FC2ブログ

レプトスピラ症かと思った

2018/07/17 08:47:45 | ニュース | コメント:0件

こ最近の日記で朝鮮耳が3連発したのは定番の長い日記を書けるような状態でなかったからである。実は10日ほど前から全身に悪寒が走るようになり、どうせ風邪だろうと高をくくってクスリも飲まずにいたら症状が段々と悪化してきたのだ。

ふつう筆者の風邪はガ~ンと熱が来るものの1日唸っていれば後はお終いなのだけど、今回は低空飛行がじりじりと続くので変だな‥と思っていたら数日後には墜落状態になってしまい、そこでテレビが注意を呼び掛けていたレプトスピラ症の事が頭に浮かんだのだ。

レプトスピラ症は主にネズミ、それと犬やネコの排泄物に巣食う細菌を原因とする感染症で、初期症状は風邪とそっくりなものの症状は段々と悪化し、結膜充血から黄疸、腎機能障害や出血を引き起こす致死率20~30%の恐ろしい病気だというのだ。

で、以前の日記にも書いたとおり筆者は毎日アパートの階下に住む野良猫に残り物を与えるのを日課にしており、その習慣と「ネズミ、それと犬やネコの排泄物から・・」というのが何となく合致するような気がしてきたので、慌てて近所のヤブ医者に飛び込んだのである。

ところがヤブ医者は血液検査もせずに何故だか筆者の目玉をじっと見て「単なる風邪ですね」と言ってお終いになり、このクソバカ医者め!と罵っている翌日には症状が快方に向かったのだが、ちょうど我が家に遊びに来た従姉妹フィリンに聞いたところ娘の学校が通う地区でレプトスピラ症の感染者が出てちょっとした騒ぎになっているそうである。

単なる風邪だと思っていたら腎臓に重大な後遺症を残しかねない重症に発展してしまう。どんな病気でも放っておけば重大な危機になるのは常だけど、東南アジアは気候的に細菌が繁殖しやすい土壌であり、おまけに衛生状態や医療事情もお粗末だから抵抗力の弱い日本人にとって菌が繁殖しやすい雨季は要注意である。

だから「最近ちょっと体調が変だな・・」と思われた方は我慢せずに医療機関で診察を受けることをお勧めしたい。ただフィリピンの場合は健康体の人間も病気にしてしまう劣悪な病院もあるから(下手すると死ぬ)、病院選びの方も十分気を付けるように・・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1550-afa439a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)