FC2ブログ

右翼と巨額詐欺話

2017/11/27 12:55:54 | 事件と陰謀論 | コメント:0件

筆者は右翼について全くの門外漢なのだが、最近戦後の怪しい事件なんかを調べているうちに実は右翼には底知れぬ深い闇がある事に気が付いた。ただしまだ調べ始めたばかりで頭の中で整理できてないから日記にはならないが、しかし一つ気になる話があるので書いてみることにする。

筆者は1990年代後半の香港に駐在を始めたのだが、当時の香港には筆者みたいな勤め人の他にもいろんな仕事の日本人が沢山いて、その中にはライブドア事件で暗躍したいかがわしいIT企業経営者や大手ヤミ金のマネーロンダリングの窓口になった外国銀行の行員なんかがいたのだが、その一角に総会屋崩れの一団がいた。

筆者が良く接待で使った日本料理店には奥座敷があって、そこでは羽織袴や黒スーツが似合いそうな紳士たちが毎晩のようにどこかの会社のお偉いさんと呑んでいたのである。そのころ日本のバブルが崩壊して彼らの食い扶持が減ってきたのと、警察による取り締まりが厳しくなった事から空前の好況に沸く香港にきて一獲千金を目論んでいたようなのだ。

ただ一介のメーカー社員(それもヒラ社員)である筆者になど彼らがどういう手口で稼いでいたのかは考えも及ばないが、しかし中国ビジネスのプロと称して日本の中小企業からカネを騙し取る、あるいは役員に入り込んで悪事の拠点にする輩は結構目にした。M工業に入り込んだ坂下という常務もそんな悪党の一人であった。

この坂下常務はある時筆者の会社にビジネスを持ち掛けてきた。なんでもこの男は○○翁という大物右翼の直弟子にあたり、この○○翁は北京市長を務めた中国の大物と盟友関係にあって、多くの中国人留学生の引き受け人となり、今はそいつらが中国各地で大物役人になってるから、オレに話せば中国の津々浦々どんな無理でも通る!と言う触れ込みだったのだ。





世の中にはこの手のペテン師が沢山いるものだが、筆者の会社の先代オーナーの娘はM工業に嫁いでいるので、一応日本の本社に話を通したところ坂下氏と○○翁と師弟関係、それと中国のお偉いさんがウンヌンというのも全て本当なのだという。さらには××県選出の偉い代議士先生の関係者が坂下は本物!と太鼓判を押したのだから間違いない!というのだ。

で、その結果筆者の会社は数か月後に少しばかり損害を被ることになったが、しかし一番悲惨だったのはM工業で、なんと坂下常務はM工業の名刺を利用して地域の資産家相手に中国企業への投資詐欺を働いていたのだ。地方紙には被害額は数億円にのぼる!と書いてあったが、しかしそれ以上に驚いたのはこの人物はむかしM資金や山下財宝を生業にしてきた事だった。

マッカーサーの隠し資金をスイスの銀行から引き出す、あるいはフィリピンに埋もれた金銀財宝を発掘するために出資しないか?という昔からよく知られた詐欺話だ。某有名企業の社長や俳優田宮二郎が騙されたのは有名な話だし、この詐欺事件で逮捕されるのは末端ばかりで背後にいる大物には警察も手を付けられない・・という嫌な噂もある。

詐欺師だった坂下常務と右翼の大物○○翁、そして政権与党選出の議員の関係者には何やら不穏なつながりが有る・・。しかも○○翁というのは政権与党の超大物の周辺にいる人物なのだから、確かに噂とおりM資金・山下財宝詐欺団は町のケチなペテン師ではなく、もっと政権中枢に近い所が関係しているかもしれないな‥と思ったのだ。

ただその時の筆者は右翼とは暴力団の隠れ蓑でくらいの認識しかなかったので、それっきり放ったらかしになっていたのだが、前述のとおり最近ちゃんとした右翼の話に触れる機会が増えたこと、それと坂下氏をはじめ右翼の人間が何よりも自分の系譜を大事にする・・という点からある一つの流れが頭に浮かんだのだ。(続く)






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1385-03963d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)