買い手がつかない猟奇事件ビル

2017/09/15 11:59:42 | オカルト系 | コメント:0件

不動産屋が「殺人・自殺といった事故物件とはいえ2割引きなら直ぐに買い手がつく」と話していたように、世の中にはこの手の話を全然信じない人たちは結構多いようで、筆者の知り合いの香港人も30年前に前妻が飛び降り自殺したマンションに今や5億円の根が付いているのだ!と豪語するなど、やり手の商売人たちにとっては事件事故など気にもかけない些細な事項らしい。

ただ我ら一般感覚の持ち主にとっては事故物件は嫌だし、実際に飛び降り自殺でもあろうものなら売値にも影響するものだが、不動産価格の異常高騰が続く香港ではそんな事を気にしていたら商売にならないし、現に筆者が長年住んでいたコーズウェイベイのマンションも階下では無元不明の遺体2体が見つかった不気味物件だったが、強欲な大家は契約更新ごとに20%の値上げを持ち出してきたのである。

一等地に鉛筆が建つほどの土地があればたちまち買い手が現れてビルを建てるのが香港人の常識・価値観であり、セントラルやコーズウェイベイなど商業地は法外な家賃をとるビルやマンションで溢れかえっているが、しかし九龍サイドの超一等地グランビルロードを歩かれた方は、そこだけポコッと暗闇になっている一角に気づかれるはずである。





グランビルロード31号。ひとつ向こう側の通りは大勢の人間で溢れているが、その一角だけはなぜかいつも閑散としていて、しかも何だか重苦しい雰囲気が漂っているのだ。暗闇の原因はこの31番地に長年ずっとテナントが埋まらないビルがあるからなのだが、実はここは今から20年近く前に香港を騒然とさせたある殺人事件の現場なのである。

ハローキティ殺人事件(Hello Kitty藏屍案)。23歳のホステスが借りた金を返さない事から3人の男に拉致監禁され、1か月にわたって書くのもおぞましいほどの虐待を受け続けた挙句に死亡したのだが(日本の女子高生コンクリート殺人事件と同じと考えていただくと良い)、遺体を隠す為にバラバラにして鍋で煮たりしたものの、頭蓋骨の処理に困った犯人たちはハローキティのヌイグルミの中に隠したのだ。

当時筆者は香港にいて連日この事件の報道をつぶさに見ていたのだが、事件そのもののみならず不気味だったのは、犯人一味のガールフレンドが殺された女の幽霊に憑かれる夢を連日観るのにもう耐えられない!と少年院の職員に話した事から事件が発覚したことである(この幽霊に怯えた夢から事件が発覚した点もコンクリ事件と同じである)。





ここまでひどい事件は聞いたことが無いぞ・・と香港人たちの同僚たちと恐々話していたものだが、この事件現場((ビルの3階)は案の定その後も誰も借り手がつかなくなり、さらには別の階からも住民がだんだん退去してしまい、しかも香港じゃ法外な値が付く路面店舗に入ったテナントも何故だか商売がうまくいかなくて最初の契約更新前に閉店してしまうケースがずっと続いてきたのだ。

あのビルはダメだよ・・と呆れた顔でいう旧友エドモンド。事件が起こる前のあのビルは優良テナントで溢れていて日夜いつでも賑やかだったそうなのだが、猟奇事件が起こった後はみんな不気味がってビルから逃げ出してしまったのである。でも・・だったらビル丸ごと建て直せば良いではないか?と普通なら考えるはずである。

面積かける階数かけるスクエアフィート単価をはじき出せは軽く数十億円にはなるはずなのだ。今みたいに残存テナントの家賃で細々と生きてるよりも、なんせ一等地だから生まれ変わる方を選ぶのが商売人の鉄則だが、しかし旧友によればあのビルは女の幽霊が出るとか夜中に叫び声がするといった怪奇現象があまりにも評判になってしまい、もはや場所として駄目になってしまった‥と信じ込まれているそうなのだ。





で、今回の香港訪問中にもの好きな筆者はこの現場へと足を運び、ただしビルの入口が厳重にロックされていたので一旦2階にあるレストランバーに入り、そこから非常階段を使って3階の現場へと行こうとしたのだが、そこで筆者が見たのは非常階段が何故だかドアで塞がれていて、しかも南京錠で厳重に封印されていたことである。

これじゃ非常階段の用を成していないじゃないか・・と思った筆者は携帯で写真を撮ろうと思ったところ、運悪くバーの店員に見とがめられてしまい、結局カクテル一杯だけ飲んで追い出された格好になったのだが、しかし3階の殺人現場に通じる非常階段にあんな厳重な封印をしたということは、上から何かが降りてくるのだろう・・と確信したのだ。

さて怖いものマニアで近々香港に遊びに行く予定がある方は、是非ともグランビルロード31号界隈を散策してもらいたい。おそらく横断歩道を渡った段階でそこだけ空気が違う事にすぐ気づかれるに違いないが、出来れば2階のバーに客として入り、非常階段の南京錠を抉じ開けて1つ上の階へと昇って行ってもらいたい。そこには下の写真の方がいらっしゃるはずです。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1312-fe104977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)