FC2ブログ

エイプリルフール

2018/04/01 10:24:38 | 日記 | コメント:0件

本日はエイプリル・フールなので1つホラ話を書きたい。

今から三十年以上前に日本を騒然させた三井物産マニラ支店長誘拐事件を覚えておられるだろうか?若王子という支店長がゴルフ場へ向かう途中に武装した集団に襲撃され、そのまま連れ去られてしまい身代金が要求された事件である。

結局キリスト教会の仲介で1000万ドルとひきかえに若王子支店長は約5か月ぶりに解放されたのだが、この事件には後日談があって、日本赤軍幹部の丸岡修が逮捕時に所持していたドル札が身代金として支払われたドル札だったり、ダッカ事件で超法規出国された泉水博が当時マニラに滞在していた事から、日本赤軍が深く関与していたと言われるようになったのだ。

当時のメディアの説明だと政治権力が脆弱な時期に社会を揺さぶりたいフィリピンの共産ゲリラNPA(新人民軍)と活動拠点を失って資金不足に苦しむ日本赤軍、そしてソウルオリンピック妨害のための資金獲得を模索した北朝鮮の三社がタッグを組んだ!という事だったが、これ・・冷静に考えると構図的に無理がありませんか?

ただ香港にある日本赤軍メンバーの銀行口座に身代金のドル札が持ち込まれたことから、確かにカネの流れの先に重信房子らが日本赤軍がいたのは確かなのだろうが、しかし・・これって犯行グループが別の仕事、例えば中東産の麻薬とか武器とかそういう危ない品物を日本赤軍から買って、身代金として入手したドル札で支払っただけと言えなくもない。

で、長い事マニラに沈殿されている方なら当時エルミタ辺りで泉水博を酒を酌み交わした方がおられるかもしれないが、そういった一人の方の本に「泉水はチャイニーズ・マフィアの連中と仲良くしていた」という記述があって、これってゲリラ活動なんかじゃなくて危ないブツの取引の方を主なる滞在目的にしていたのではないか・・と思えてきたのだ。

で、ここから先をクドクド書いても仕方が無いのでここでホラ話を一つつきたい。若王子支店長を誘拐したのはNPAと日本赤軍、北朝鮮じゃなくてもっともっと直接の利害がある連中、つまりその数年前まで三井物産=アキノ政権と同じ利権構造のパートナーだった〇紅=マルコス政権ですよね?

「マルベニコス」でしたっけ?当時のあだ名。マラカニアン宮殿に深く食い込んで巨額の利益を上げていたのは日本の企業じゃ〇紅だけで、それを三井物産や三菱、伊藤忠なんかは指をくわえて見てたのに、ピープルズ革命で権力者が変わって、そこから三井物産が全部持って行っちゃったんですよね?それでマルコス政権と〇紅の紐の結び目のどなたかがオカンムリになったんだそうで・・。

ただ〇紅は巻き込まれた形なだけで主導的な役割は果たしてないんだって・・、20年以上前におたくのマニラ支店にいた駐在員に聞きましたよ。その頃いたでしょ、ホワイトじゃない国とのハーフの駐在員。あの人ねえ、わたくしめの御学友なんでございます。

以上・・ぜ~んぶ、ぜ・ぜ・ぜ・ぜ~んぶホラ話でした。本日はエイプリル・フールなので皆さん楽しくホラを吹きましょうね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1510-c018abc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)