ボラカイなんか無くたって良い

2018/04/12 12:55:30 | ニュース | コメント:3件

テレビを見ていたらボラカイ島の住民がビーチを掃除している光景が映ったのだが、これを見た筆者は大笑いしてしまった。デゥテルテ大統領による閉鎖措置は今月末から最大6か月続くことが決定済みで、だったらもっと前にやっときゃいいじゃないか!と思ったからだ。罰を受けてから初めて動き出すとは実にフィリピン人らしいエピソードである。

閉鎖のニュースは世界を駆け巡っているらしく、筆者の知り合いたちからも「ボラカイが大変な事になってるね」とか「フィリピン経済への打撃は相当なものだろう」なんてメールが来るのだが、しかし一部の友人たちからは「キミは人生の楽しみを失ってしまった様だな。同情するよ」という珍妙なメッセージが来たのである。

これは香港赴任時代に毎年プーケットに通っていた事から彼らは筆者の事をビーチリゾートマニアと勘違いしているからなのだ。そう、二十歳過ぎにインド・ゴアのアンジュナビーチに行ってからというもの筆者は旅行と言えば海!という主義で、ニューヨーク出張の後にわざわざマイアミの弱小顧客へ出向いてビーチでこんがり肌を焼いていたのだ。

だから友人たちの頭の中では筆者が白砂の続くビーチで泳いでいる光景が浮かぶのだろうが、ところがどっこい筆者はフィリピンではのリゾートライフはとっくの昔に諦めているのだ。それはフィリピン移住の最初の年に訪れたザンバレスやバタンガスのホワイトサンドならぬブラックサンドを見てゲンナリしてしまった事もあるが、出だしはボラカイ島の悪印象である。





それは筆者がフィリピンに移住して半年もたたない頃で、筆者ら夫妻に義妹、従兄弟ジェンとジュミ夫妻、それと二名のガキンチョの計7人で訪れたのだが、カティクラン空港に着いたまでは良かったけれど、そこから先の移動が不便と言うか、これ世界に名だたるボラカイ島へ行くような方法なんですか?と思うくらいヘボいのを見た時に嫌な予感がしたのだ。

案の定ホテルも一泊8千ペソする割にはかなり粗末で、あちこち水たまりがある土道を歩いていくと奇麗な海が見えたのだが、じゃあビーチチェアに座ってビールでも飲むか‥と思ってやっとこさ探したら1時間500ペソ(当時1100円)だと聞いてびっくりしたのだ。プーケットなら1日借りて100バーツ(300円)である。

パラセイリングの言い値が4000ペソ、アイランドホッピングが8500ペソとプーケットの3倍と異様に高く(しかしフィリピン人と判るとあっさり1/3に下がった)、昼に入った貧相なバイキングレストランが1000ペソと何から何までぼったくりな上に質の方はかな~り下の下なのだ。

女房は海鮮料理が好きなのでタリパパマーケットという魚を買ってレストランに持ち込み料理してもらう場所で食べたのだが、まあ値段はそんなに高くは無かったけど、味の方は正直プーケットじゃ絶対に生き残っていけないレベル、素材はまあ良いけれど味付けが落第点であった。





結局ボラカイで美味かったのはインド料理やとラパス・バッチョイというフィリピン風ラーメン、それとホテルの朝食に出た小魚の干物だけと実にお寒い限りで、家族と一緒だから女房は楽しかったようだが、帰りの飛行機の中で筆者は「こんなとこ二度と来るか!」と毒づいていたのである。

20年以上前にセブ島を訪れた際に女房の従姉妹が「フィリピン・ドリームという凄い面白い場所がある」と言うので行ったら「なんじゃこりゃ?」、バギオは素晴らしい!というので行っても「だからどうした?」、そしてフィリピンの至宝たるボラカイ島も「・・・」な代物・・。

で、今回の閉鎖に至るまでの経過を見て来たけれど、世界中からあれだけ多くの客を受け入れて儲けていてもボラカイの業者たちは排水設備一つ作る気が無く、今ごろになって掃除をしてお茶を濁している・・。まったくこの連中の怠慢さ、意識の低さには呆れるばかりである。

だから半年後にボラカイの海水が奇麗になってもそれは自然浄化しただけで、おそらく根本的には何かが変わった訳ではないから元の木阿弥に戻るはずである。はっきり言うけどフィリピン人より自然の方か改善能力があるのは厳然たる事実、だったらボラカイも国立公園にでもして原生林の茂る半世紀前の形に戻したらどうだろう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

管理能力が欠如してるからね~

2018/04/12(木) 18:48:16 | URL | ponpon #-
ブログに載せてくれてる画像を見たら一目瞭然だね。
30年位前に行った時は、まだ荒らされて無くて入島料なるものも取ってなかったね。
正に地上の楽園みたいで、水深20m位まで透き通って海底が見えてました、その後25年前と10年前に行きましたがもう店建ちまくり中国人・朝鮮人が溢れかえってて、ダメじゃこりゃと思ってたら、今回の閉鎖命令。アホすぎる国家ですな。
Afterの画像を見てたら反対側の未開地域まで家が建ちまくってますな。肥だめになる筈です。(笑)
プエルトガレラのサバンビーチとかも昔は珊瑚礁がむちゃくちゃ綺麗でしたが、もう荒らされまくってるでしょう。

どこかのブログが書いてましたね、まずマニラのパシッグ川を浄化してマニラ湾を綺麗にしないとね。無理かな?

2018/04/13(金) 10:51:36 | URL | 名無しさん #-
特ア人が一杯いる時点でもう、その地域はダメですね。

セブの50年前は

2018/04/18(水) 23:50:46 | URL | oyoyo #-
セブ出身のフィリピン人と話してたら、マクタン島も昔は開発されてなくて、何もなくて崖が多かったそうです。
今開発されているビーチリゾートの砂も昔何処かから運んできたとかいう話を聞いたことがあるね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1521-c8379581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)