桃井望変死事件から15年

2017/10/13 12:07:58 | 昔話 | コメント:1件

ネットを見ていたら10月12日は桃井望の命日だと書いてあった。アダルトビデオに詳しくない方でも恋人と一緒に河原で焼死体(刺し傷アリ)として見つかった女性、或いは明らかに他殺なのに裁判所はなぜか無理心中として処理してしまい、後の民事裁判では他殺と認定された不思議な事件の犠牲者・・と聞けば彼女の事を思い出すのではないだろうか。

実はこの事件が発生したその日、筆者はこの二人が連れ去られた被害者男性のアパートから数十メートルの距離にいたのだ。夜9時ころだったか熱燗片手にNHKニュースを見ていると近くの消防所から突然耳をつんざくサイレンの音が鳴り響いたので、もの好きな筆者は現場に駆け付けようと思ったのだが、飲酒運転になってしまうので諦めたのである。

被害者の男性(酒井という名だった)とは直接の面識はないものの共通の知人がいたのと、それに狭い町だからあちこちの飲み屋で皆がひそひそ話す裏情報を聞くことが出来たのだが、この事件は桃井望が引退を持ち出したことでAV業界の危ない筋が怒り心頭に達した云々ではなく、日系ブラジル人窃盗グループが犯人だと彼らは言っていたのだ。





この事はずいぶん前の日記に書いたので興味があればそちらを読んでいただきたいが、なんでも酒井さんは日系ブラジル人たちが盗み出した車を何処かへ売る裏仕事をしていたが、どうも何らかのトラブルが発生し、怒ったブラジル人たちが酒井さんのアパートに乗り込んだところ運悪くそこに桃井望が居合わせてしまった・・というのがこの事件の大筋だと皆口を揃えて話していたのだ。

で、実はそのブラジル人が住んでいた町工場は筆者のアパートとのすぐ傍だったとか、カーステをガンガン鳴らして車をかっ飛ばしていたブラジル人たちが事件以降急に姿が見えなくなった・・など色々言いたいことは有るので、そこは昔の日記を参照していただきたいが、ここではそもそもなぜコイツらが逮捕されなかったのか?という一番基本的な事について書きたい。

死体が発見された河原には警察が来る前に大勢の地元消防団が押し寄せてしまったため物証の信頼性が落ちてしまったなんて話が実しやかに挙げられているが、地元の人間たちなら誰もがブラジル人たちを雇っていた町工場のオーナーとブラジル人を地元企業に送り込んでいた地元の人材派遣業者たちがアンタッチャブルな存在であり、この連中が属する勢力が警察に圧力をかけたため逮捕出来ないと言っていたのである。





はっきり言うとこのエリアは在日と○○という二大マイノリティーが我が物顔でふるまう半無法地帯で、怪しいブラジル人たちの周りにいたのはこの勢力だらけであり、また運悪くこの事件は文化人出身の県知事が○○への補助金をカットする!と言い出した事で県庁・県議会のみならず地元選出国会議員まで巻き込んで紛糾している真最中に起こったのである。

「あの連中は誰も手が付けられないからな」「社〇党だけじゃなく公〇党まで出てくるぞ」「迷宮入りは必至だね」などと職場の同僚や呑み仲間たちは事件直後からそう言っていたのだが、警察の捜査どころか裁判までもがおかしなことになってしまったのを後に知った筆者は、この県のあまりの不条理さに愕然としてしまったのだ。

犯人が最後まで見つからなければ未解決事件にすれば良いだけなのに、それが出来ない・・。しかも初動捜査の段階から無理心中で押し通させるとは相当の力を持った勢力である。いくら金を持っているとはいえAV業界などには絶対できない芸当だから、やはり地元の人たちが言っていた在日と○○、それと政党が背後にいるに違いないと確信したのだ





しかし冷静に考えると刑罰を下されるのは日系ブラジル人だから、単なる雇用主や派遣元がそこまで介入するものなのか‥と言う疑問も残る。だから正直筆者のこの説は最後の一押しが弱いのだが、しかし一つ見えてないのは殺された酒井さんが盗難車を売りさばいた先である、こいつらは一体どういう連中だったのか?この商流を触れられたくい、あるいはここからより大きな別の闇経済が露呈するといった恐れがあったのかもしれない。

以前田原総一郎が「自動車メーカーは出来ると言ってるのに行政は車のリサイクルを絶対に許さない。この問題に触れると生命が危ない」と発言していたが、車業界には底知れぬ深い闇が立ち込めているようで、モノの本によるとどうもその病原は産業廃棄物業界だそうである。ここは言うまでも無く在日と○○の巣窟だ。

だから酒井さんの裏仕事はこの闇深い業界を暴きかねない何かがあったのではないか・・などとあの当時考えていたのだ。さて桃井望の命日だと知って「あれからもう15年が経過したのか?」としみじみしてしまったが、しかしあの事件が起こった晩に街中に鳴り響いたサイレンの音、いくつもの赤い渦が深い闇へと向かって光景は今でも脳裏に残っている。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

中古車屋も怪しいのが多いから

2017/10/13(金) 12:53:35 | URL | ponpon #-
近くの格安中古車屋のオーナーは、ヤクザですよ。
別なガソリンスタンドが廃業した後の所は、ベンツばっかりでした。
そのうち、潰れて別な中古車屋になってましたが、怪しいのが多い。
フィリピンに中古車送ってるのも、怪しいのが多いと思いますがね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1340-e77ca3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)