牛頭天王とチーズと天然痘

2017/10/18 12:37:29 | 古代史 | コメント:0件

筆者の父親は東京・中野区にある氷川神社の跡取りで、この神社の祭神は国津神の親玉スサノオである。八岐大蛇を撃退したスサノオ、別の当て字だと朱砂之王(水銀の王)と書くことから古代日本で水銀鉱山や製鉄など資源系職能集団を束ねていた大豪族と思われるが、しかし怪談好きならよくご存じの通りスサノオは牛頭天王という怪異なキャラクターも付与されているのだ。

頭は牛で体は人間という姿は日本の怪談に出てくる件(くだん)やギリシャ神話のミノタウロスなど不吉なバケモノに酷似しているから、おそらくスサノオら国津神(日本先住民)を制圧した天津神(朝鮮半島百済からやって来た現天皇家と藤原氏系統)がかつての強敵を貶めるために牛頭天王の名を無理やりつけたのだ・・くらいに筆者は思っていたのだ。

しかし昨日チーズの由来を調べているうちに、古代の日本でも牛乳を発酵させた食品があって、その名前が「蘇」であることを知った時に閃いた。牛頭天皇の名護が解けたのだ。今だと蘇の文字は「よみがえる」という意味しかないが、古代では蘇我氏、つまり東日本一帯に住む原住民、つまり国津神系で蝦夷(えみし)と呼ばれた縄文系日本先住民の事を指すのである。

以前にも日記に書いたが、正月に呑む祝い酒に「屠蘇(とそ)」なんて不吉な文字を付けたのは「今年こそ蘇我系が滅びますように」とか「蘇我氏はあの世から化けて出てくんなよ」という呪術の意味である。そして古代チーズに「蘇」という文字が付けられたのはゴーダチーズと同じく「蘇我氏の連中あるいは蘇我氏が住んでるあたりでポピュラーな食品」という意味であろう。





さて話が入り組んで申し訳ないが解析を進めるため別の方程式、日本各地に伝わる蘇民将来伝説について加えたい。これは『裕福な巨旦将来は牛頭天王を自宅に泊めることを拒絶したが、貧乏な蘇民将来は快く迎え入れたため、牛頭天皇はお礼として蘇民将来の娘に生涯病気にならない印(茅の輪)を与え、後年周辺の人間はみんな死んでしまったのにこの娘だけは生き残った』という内容である。

この巨旦将来と蘇民将来は話の上では一応兄弟になっているが、それぞれの最初の一文字を見ていただくと「巨」と「蘇」、つまり「巨」済島(新羅に滅ぼされた任那の一部。親百済勢力。巨勢氏など)と蘇我氏の「蘇」な事に注目したのである。これって裕福な百済系渡来人(物部氏や藤原氏)は牛頭天王を拒絶したせいで滅びてしまい、親切な日本原住民(蘇我氏)は印のお陰で助かった・・という意味にとれるのだ。

それともう一つ、牛頭天王(スサノオ)には疫病関連の伝承がやけに多い事を加えたい。で、筆者の文章力のつたなさのせいで判り難くなってしまったのでいきなり結論に入るが、筆者は最初の百済人政権である物部氏、あるいは(こっちの方が有力)次の藤原氏の時期に天然痘の大流行があったのだと思う。

その時期はおそらくスサノオに比定される種族なり人物(例えば蝦夷の王アテルイ)をついに攻め滅ぼした頃に重なっていて、天然痘で人がバタバタ死んでいくのはスサノオの祟りに違いない!と騒ぎ始めたが、しかし東日本一帯、あるいは近畿圏に連れて来られた原住民(蘇我系)だけはなぜだか天然痘に感染しなかった事に得体のしれない不気味さを感じたのだろう。





なぜなら原住民(蘇我系)は乳製品(蘇)を作るため普段から牛に接していて、天然痘に似ているが人間に感染しても大事には至らない牛痘ウィルスへの耐性があったからだ。天然痘ウィルスを開発した英ジェンナー医師の伝記にも「私たち乳しぼりの作業をしているから天然痘にかからないのよ」と言い張った女が登場しているのである。

平安期の日本人でも蘇我系の人間が天然痘に感染しないのは牛に接しているからだ!くらいには考えが至っただろうがウィルスや免疫と言う概念は当時はあるはずも無い。よって彼らは「スサノオは怨霊になって天然痘をばらまいている」と共に「スサノオは死んだあと牛の王になって、牛と共に生きる蘇我系住民だけを助けている」と考えたのではないだろうか。

で、恐れおののいた藤原氏は既に死んでいるスサノオに牛頭「天王」という立派な名称を与え(ただし「天皇」ではなく「天王」なのがミソである)、スサノオを祀る八坂神社を作って怨霊へのご機嫌取りをし、自分の一族や町内には天然痘ウィルスをまき散らさないでください!と疫病のもっとも発生しやすい夏に山鉾を捧げたのが祇園祭の始まりなのではないか‥と言うのが筆者の推論である。

牛の神の守護下にある先住民どもを迫害すれば再び天然痘が蔓延するかもしれない・・。そういった恐れが天皇家と権力者藤原氏の脳裏に深く刻まれ、結果として東国の民が生き延びることが出来た可能性もある。両親ともども関東出身で、スサノオを奉る神社の末裔である筆者は、今夜酒のつまみにチーズでも食べて牛頭天皇に感謝することにする。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1345-90275cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)