FC2ブログ

本当にヤバい物件

2018/01/09 12:34:23 | オカルト系 | コメント:1件

先日の日記で一口に事故物件と言っても死に方によってヤバさは違ってくるもので、たとえば殺された人が幽霊になって出てきても話をきいてやれば済むだけだが、自殺の場合は向こうの世界へと引っ張ろうとするので危険である!という事を書いたが、しかし先日とあるアマチュア怪談師の放送を聞いていたら、こんなの屁でもないような恐怖の物件があることが分かった。

この方はかなりやり手の不動産業者らしく、今まで数多くの事故物件を手掛けてきたようなのだが、自殺や他殺だろうが場所が良ければ幾らでも買い手がつくというのである。世の中にはそういう背景を全然気にしない人間も多いし、それに一家殺人があった家でも更地にしてマンションを建てるとか、隣の家屋とくっつけて住所のロンダリングをするなど解決策は幾らでもあるらしい。

さすが浮き沈みの激しい不動産業界だけあって合理的な考えをしているし、実際この方が体験された話はなかなか面白いので興味があれば是非ともココをクリックしてご視聴いただきたいのだが、しかしこんな凄腕たちでも即座に尻込みしてしまうのが(当たり前すぎる話だが)刑場跡地に建つ物件だそうである。

あるとき都内一等地のビル丸ごと一棟が市価の2~3割引きで売りに出されたことを知ったこのアマチュア怪談師は上司とタクシーに乗って視察に出向いたのだが、ビルの近くに来ただけで何故かひんやりした空気が漂っているのを感じはじめ、そしてビルを見た瞬間に黒い煙がワーッとまとわりついているのが見えたそうだ。

キミ、この物件はダメだな・・と呟いたのはなんと傍にいた社長の方で、霊感があるのか無いのは判らないが長年この業界で生きてきただけ直ぐにダメ出しをしたのだが、後に調べててみたらそのビルは刑場の跡地に立っていて、テナントはある有名な会社なのだが、ここに越してきた途端に不運な出来事が相次いでいたそうである。





しかし多くの方はここまで読んでも「へえ、そうなの」程度しか思ってないだろう。だって刑場跡地としては東京だと鈴ヶ森と小塚原の2か所が有名で、恐怖番組でご存じのとおりこの二か所は現在も心霊スポットになっているけれど、慰霊碑の建つ小公園や寺になっているから自分が望んで行かない限り関わることが無いからだ。

刑場跡地はたしかに不気味だけどそこが住宅地や一般人が日常通り過ぎる場所にはなっていない・・。おそらく多くの方はそう思い込んでいるはずである。しかし・・実はそうじゃないのだ。例えば同じ東京でも西のはずれの八王子市の川沿いにある大和田刑場跡地は学生向け大型マンションが立っていて、そこには数百人の大学生が生活しているのである。

一口に処刑場と言っても東京の鈴ヶ森や小塚原、京都の粟田口など数十万の生命を絶ったメガ処刑場とは別に、数千数万単位のプチ処刑場は案外とあちこちにあって、例えば東京でも筆者の調べた限りではブチサイズが二十数か所あって、その多くが単なる住宅地や駅前繁華街になっているのだ。

で、当然ながらそういう場所は交通事故が多発する魔の交差点や飛び降り自殺が絶えないマンション、十数人が殺傷された通り魔事件現場、あるいは少なくとも引っ越した途端に住民が病魔に侵されてしまう死神の棲む家なんかになっているはずであり、オカルト好きな筆者はライフワークとしてこの刑場跡地のその後を追跡しようかな・・と考えているのだ。

という事で何かこの家に越してきてからついてない・・、或いはあの家は死人がやたらと出るがひょっとして呪われているんじゃないか・・といった心当たりがある方はちょっとここここのサイトを見ていただき、もしも刑場跡地に住んでいる事が判明したら筆者にご一報を戴ければ幸いである。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

浜松藩刑場跡

2018/01/09(火) 15:53:58 | URL | 名無しさん #-
いつも楽しく拝見させて頂いております。静岡県浜松市在住ですが浜松藩の刑場跡が2か所ありまして1つは旧亀山町(現 鹿谷町)で「出る」ので土地の買い手がなく墓地とラブホになっております。もう1つは浜松市中区高町300-27で明治時代には刑場から監獄になりその後JTの営業所になりました。どういう訳だかJTが出て行ってダイワハウスが買い取り高層マンションを建て1月末から販売だそうです。ダイワハウスはこういうイワク物件好きですね。那覇でも有名な激戦地で1500人が死んでそのままの人骨だらけの場所にリュークスタワーというタワマン建ててます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1428-63baa64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)