FC2ブログ

座間9人遺体事件の不思議

2017/11/04 14:00:53 | ニュース | コメント:0件

神奈川県座間市のアパートの一室から9人の遺体が発見されたことで騒然としているが、一連の報道を見るにつけ筆者は白石隆浩は主犯では無いのではないか・・と思えてきた。白石の父親がアパートの契約をやけに急いでいたとか、クーラーボックスを運んだ別の2人の男の目撃証言などこの事件には口巷言われているのは別の筋があるように思えるのである。

それに半年前に「白石は極悪人」という事だけ書きたいツイッターのアカウントが立ちあげられたり、警察に拘束された後でやけに饒舌に語っている、周到な勧誘の一方かなり杜撰な死体処理、すごく早いタイミングで次々と現れる白石の同居人など白石個人のアウトラインは続々と埋まっていくのに、一方で被害者像というのは依然として藪の中である。

プライバシー保護の理由から警察が情報をシャットアウトしているのかもしれないが、なんとなく一人の人間にすべての罪をおっかぶせ、背後関係は一切アンタッチャブルにして幕引きされたプチエンジェル事件と同じようなデンジャラスな臭いが漂ってくるのだ。





それと事件が起こったのが米軍座間基地のすぐそばで、米朝戦争危機の最中に在日朝鮮人の白石隆浩が同じく在日朝鮮人の女優小雪の両親プロボクサー井上尚弥の父親が所有するアパートで事件を起こし、実は数年前にもこのアパートの下の階(別の情報だと今回と同じ部屋)で女性が殺されていた・・というのはなんとなく陰謀論の香りがするではないか。

しかしこれだと話が妙な方向になっていくので今日の日記では地に足が付いた推理に留めるが、白石の表の仕事である風俗店スカウトに引っかかった頭の弱い女たちと裏の顔の自殺願望の女という「突然消えても誰も疑わない女たち」という共通点から背乗りが目的なのではないか・・と思えてきたのだ。

宮部みゆきの「火車」に登場する過去を消し去りたい可哀そうなOL、あるいは韓国から密入国した後で結婚や養子縁組を繰り返して日本人に成りすました角田美代子(尼崎連続変死事件の主犯)、あるいは工作員のニセ身分獲得のため日本人を拉致した朝鮮総連にとっては「突然失踪しても不思議じゃない日本人」というのは便利な存在である。





で、筆者の推理だと白石隆浩は道端やツイッターで目ぼしい女性を引っかける募集係もしくは死体処理係でしかなく、主犯は風俗スカウト会社の社長、あるいはその背後にいるヤバい組織の人間で、その連中への恐怖心から白石は「自分がやりました」と虚偽の発言を繰り返しているのではないか・・というのが筆者の推理である。

まあ宮部みゆきの「模倣犯」に出てくる殺人愛好者グループ、あるいは死体が好きなネクロフィリアで、色んな犯罪組織を相手に人体ゴミ処理係を営んでいた・・という考え方もあるけれど、周囲にいる人間たちが語る白石像からは「人が良すぎて他人に利用されてしまうお馬鹿さん」といった印象が拭えないのである。

で・・、じゃ犯罪組織にとってのお客はおそらく日本に居ついてしまった韓国人売春婦あたりではないかと思うが、ここで気になるのはそうなると人数はかなり膨大になるだろうし死体処理係は白石一人だけだったのか?という事だ。つまり今回の9人はごく一部でしかなく、実際はケタがもう1つ、いや下手すると2つ・・・。一旦ここら辺で止めておきましょう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1362-d0810551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)