FC2ブログ

豊胸手術を受けた歌手の卵

2014/01/30 00:11:14 | 日記 | コメント:0件

イミグレで年次報告を済ませた後、ヒマなのでパッシグに住む女房の従弟夫妻と同居人チェルシーを誘って簡単な食事を摂ることにした。このチェルシーとは今年17歳になる歌手の卵で、昨年夏のオーディションを何とか合格し、5人組の歌手ユニットとしてデビューした娘である。まあデビューと言ってもチェルシーの属するグループは無数にいるセミプロの1つに過ぎず、仕事と言っても地方のイベントやマニラの二流クラブで歌うくらいである。「これからいろんなコンテストに参加してチャンスを掴んでいくのよ!」とチェルシーの叔母で女房の従弟ジェンの細君であるジュミと一緒に日夜奮闘しているのである。
     480026_484743151611874_413808577_X.jpg

さて近所の定食屋みたいなところに現れたチェルシーを見たときにふと奇妙な違和感を感じた。チェルシーはぶっきらぼうな感じで椅子にドスンと座り一緒に来た友人とおしゃべりを始めたが何かが違う・・。やがてその違和感の根源に気が付いた。この娘・・巨乳になってやがる。このチェルシーという娘は、歌手よりも葬儀屋の受付にでもなった方がいいんじゃないかと思うほど影の薄い女であると共に、セックス・アピールというのがまるで無い(多分雪山でこの娘と二人きりで取り残されても何も起こらないであろう)娘なのだ。それが今日とつぜんホルスタインのような巨乳の持ち牛に変貌し、周囲に異様なオーラを発しているのである。
     1011626_10151861213101759_1977129070e.jpg

歌も顔も抜群だが(はぁ?)体の線が細いのでセクシー路線に向いてないとプロダクションの社長に言われてしまったので、思い切ってシリコン注入を受けたんだよ・・と従弟ジェンは後でコッソリ教えてくれた。いやぁ・・素材が元々お色気路線に向いてないから、胸だけ膨らませても山羊とか牛を見てるのと同じで人間は誰も発情するとは思えないんだけど・・。「費用だってラスベガスに住んでる祖父母が全部用立ててくれたんだよ。あの二人は前回車を買ってくれたように、チェルシーがスターになるためには何だってする気なんだ」とジェンは胸を張ったが、チェルシーはせいぜい役所の戸籍係とか図書館の受付あたりがお似合いだと思うけど・・と本音を言いたかったが、皆の夢を壊したくなかったので無理に表情を作って同調するふりをすることにした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/141-824c09eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)