FC2ブログ

映画「ホワイトハウス・ダウン」を観てきました。

2013/07/15 18:06:26 | 日記 | コメント:0件

日曜日にロビンソン・ギャレリアへ「ホワイトハウス・ダウン」を観に行ってきました。最初は女房と二人で行く予定だったのですが、義妹と姪も「ホワイトハウス・ダウン」を観たいと言うので誘ったところ、筆者の全く知らないところで叔母や従妹達とチビガキ、さらには姪のボーイフレンドにまで誘いが広がり、なんと成人10名+チビガキ4名=総勢14名になってしまいました。おかげで車はギュウギュウ詰めになり(どう見ても交通違反)、車内でガキがゲロを吐くなど予想外のアクシデントに見舞われましたが、1時間かけてどうにかロビンソンに到着。ところがガキたちはアニメ映画を観たいとか、叔母はタガログ語映画でないと理解できないなどと言い始めたため、女房と従妹世代グループによる調整のうえ、皆が観たい映画を勝手に見ようということになり、結局「ホワイトハウス・ダウン」を観たのは筆者と女房だけとなりました。
281130_110812110334089_STD.jpg


さて映画の内容ですが、警官とその娘(二人の関係はしっくりいってない)がホワイトハウス内を見学している最中に謎の武装グループによる武装占拠が発生、建物内に閉じ込められた親子が大統領を守りながらテロリスト達に立ち向かっていくというストーリーです。テロの背景には戦争で息子を失った大統領側近の復讐心、大統領が推し進める平和条約を阻止したい軍産複合体の思惑、権力を狙う下院議長の野心を織り込んでいて一見社会派ドラマの風味も持たせています。とは言え銃撃戦や連邦議会の爆破、ヘリコプターによる攻撃、カーチェイスなどの派手なアクションシーンが満載ですし、コメディのエッセンス(主に黒人大統領の役回り)も加わっているので誰でもシンプルに楽しめるエンターテインメント映画になっています。ただ最近のアメリカ映画でお決まりの家族愛とか愛国心を感じさせる終わり方は食傷気味なんだけどね・・・。
3136uit.jpg

全員が別々の映画を観終ったあと待ち合わせ場所で集合。群れから外れようとする従妹やゲームセンターに入ろうとするガキ達を押さえつけながら4階の中華料理店へ移動。総勢14人でまあソコソコの料理を食べたのですが、みんな本当に楽しそうにメシ食ってるんだよね・・・。映画よりもこっちの方が素朴なんだけど温かい感じがした。それで朝から皆に文句ばかり言ってた自分をチョット恥じました。食事をこしらえるのは面倒くさい、アー嫌だ、一年中旅館暮らしをすればアンタたち(父と筆者の二人)料理作らなくて済むのにカネが無いから・・・何でアタシはつまんない人生歩んでんだろ・・・と毎日不平不満ばかり言ってる母親の下で筆者は育ったので、家族愛とか聞くと毛穴がわわわ~っと開くような嫌悪感を感じる体質だけど、婆ちゃんから孫まで大人数で食卓を囲むというのは本当は悪いもんじゃないなと今になってチョットだけ思えてきました。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/14-38054a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)