FC2ブログ

熊のプーさんの野望

2018/03/08 11:52:41 | ニュース | コメント:0件

現在開催中の中国全人代で国家主席の三選を禁じた条文が削除され、習近平が終身国家主席になる道が開かれることになる!と世界中のニュースが騒いでいるが、習近平が自身を毛沢東に並ぶ偉大なリーダーへと神格化したい!と思っているのは事実だろうけど、筆者はそれとは別の理由があるのではないか?と思っている。

残り任期5年だけでは達成できない事をやるために慣例を破った・・という見方である。それは大きな経済改革、現在の貧富の格差の是正、具体的にはナチス政権下の統制経済、あるいはアメリカのニューディール政策とでも呼ぶのだろうか、現在のごく一部の持てるものがやりたい放題の自由赴任経済を是正して中間所得層重視へとかじを切り替えようとしていると思うのである。

下の表を見ていただきたいが、これ国の資産が仮にトータルで100マルクあったとして、最も豊かな10人中1番目の国民から一番下の10番目まで十区分された国民にそれぞれ何マルクづつ配分されているのか?を表していて、全員等しく10マルク持つのが赤い線の共産主義経済であり、そして中国の場合はこの名前を使いながらも現実は青い線、つまり20世紀前半以前の欧米や二・二六事件が起こった頃の日本と同じ独占資本と同じ経済状態になっている。

で、このまま青い線を続ければ帝政ロシアみたいに下半分の層の不満が高じて革命が起こってしまう!と危惧したドイツの中産階級は黒い線の主張者、つまり企業活動や私有財産は認めるけれど社会主義政策を主張するヒトラーに投票し、それまでプチブルジョワジーが享受していた生活充足感をテクノクラートや労働者階級にもたらす事へと相なったのだが、筆者は中国はこれと同じことをやろうとしている・・とみているのだ。





早く言えばトップ10%の富裕層から資産を取り上げて下の90%配分する、社会のファーストとエコノミーの間にビジネスクラスやアッパーエコノミークラスを作るのである。そうなれば当然ファーストクラスでふんぞり返っていた江沢民派は当然反発するけれど、一方で江沢民派のライバル共産主義青年団はエコノミークラスの集まりだからヒトラー型社会主義への方向感は大賛同である。

で、何でそんなことをするのかと言うと革命を防止するためである。天安門事件で学生たちを戦車で踏み潰したおかげでここ30年ほどは地方でパラパラ暴動が起こるくらいに抑えてこれたが、そもそも十数億人の中国人の住む土地を共産党が占領している統治形態は誰の目から見ても不自然であり、だから自分たちがますます脆くなっていく事は共産党員なら誰だって危惧しているのだ。

二つ目の理由は海外拡張である。ヒトラーの東方進出、戦前の日本の大陸進出など領土拡張の前にはあちこちのポケットに隠された小銭を一旦金庫に集めさせ、類似企業の合併や生産量調整など統制経済に走るのが常套手段であり、現在中国は中央アジア抜けてヨーロッパに至る一帯一路やボルネオ島の経済植民地化を目論んでいるから、状況的に符合するのだ。

それともこれは自信が無いのだけれど三つ目の理由は党から国へのウェイト変更という説である。1988年にゴルバチョフがソ連憲法を改正して、最高権力者をそれまでの「党」書記長から「国家」大統領へと変更したように、中国も建国からすでに70年も経とうとしているんだから法王とか上皇みたいな院政は止めて普通の国になろうとしているのではないか・・という考えだ。





しかしゴルバチョフの場合は多党制にして自由選挙を実施する!という未来図を頭に持っていて、そしてそれがゆえにたった3年で権力から引きずりおろされてしまったので、何が何でも一党独裁を続けたい中国共産党はこの失敗は歩まないであろう。だからやはり多党制ゴルバチョフよりも一党独裁で統制経済政策を運営したヒトラーを志向していると思うのである。

それとプーチンはじめ世界のあちこちの国が独裁化、長期政権化へと変貌しつつあるから、習近平もそれに乗っかったという見方も歩けれど、この誰が見ても冴えない太っちょが永久国家主席を名乗り出しても思ったよりも文句が周りから出ないという事は、これからやろうとしている事へ共青団と軍、官僚たちはそれとなく暗黙の了解を与えていて、その実務を仕切るのは国家副主席に就任した超辣腕実務家の王岐山ではないか・・と思えるのだ

ただそうなるとこれまで中国でさんざん稼いできたゴールドマン・サックスら国際金融資本は敵になってくる訳で、これは正しく1933年のナチス政権奪取時には巨額の投資を行いながら、数年後にサッと資本を引き揚げた第二次大戦直前と同じストーリーを歩んでいるわけで、もしも筆者の説が正しいのだとしたら近未来のアジアは戦火に見舞われることになってしまう・・。

だから出来れば習近平がどっかの宗教法人の親玉みたいに○○大学名誉博士とか△△会議終身議長なんて肩書もらって喜んでる単細胞だけであった方が世界にとっては嬉しいんだけど、長年抑えつけられた十数億人の負のマグマって相当パワーありそうだから、炸裂するときはどえらい破壊力がありそうだよな・・。だから向かうのは東じゃなく食料と資源がたんまりある一帯一路の西を目指していってね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1486-4718b09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)