるとこれがビンゴだったのだ。

地蔵のほとんどはその土地を守ったり旅の安全を願う道祖神であるが、油かけ地蔵や水かけ地蔵など「かける」ことを目的とした地蔵の多くは忌み地、つまり処刑場だったとか戦争や天変地異で大勢が死んだといった恨みを残して死んで行った場所に建てられるもので、つまりこのマンションは忌み地の北東、つまり鬼門方向に建っていたのだ。

ヤバい場所そのものよりも北東方向にある別の場所がまずい・・。これは実は筆者も思いたることがあって、つい先日日記に書いた事故物件住みます芸人が今まで一番怖かった大阪・大国町のマンションも、そこで姉妹が惨殺される事件が起こったものの以前から不気味な噂が絶えない建物であり、どうやら怪奇現象の本当の原因はそのマンションが日本最大の屠殺場の鬼門方向建っていることだったのだ。





それで今回大阪に2か月滞在した筆者は旧大阪の刑場跡地を歩いてみたのだけれど、刑場跡地は確かにイヤ~な空気が漂ってはいるものの、そこで一家心中とか通り魔事件が起こったりすることは案外と無くて、ごく普通の家が建っていてごく普通の人間が当たり前に生きている事に正直がっかりさせられたのである。

しかし・・鬼門方向に目を向けると例えば野江刑場の場合は最初にぶち当たる通りの向こうはそこだけ何故か駐車場になっていて(空いていて)、その先も同じくそこだけスポッと工場跡地で空き地になっており、また斬首刑が行われた町屋町牢獄跡地(現在は小学校)も鬼門方向だけは公園と空き地になっているのだ。

堺市の南刑場の場合は目印の一里山地蔵の鬼門方向はずーっと先まで第二阪奈高速道路になってるし、同じ堺市の北刑場の場合は鬼門方向に風間寺というちょっと普通じゃない寺が立っている、大阪・三軒家刑場跡地の場合は産業廃棄物処理センターなど、なんか人が住まないと言うか、住んでいたけど逃げ出した感が漂ってくるのだ。

ただ千日前はさすがに日本有数の繁華街だから鬼門方向にもビルがびっしり建ってるし(ただし三津寺という墓場もある)、飛田はドヤ街のど真ん中でこれは東西南北全てが祟られているようなものだから100%断言はできないけれど、野江・松屋町・堺南・堺北・三軒家ら各刑場の鬼門方向の空間の抜け具合を見た時に「これは何かあるな」と筆者は直感したのだ。





だからあなたの部屋が何か変だ?と思ったら、地図を見ながら南西方向に歩いていってもらいたいのである。そしてもしもそこに「榎」とか「○○かけ地蔵」、或いは墓地や焼身自殺現場が有ったら、まずはそこに手を合わせて「うちに出て来ないでください」と拝んでみて、それでもだめならすぐに退去するしか無いだろう。

それとあなたの近所で殺人事件なり一家心中があった場合、多くの人は「お気の毒に」と共に「もうあの家は祟られてしまったから住めないわね」と思うだろうが、そして実際それは正しいのだけれど、さっきから書いてる通り本当ヤバいのはその事件現場だけではないのだ。

現場となった土地を相続した親戚や不動産会社たちはバカじゃないから除霊とか鎮魂をするはずだが、鬼門方向に住んでる人たちは対岸の火事としか思ってないので何もせず、その結果お神酒やお祓いで現場を追い出された霊たちは結界が張られてない鬼門方向に移住し始めてしまうのである。

だからもしも近所で何か事件が起こったら、真っ先に自分がどの方角にいるのかを確認し、運悪く鬼門方向にいたら霊に動きをブロックする手立てを考えるべきである。ただねえ、これも一家五人心中なんてスケールが大きい事件の場合は限界があるから早めに逃げ出すか、買っちゃった場合は被害と噂が広がる前に高値で売り逃げましょうね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1552-f4851135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。