FC2ブログ

地雷のような女

2017/11/30 12:48:50 | 人間万華鏡 | コメント:0件

クリスマスまであと1か月を切り、親戚たちの間では今年はどこの家に集まるか?という話題が増えてきた。例年だと筆者の家か従弟ジェンの家、それか隣町タイタイのピナ叔母(ジェンの母親)の家のどこかに集まる習わしだが、今年は従弟ジェンが隣町タイタイに移り住んだ事から、じゃあ今年はオレんちではやらなくて良いな・・と思っていたのだ。

ところが雲行きがおかしくなってきたのだ。というのは(筆者との関係性で説明するとこんがらがるので、ここから先は従弟ジェン一家の構成で呼ぶことにする)長女メイのお陰でピナ一家は険悪な状態が以前より増してしまい、パーティーどころかいつ分裂してもおかしくない状態になったからである。

メイは32歳のシングルマザーで、昨年春に誰が父親だか判らない2番目の子供を産んだ尻軽女だが、困ったのは数年前からシャブに手を出したことで、精神のバランスが崩れてきたメイは母親ピーナに当たり散らすわモノを壊す、さらには子供をほったらかして別の男と何処かに雲隠れしまうという中年版積み木崩しを実践者になってしまったのだ。

それで「このバカいいかげんにしろ!」とブチ切れた兄ジェンは妹に対して三下り半を突き付けたのだが、ここで変なのは暴力を振るわれていたはずの母ピーナが「妹に縁切りを突き付けるお前なぞ私の息子ではないわー!」と何故だかメイをかばってしまい、だったらオレはもう知らんぞ!と逆上したことで長男=長女、長男=母親の関係が切れてしまったのである。

さらにそれとは別にパンパンガに住む父親エド(母親ピーナとは長らく別離状態にある)が酒の場で長男ジェンと罵りあいとなり、長男=父親の関係も切れていたから長男ジェンは次男ジャネル以外は完全に切れてしまったのだが、今年の夏に長女メイがもはや手が付けられなくなった辺りで家族間の同盟関係に若干の変化が起こり始めたのである。





まず中立国だった次男ジャネルと姉メイが何が原因か知らないが取っ組み合いのケンカとなり、それを母親ピーナがまた長女メイをかばった事で次男ジャネルがブチ切れて険悪な関係となってしまい(一応同じ家にはいる)、これで長女メイは母親しかいなくなったはずなのだが、11月の墓参りシーズンになぜか父親エドのいるパンパンガを訪れていたのである。

母親との関係を考慮して今まで父親には一切近づかなかった長女メイが何でパンパンガに?と思った女房がそれとなく探りを入れたところ、なんと10月中旬に長女メイと母親は(何が原因なのかは知らないが)ついに決定的な決裂を迎えてしまい、それで今度は(子供二人の世話は母親に押し付けたままで)父親のいるパンパンガに居ついてしまったというのだ。

そしてそれに伴い今まで決裂していた母親と長男の関係が改善され始めたらしく、なるほど確かに墓参りシーズンに長男ジェンはなぜか母親の故郷イロコス州にいたのだが、今度はそれを面白く思わない父親エドが長男ジェンの悪口をこぼしたところ、それをメイがあちこちに触れ回ってしまい、これはまたややこしい問題になっているそうなのだ。

同じ部員の男たちと奔放な性関係を結んで嫉妬を煽り、女性部員の悪口を触れ回って組織そのものを壊してしまうサークルクラッシャーなる存在がいるそうだが、メイが壊すのは自分の家族関係だからファミリークラッシャーとでも呼ぶべきなであろう。まったく呆れてものが言えない女である。

で、肝心のクリスマスパーティーだが、この一家の誰かを呼ぶと他の3人が出て来ないとか、下手すると誰も来なくなりかねないので、だったら最初から全員招待リストから外した方が手っ取り早いんじゃないか・・と女房に言ったところ、そんなこと言ったってファミリーが!云々を言いはじめた。こんな地雷原みたいな一家ほっときゃいいだろうが!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1388-640e7d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)