FC2ブログ

底と底が共鳴しあってもねぇ

2018/02/20 11:57:03 | 日記 | コメント:0件

大学時代の友人で雑誌記者をしているU君と世間話をしていたら「最近北朝鮮は日本の若い世代に支持者を広げようとしてるんだよね」と言い出した。は?若い世代?それ韓国の話じゃないのか?と聞いたら「いやいや違うよ、日本人だよ、ユーチューチューバーっているだろ!そこの視聴者層なんだよ」という答えが返ってきた。

U君の送ってきたアドレスをクリックしたところ「北朝鮮に突撃」という題の動画が現れたのだが、そこに映っていたのは関西弁を喋る20代と思しき男で、これがまあ・・見た目で判断しては悪いが典型的な下層日本人というのか、改造車でパチンコ屋に乗りつけて朝から晩まで過ごしてそうな金髪クズ青年だったのである。

「北朝鮮がそんなに危ない国なのかどうか自分の目で確かめたる!」と思いついたこの青年は朝鮮総連に電話をかけて話をし、向こうは安全だから安心してよい!と確約を貰ったので高麗航空に飛び乗ってピョンヤンに来たところ、これが実に快適な毎日で、監視も無く自由に行動出来て、街行く人たちと本音で話を・・と思わず失笑ものの動画なのだ。

これ自分で「北の奢りで北へ行き北のプロパガンダに乗っかりました!」と宣言してるのと同じである。しかしこんな低レベルな動画をにつられて北朝鮮シンパになるような人間はいないと思うのだが、ところがU君が「最近日本にはこういうレベルの若者が増えてんだよ」言うのをと聞いて驚いてしまった。

実は筆者が最後に日本に滞在していたのは今から15年前で、その時に筆者の周りにいたのは一番下でも高卒の工員たちで、当たり前だが彼らは厚生年金や住宅ローンを払っているからU君曰く「上半分の日本人」だそうなのだ。一方北朝鮮になびいているのは下半分のまた下半分のそのまた下半分のさらに下半分、つまり16人中16番目(下から6%の層)らしい。





中卒コンビニ店員に貧困シングルマザー、精神のクスリを持ち歩く手帳所持者に生活保護受給一家の一員、それと朝から晩まで自室に閉じこもってる人・・。筆者は知らなかったがU君の話だとこういった最下層日本人たちはメディアはウソを言っている!という思い込みが強いそうである。

これはウソどうのこうの以前にメディアが言ってることが彼らにはサッパリ理解できないだけだと思うのだが、一方こうした層にとって勝ち組と敵対している北朝鮮は多少とも上げ底して見てしまう傾向があるらしく、北朝鮮はそこに目を付けてユーチューバーに親北放送をさせている・・とU君は言ったのだ。

ピョンヤンでキャバクラの娘たちと!すっげー!でっけー!凱旋門!めっちゃ奇麗じゃんピョンヤン市内!とバカ丸出しのコメントの一方で「オレ的に南北分断という民族の悲劇わぁ・・」なんてお固い話を混ぜてくるのが笑えてきたが、しかしこんな低レベルのルポに下層6%の日本人が共鳴したところで・・なんか意味があんのかね?

こいつらにいくら啓蒙しても選挙投票には行かなそうだが、しかし消えた年金問題でこうした層が結集して民主党政権が誕生した経緯はあるから全く無駄では無いんだろうけど、官公労や電力労連の専従職員やミッション系大学教員を取り込んでいた昔日と比べると・・かな~り落ちぶれちゃった感がするんだけど・・。

奥深い底にまで墜ちてしまった国と社会の底辺に生まれついた若者の奇妙な共鳴・・。そこで誕生した底知れぬ怒りや破壊願望は途轍もないマイナスパワーに満ち満ちていそうだが、ただそんなのが幾ら集まったってフィリピンの貧民窟と同じような・・。と、ここまで書いてなんか悲しい気分になってきたので一旦ここで筆をおきます。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1470-6a77316c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)