FC2ブログ

客の不審死が続く香港のフィリピンパブ

2014/01/24 12:02:47 | 香港中国 | コメント:0件

筆者のサラリーマン時代のライバルであり良き飲み友達でもあったU君とメッセンジャーで近況を話していると「アンタの後任が最近エル・シドに通いつめてるぜ」と気になる事を書いてきた。このエル・シドというのは香港・コーズウエイ・ベイのジャッファロードにある二線級のフィリピンパブで、同じ地区にあるアポロやジュリアナ、ブイブイや元町ラウンジ、セブ、エクスタシー、プレステージといった当時の超人気店に比べると地味な感じの店なのだが、実はここはU君や筆者のように香港生活が長い古参組にとっては絶対に行ってはいけない店なのである。
     Neptune_Disco_Hong_Kong_t658.jpg     

今から15年ほど前のことである。筆者が当時同棲していた飲み屋の女が深夜に家に帰ってくるや否や「Xさんが殺されちゃった!」と喚いた。このXさんというのは当時世界最大のパソコンメーカーであったNEC社の駐在員(確かNECロジスティックスという社名だったと思う)でコーズウエイ・ベイのフィリピンパブ界隈でよく顔を見かけたオッサンである。殺されたって誰に?という問いに、女は「エル・シドのママよ!マニラで殺されたのよ!みんなそう言ってるわ!」と叫んだ。
     God of death

翌日筆者らはたまたま香港に来ていた出張者を歓待するという名目で数軒のフィリピンパブを訪問したところ、どの店もこの事件のことで騒然としていた。神妙な表情の割によくしゃべるホステス達らの話によればNECのXさんとエル・シドのママはマニラのニッコー・マニラガーデン(当時)にチェックインしたが、Xさんは深夜部屋の窓から転落死したという(後日全国紙にこの記事が載った)。投資話に釣られてマニラに行った、会社の金を使い込んでママに貢いでいた・・等々いろんな噂が立ったが、その中でも一番気になったのはエル・シドのママの周りで日本人が不審死するのはこれで二人目という噂だった。
     tenraku.jpg
     
さてエル・シドのママであるが1月ほどして香港に戻ってきた。噂では警察に相当厳しく取り調べられたようだが、X氏の死亡時刻に別の場所にいたというアリバイがあるため結局証拠不十分で釈放されたという。そしてこのママは帰国後何事もなかったかのようにエル・シドの営業を再開したが、当然こんな噂のたつ店に行く客などいるはずもなく店は閑古鳥が鳴く日が続いていた。しかし人の出入りが多くて早い香港だけあって半年もすると新参モノの客がポツリポツリと入るようになっていた。
     Jaffe Road

そしてその後もママの周りでは日本人が4~5年に一人のペースで死に続けたのである。一人はプラスチック射出成型会社オーナーのY氏、もう一人はカバン商社のZ氏で、二人ともエル・シドのホステスと一緒にフィリピンまで遊びに来たところ(ママは後から来るという口実だったらしい)チェックインしたホテルで不審死してしまった。ママの周りで死んだ日本人は筆者の知る限り4人、しかしこの業界に詳しい知人によればもう1人中国の深圳で死んでいるという(これは場所がフィリピンでないので疑わしいと思う)。
     上田みゆき

U君とのメッセンジャー会話に話を戻す。悪い噂が立つことで失う利益と、日本人一人から収奪できる金額のつり合いが取れなさそうだからエル・シドのママは殺ってないのではないか?と筆者は書き込んだが、U君はあの店は飲み代以外の他の商売が本業だから釣り合いは取れてると思うよ・・と店の裏事情を説明した後、「ママの目見たことあるだろ!見ると背筋がぞっとするような何の感情も読み取れない死んだような目。ああいうのサイコパスって言うらしいぜ。だから俺は殺ってると思うよ」とママ有罪説を返答してきた。    
     Kijima

毒蜘蛛が張り巡らした蜘蛛の巣に絡め取られた日本人たち。最後には頭ごと食い殺されるとも知らずに今夜も酒の狂態を演じているなんて想像するだに恐ろしい。まるで地獄絵図のような店である。さてU君との議論であるが、筆者の後任(兼元上司でもあるが、こいつは実に嫌な野郎だった)がマニラで不審死するかどうか見てみようじゃないかという結論になった。まあ殺人だろうが事故だろうがママは死神のように同行者をあの世に送ってくれるから、まあ筆者にとってはどっちでもいいんだけどね。これからフィリピンの殺人・不審死のニュースを見るのが楽しみになってきたな!。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/137-d4e155d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)