FC2ブログ

小さな窓から覗いた黄金郷

2018/01/06 12:09:06 | 海外移住入門編 | コメント:1件

会社員時代にお世話になったA先輩と年末年始の挨拶をしたところ、あと数か月で退職だから夫婦でハワイに遊びに行くかゴールドコーストかで迷っている!と書いてきた。執行役員まで出世し、美術大学に通っていた娘さんも希望通りの就職が決まったし、貯蓄もたんまりあるからハッピーリタイアメントと言えるのだが、しかし・・最後の旅行は正直いただけないアイデアである。

というのは絶対に満足できないからだ。これ筆者を例に挙げて言うと、筆者ら夫妻は毎年香港が旧正月になるとタイのプーケット島に遊びに行くのを常としていて、筆者にとってこの9日間の旅は何事にも代えられない至福の時であり、プーケットはまさに光り輝く黄金の島だったのだが、リタイアした後で訪問したら・・ビックリするくらい色あせて見えたのだ。

あれだけ光り輝いていた島がくすんでいる・・。そういう現実に対して筆者は中国人観光客が増えたからだな・・と思い込んでいたのだが、さて旅の終わりごろに「今年のプーケットはハズレだったな」と女房に行ったところ、はあ?アンタなに言ってるの?ここ数年は毎回こんなもんだよ!と答えられて・・・棒立ちになってしまったのである。





そう、実は心の半分では判っていたのだ。でもなぜ自分の印象が変わってしまったのか考えてみたところ・・変わったのはオレ自身じゃんか・・と当たり前の事に気付いたのである。プーケットを愛でていた頃の筆者は毎日せわしなく過ごしていて、1年でたった9日間だけギューギュー詰めの生活から脱出することが出来たのだが、リタイアすれば1年365日ずっと緩みっぱなしなのである。

あと3日しかない!なんて追い込まれるどころか、気に入れば1年でも2年でも旅は続けられるのだし、それに当時住んでいたリサール州はプーケットよりはりかにノドカだから、はっきり言うと筆者の眼にはプーケットって結構せわしない、いやそこそこの都会なんじゃないの・・とさえ映っていたのだ。

朝から晩まで当期利益や販売シェアなんかに追われていれば人間誰でも世界が狭くなるし、そこから下界を眺める窓もギュギュギューッと小さくなってしまうから、正直ビーチと太陽があればどこだって黄金郷に見えるわけだが、引退して自分を規制するタガが外れると窓がグン!と大きくなり、今まで枠の外にあった光景には案外と粗があったことが分かってくるのだ。





で、話をB先輩に戻すが、ハワイとゴールドコーストというのはB先輩夫妻の思い出の地、まあ筆者にとってはプーケットみたいな存在だからリタイア後に行けば色あせて見えるのは確実だし、しかも滞在先はハイアットやマリオットといった豪華ホテルで、旅行期間も2週間と自由になった割には案外とせわしない日程なのだ。

狭い窓で将来の旅を規定しているな・・と思った筆者は「先輩、それは止めといた方が・・」と言いかけたのだが、会社生活と言う自分を規定していたタガが外れる事で五体がバラバラになってしまうのではないか?という不安感が濃くなっていく時期だから、あと数か月間自分を苛み続けるトンネルの先にある夢を否定するような事は言わない方が良いだろうな・・と思いとどまったのである。

それに自分へのご褒美度の旅はなにも一度だけと規定する必要はないし、ホテルでなくアパート、2週間なんて短期じゃなくて最低でも3か月、観光でなく学習、バックパック背負ってバスを乗り継ぐ・・みたいに手を変え品を変えて二度でも三度でも旅に出れば良いのだ。だからA先輩には悪いけれど今回は真剣に相談には乗らず、窓が広がった頃合いを観てこちらからアプローチすることにした。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

ちょっと遊ぶだけなら

2018/01/07(日) 07:30:31 | URL | oyoyo #-
昨夜からyoutubeでタイのバンコクとかパタヤ、プーケットとか眺めてますが
若いウチは面白かったですな、もうあっちの方も元気がないし、眺めてるだけ。

プーケットはバンコク・パタヤに比べたら蒸し暑くなくて、過ごし易かったです。
また、泡銭ができたら行ってみたいなとは思っていますが、感動係数が0に近い。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1425-8f457202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)