FC2ブログ

衛生観念の薄いフィリピン娘たち

2018/01/25 11:28:26 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

今までたびたび日記に書いたが、女房の姪(妹の娘)イナは靴を脱ぐや辺り一帯に異臭をまき散らす足臭女で、最近は気候が涼しくなったためか幾分臭いの方も抑え気味になってきたものの、それでもコイツが遊びに来れば筆者は一旦自室にこもって臭気が消えるのを待たねばならぬほどの危険生物である。

24歳のOLならば自分の足が臭いのを恥ずかしがって何らかの対策を打つものだが、イナの場合は生まれつき鈍感なのかそういうことは一切せず、月に2~3度ほど我が家に来ては脱がなくてよいのにわざわざ靴を脱ぎ、強酸性汚染液をスリッパにナビりつけて帰っていくのだが、つい昨日に気になる出来事があったのだ。

歌手の卵だったが現在は家具修復屋(UPHOLSTERY)のスタッフが本業になってしまったチェルシーが久しぶりに我が家に来たのだ。筆者は知らなかったが女房がソファの色替えをチェルシーの店に頼んだそうで、今回はその見積もりにやって来たわけだが、じゃあお邪魔します!と靴を脱いだその時に、チェルシーが見覚えのある靴を履いていたのだ。

KEENブランドのジャスパー、それも茶ベースに靴紐が青のタイプで、これイナが履いているのと全く同じ靴だったのである。ジャスパーは一応シティウォークを謳ってはいるがトレッキングにも使用可能というちょっと一般向けでない靴で、アディダスやナイキだらけのフィリピン人じゃ他に今まで見かけた覚えが無い・・。





それでチェルシーにこの靴は流行ってるのか?と聞いたところ、ノー!ノー!これはイナから借りたのよ!という答えを聞いて・・筆者はアングリ口を開けてしまったのだ。借りた?あの足の臭い(正確には臭いだけじゃなく水虫に感染、いや足の裏がクレーターみたいにボコボコなる変な病原菌にも感染している)靴をオマエは履いているのか?と聞いたら、チェルシーは「そうだけど・・」と事も無げに言う。

日本にも古着屋はあるし、そこでは確かに靴も売っているけれども、ジャケットやジーンズに比べれば幾ら洗濯消毒したとは言え臭いや水虫のイメージが湧くから靴はやっぱり嫌がるものである。それが臭い、それも普通じゃないほど臭いのが確定しているイナの靴を借りるとは一体オマエはどういう感覚をしとるんだー!と言ったところ(水虫の件は黙っていた)、このチェルシー「だって足は臭いのが普通じゃないの・・」と言ったのである。

程度の差が有れども万人の足は臭いのだから、臭いのが確定している靴に自分の臭い足を突っ込むのは変でも何でもない・・という論理である。あるいは他人の臭いが自分の足の臭いと混じりあっても臭いは臭いだけだから別に構わんじゃないか・・という事をこの21歳の娘、それも少し前までアイドル歌手を目指していた娘から聞かされるとは・・。

キ・タ・ナ・イ・・。汚いところを奇麗にしよう!という発想が全然ないどころか、水虫・クレーター病原菌の感染も気にならないとは・・。まあ女の外見と中身は相関性がない事は紳士諸君は既にご存じだろうが、フィリピン娘の場合はレベルの低さがあまりに違うというか底知れぬ底と言うべきなのか・・。フィリピン女を食するときは野菜同様にまず水洗いを忘れずに。







にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

おもろいです

2018/01/25(木) 12:42:22 | URL | ponpon #-
シャワーは朝から頻繁にしてると思うのですが
見てくれだけの清潔感、手とかも雑菌だらけかも?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1444-bc7eb142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)