FC2ブログ

怪しい血筋と結婚延期

2018/02/08 11:50:34 | ニュース | コメント:0件

秋篠宮家の長女眞子が今年11月の予定されていた小室圭との結婚を諸事情から2年も延期し、これはひょっとして婚約破棄の兆しなのではないか?と世間では噂されているそうだが、これを聞いた筆者は「そりゃそうだろうなあ」と同意してしまった。(書き忘れたが全文敬称略とする)

片親で大して豊かでない家庭の出身で、母親が400万円の借金を踏み倒したとか本人の奔放な性遍歴、さらに定職があるようで無いなど色んなゴシップが週刊誌に出てしまい、こりゃこいつは皇室関係者にするには失格だわ・・と皇室への尊敬心がほとんど無い筆者だって思うのだから、宮内庁ならなおさらであろう。

それともう気になるのは小室圭が在日であるという噂である。父親がベトナム人だとか、何かの写真にキムなんたらという本名が書いてあった等々の情報がネットを駆け巡っているらしく、ただ筆者はその記事をいちいち追ってるわけでは無いので真偽は知らないけど、筆者はこの人物が半島の血統である事はかなり可能性が高いとみているのだ。

その一つ目の根拠は小室圭が朝鮮耳をしている事である。耳たぶが全然ないか極端に小さくて捻じれている耳は朝鮮民族の身体的特徴であり、もちろんそうでない人間もいるものの朝鮮人の5割(ある説では7割)がこの形状の耳を持ってる一方でそれ以外の民族は1割以下しかいないのである。小室圭の写真を下にアップしたのでとくと見て欲しい。





そして2つ目は名前だ。よく新井とか木村、安田や「金」が付く苗字は在日が多いと言われるが、ここで筆者は言っているのは苗字では無く名前の方で、朝鮮民族と日本人の思い入れの強い漢字の違いから「哲」「昌」「雅」「剛」「隆」「泰」「憲」「崇」「貴」「勲」「基」「人」などと並んで「圭」が入った人間はけっこうな確率で在日と考えて良いらしい。

で、この男と眞子は純粋に恋愛関係にあるのかどうかは知らないけれども、しかし韓国人の視点でこの二人を見れば「ウリナラの優秀な精液を憎き日王の王女の中へぶちまけて!」とチンパンジーみたいに歯茎を剥き出しにして快哉を叫んでいる訳で、前述の通り皇室への尊敬の念を持たない筆者ではあるもののチョン蔑視にかけては人後に落ちないから、これは断固阻止すべし!なスタンスになるのだ。

だから今回の婚約破棄(?)で汚らしいチョンの血が皇統から排除されるのは公衆衛生上必要な事だわい!と評価しているのだが、しかし・・小室圭の母親の名前を見た時にエッ?と思ってしまったのだ。佳代なのである。佳代の「佳」はニンベンに圭を組み合わせた文字だから、なるほど息子に圭の字をつけたのはこの為らしいが、秋篠宮の次女も名前が佳子じゃんか・・。

「佳」と「圭」はニンベンがあるから別と言えば別だが。小室家では母親⇒息子の繋がりを示す、つまり朝鮮人にとっては意味的には同じという事になるわけで、そう言われてみれば秋篠宮長女の眞子も「真子」ではなく韓国ショウチュウ眞露の「眞」だし、末っ子の悠仁の「悠」も筆者のそういう名の知り合いがいるんだけどそいつは・・。





これひょっとして秋篠宮夫妻のどちらか片方が朝鮮の・・と疑った筆者は昔の記憶をたどっていったが、最初に思い出したのは筆者の母親の世代なら誰でも知ってる「美智子さんは浩宮(現皇太子)以降は赤ちゃんが産めない体になってしまい、秋篠宮と妹の紀宮は別の女性から生まれたらしいのよ」という噂である。

女優の加茂さくらが秋篠宮の母親という説もあるが、しかし皇室がそこら辺の馬の骨を用意するはずも無いから、だからやっぱり朝鮮人の血筋は奥方の川嶋家の方な気がするのだが、実は筆者は個人的には紀子さんが好きなので、彼女の血筋がどうだとか探る気にはならないのだ。しかし・・これまでの慣例を破って国際基督教大学(ICU)へ進学した理由は・・これなのかい?。

天皇家は国の象徴であるとともに神道のチーフ神主でもあるのだから、いくら傍系とは言え学習院大学がどうしても嫌なら國學院大學か皇学館大学、あるいはまったく無宗教な早慶両校に進むべきなのに、それがなんで国際基督教大学なんぞ・・と思っていたが、実は反日国家韓国の血を引いてまして・・というのなら・・理由は判る。

だとしたら小室圭が婚約破棄するしない以前にずっと前から皇室には大変困った事態になっていたわけで、さらに皇太子の奥さんが創〇学会の回し者だとか(それと在日に多い「雅」のつく名前である)、秋〇宮にはタイ人の愛人との間に隠し子がいるとかいろんな噂があるのを考えると・・この一家大丈夫か?。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1458-4a9654d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)