FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊に群がる毒虫

2018/03/21 13:48:02 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

今から30年近く前、秋篠宮と川嶋紀子さんの婚約が発表された時のことである。写真週刊誌フォーカスにお二人が車に乗っている記事がすっぱ抜かれたのだが、その写真を見た時に筆者がいた会社の同僚たちは「この助手席にいる人って○○さんに凄く似てるな~」と言いあってしまった。(当時筆者は別の職場にいた)。

その○○さんというのは東京の海外営業本部にいた当時三十代前半のエリートで、それでふざけて「○○さんって秋篠宮のお友達なんですか?」と聞いたところ言下に否定されたのだが、しかし何と数週間後に会社に「こちら宮内庁でございますが○○さまご在籍ですか?」と電話がかかって来たのである(メールもケータイも無い時代の事である)。

その写真の人物は正しく○○さん、つまり本当に秋篠宮のお友達だったのだ。それで「だったらあの時ちゃんとイエスって言えば良いのにさ・・」と皆が思い、そして世紀のご披露宴に出席した後でこの○○さんは何故か突然と別の会社に転職してしまうのだけれど、実はこの○○さんは以前にも別の地方企業に勤めていて、で、実は秋篠宮の兄のお妃、つまりいま雅子が座ってる皇太子妃の座はその地方企業のオーナーの令嬢が射止めるはずだったのだ。

皇太子(当時は浩宮)とその令嬢との結婚は99%決まっていたのだが、婚約発表の直前に突然とオーナー(父親)が奇妙な死に方をしていたのだ。それで父無し娘はプリンセスになれません!という理由で破談となり、当時女性外交官としてなんでか知らぬが奇妙なほど写真雑誌フォーカスに登場していた雅子がスクットと皇太子に接近して見事プリンセスになったのである。





筆者はその30代のころにその地方企業に島流しにあっていた事があるので良く知っているのだが、オーナーの周辺にいた人たちは「あのタイミングであんな死に方するのは変だ」「あれは殺されたんだよ」と語っていたのである。そしてここで奇妙なのは○○さんの奥さんは死んだオーナーの秘書の一人であり、そして○○さんの名前は一目で在日と判る漢字から始まっている事なのである。

なんか話が入りくんで申し訳ないが、○○さんは在日朝鮮人として東京に生まれ、学習院よりレベルが上の名門私大を卒業した後でなぜかド田舎の企業に就職し、その会社のオーナーの秘書を嫁に貰ったのだけれど、オーナーが不審死して浩宮との婚約を破棄されるや突然と筆者の会社に転職し(帰京し)、今度は弟の秋篠宮と近しい関係を築いていたのである。

ちなみに○○さんは格闘技のプロでも薬学部卒でもないし、今では転職した某大手企業ではかな~り出世しているのだけれど、この方は生まれつき自己顕示欲の塊のような人ゆえ自分のブログに30年前に会ったヨーロッパの顧客なんて色んな過去の自慢話をでかでかとアップしているのだが、なぜだか秋篠宮の結婚関係については不気味なほど抜けているのである。

ふつう皇室の結婚パーティーにお呼ばれしたのなら写真の一つもアップするものである。それに今考えても変なのはなんで学習院卒でもない○○さんがたった1~2年で秋篠宮の友達になれたのか?どういう伝手があったのか?そんな派手な性格の人がなんで最初にド田舎の企業にわざわざ就職したのか、そしてその会社が当時浩宮のお妃候補ナンバーワンの実家だったのは単なる偶然だったのか?と疑問が次々浮かんでくるのだ。





なんだよ!それだけか!と思うかもしれない。だけど算数が少しできる方ならオーナーが突然死した会社に1万人従業員がいて、秘書課に30人いて、オーナー変死後の絶妙なタイミングで東京に転職して、今度は秋篠宮のお友達になりました・・って、これ何億分の一の確率になりませんか?しかも在日朝鮮人でございますってなると、こういうのを単なる偶然と言いますかね?

だから今回の小室圭が在日であると気づいたときに筆者は「ああ、やっぱりな」と思ったのだ。正直○○さんが皇太子妃最有力候補の父親の不審死や秋篠宮の婚姻で主要な役割を果たしたとは思えないが、しかし何十人もの在日朝鮮人がかなり組織的に皇室にアプローチをして宮たちの人間関係を囲い込んでいったように筆者には見えるのだ。

そしてそれはおそらく雅子や紀子さんよりも前の、失礼ながら美智子皇后のときにも始まっていて、その結果として皇室行事を一切しない将来の皇后や、神道の最高祭事官の血筋にもかわらずキリスト教の大学に娘が通ってたり、いや、もっと嫌な事を言えば子供の父親は本当に皇室の血を・・なんて事態になっているのでは?と筆者は疑っているのである。

嫌な事には向き合いたくない。これは日本人のメンタリティーであり筆者だってそうである。しかしこうした日本人の脆弱さに付け込む悪意ある毒虫たちが日本のそばに7千万人も繁殖していて日本の骨抜きを図っている。この疑惑を目にしたとき、あなたは毒虫を放置しますか?それとも駆除しますか?いい加減本当の話を表に出そうよ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

2018/03/22(木) 10:34:33 | URL | 名無しさん #-
確かに小室某、メンタリティがわれわれとはかなり異なるようで、ビヘイビアだけみていると隣国の連中と共通する部分が多いような気がします。かの国の連中みたいに整形手術と増大手術くらいしててもおかしくありませんね 笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1499-89ef086e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。