ワイドショーの偏向反日人士

チャンネル桜の討論番組である経済評論家が「キー局ワイドショーの7割はある下請け制作会社が作っていて、ここが偏向報道の牙城になっている!」と発言していた。今や日本のテレビ局は下請けに丸投げするようになったので、中韓両国と国内左翼はそこに的を絞って丸め込むようになったらしい。

泉放送制作株式会社、それが下請けの名前で、ホームページを見ると「あさチャン」「ひるおび」「直撃ライブグッデイ」「羽鳥慎一モーニングショー」など海外にいる筆者でも聞いたことがある番組名がずらりと並んでいる。どうも出資や資金援助、賄賂を受ける代わりにこいつらの意見に沿った番組作りをしている疑いが濃厚だというのだ。

反日勢力のメディア工作と言うと番組の内容に口出しをする、さらにCM提供企業を脅しあげて番組内容にクレームを入れさせる、パチンコなど半島系企業をスポンサーにして中韓両国に不都合なニュースを報道させない、と言った話は聞いていたが、まさか日本のワイドショーを作っているのが実質一社、それも従業員170人の零細企業とは思いもしなかった。

悔しいが誠に慧眼である。昔からあの連中は相手の弱みを見つけ出すことに長けていて、有史以来日本はそれに苦しめられてきたわけだが、まさかテレビ局の方もここまでボンクラだとは思わないから、70年安保闘争の燃えカス世代が在京キー局から消えれば少しは良くなると思っていたのだが・・どうも甘かったようだ。





しかしである。上に書いたような事があるから「なるほど!だからワイドショーは北朝鮮のミサイルと関係ない事ばかり報じているんだ!」とは誰もが100%納得できないのではないだろうか。だって親会社がフランス企業になろうが、ロシアから資材を購入しようがオレたちゃあ昔ながらのやり方を通すんだ!というのが日本人の性質である。

だから経済評論家の説明では不十分であり、それにチャンネル桜の水島社長は長年テレビ業界にいたのだし、他の論客たちも相当の手練れだから偏向報道化した本当の原因は何なのか?をとっくに知っているはずなのだが、しかし・・おそらく言えないのである。チャンネル桜でも、いやだからこそそうなのかもしれない。だから本日の日記で筆者がその答えを書くことにしたのだ。

『どちらかというと硬い番組のテレビ司会者として活躍中のSさんは、Nさんという女性歌手と障害をのりこえて結婚した人である。Nさんは現在は歌手をやめて、テレビに出ることはほとんどない』。これは本田豊という歴史ルポライターの本の一節である。このSは誰もが知っている超有名人だが、ここは一旦我慢してもう一節読んでいただきたい。

『Sさんの父親はNさんが○○出身であることを理由に大反対した。だがSさんは、『今はそのようなことは問題ではない』と宣言して、周囲の反対をおしきって結婚した。最近はテレビに出る機会もほとんどないSさんの父親は、一九七〇年ころまでは、よく主役をつとめるなど、テレビで活躍していた人である』。(続く) 






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

反日人士と言えば、かって外務省きっての反日官僚と云われた某皇太子妃の父親は、うわさでは、スイスで皇室の資金を違法に引き出そうとして当局に捕まり、現在実質的にスイス国内で軟禁状態に置かれているとのこと。
国外に出られるのは、月に一度オランダの国際司法裁判所に赴く時だけとのことです。

ネットの噂なので、どこまで本当かわかりませんが、もし本当だとすれば、皇室ヤフオク事件といい、O一家はとんでもない一族なのかもしれません。

ちと投稿した記事が古いようなので 

いや済みません。オウム記事に投稿した者です。
雨亭は張作霖の字(あざな)です。私にアウトドア技術を教えてくれた祖父が、満州国警務統局保安局に属した陸軍の特務出身でして。晩年の友には馬族のランパだった小日向白朗氏がいて、幼年期に馬族式の拳銃射撃のやり方を教わったりしました。
鉄人28号の横山光輝先生が、「狼の星座」を連載する時に、小日向先生を取材に来た。その時に射撃姿勢のモデルになったの俺なんだすね。(ちと自慢!)
ググれば解るけど、小日向先生が晩年に暮らした地域は小学生の間に私が暮らした土地で、朝鮮大学があり、何故か残留子女の中国料理店が多い。
中学で苛めにあった時に、民団系のテコンドークラブに所属してました。そこで日本人だからと苛められたのですが、まぁ全員がシゴキにあってたし……
そのうち総連系のガキ組織と衝突して、日本人なのに
代理格闘する羽目に(笑)
それで民団系には好感してたのに、親友が兵役免除特権を無視して、徴兵に応じたのに…半島の奴らは彼を苛めました!
それで朝鮮人きらいになりましたね!
親友はアメリカに渡り、IT企業に勤めて資産を作り、
白人の女性と結婚して、コリアン系とは縁を断っています。
893のフロント企業でアジアで働いたり、✈️✨を漂流してきたので、「外部からの目線」が、祖国には必用だと思います!
例えば、私の中の従姉妹は仏人と結婚したパティシエで、パリのテロに遭遇きてます。
その時に極端なイスラム排除の風邪に乗って、強硬な意見を吐いていたのですな、
フランスとクロアチアのパーフェクトである旦那が
押さえた事があります。
旦那はユーゴスラビア内乱でフランスの真跡を頼って育った男です。そのせいかかなりなリベラル。
それでもマリーヌ・ルペンの政策の方が革新的であると信じて、選挙活動を協力してました。
私の同期(自衛隊北部方面)でフランス外人部隊に入隊して、湾岸戦争にも出征したものがあります。まぁ極右に近い。
旦那とは政治的に反対する者なのに、一緒にルペンの
運動に参加してました。
つまりは、日本で報道される保守・リベラルの対立なんざ、国外には通用しない!
報道も政府もバイアスのかかった事しか言わない!
だから祖とからの四川を持つ貴兄のような発信者が必用と思うのです
私はゴリゴリの保守ですが、政治的な意見や思想はともかく、複眼で観察できる視線と現実主義が必用だと思ってます。



トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1300-8ac7ddbd