幽霊目撃譚が見抜くニセ歴史

筆者は二十代後半から外国人相手にモノを売る仕事をしてきた人間で、中でも一番多く付き合ったのは中国系、つまり香港人と台湾人、中華人民共和国民、それと東南アジア一帯と欧米に移住した華僑たちだったが、仕事話の合間にプライベートな話題になると映画や音楽など趣味の他に幽霊話をすることが多かった。

ヒュードロドロ!と出てくるオバケの話である。一神教で厳格なユダヤとプロテスタントとイスラム教徒と違い中国人は案外この手の話は信じるから、中には「実は俺の姉の家に幽霊が出るんだ!」なんてめっけものに巡り合うこともあるのだが、しかしたかが幽霊話とバカにするなかれ!実は歴史の真実を知る重要なツールでもあるからだ。

豊臣秀吉に滅ぼされた八王子城跡や関ヶ原、国内で唯一地上戦を体験した沖縄のような大勢の人間が死んだ場所ではかな~り幽霊話が多いが、実はこれ外国も同じなのだ。ソ連KGBのルビヤンカ監獄やポーランド・ワルシャワ旧市街、ナチスの絶滅収容所跡地など万単位の死者が出た場所には宇宙レベルの幽霊話で溢れているのである。

それは中国でも同じで、太平天国の乱の際に包囲されて丸ごと焼き殺された都市や文化大革命中に反党分子を虐殺した紅衛兵のアジトでは今でも実に生々しい幽霊目撃譚があるのだけれども・・・南京市にはそれが無いのである。日本軍によって30万人の中国人が虐殺されたと中国が主張するあの南京市である。





筆者は南京市の顧客(旧国営工場)を良く訪れていたのだが、工場長から調達マネージャーに品質管理主任、経理係に、お色気スナックのママや現地人向けのHなマッサージ嬢までいろんな南京市民と話をしてきたけれど、借金苦や隣の奥さんに横恋慕して首吊った商店主の幽霊の話は幾度も聞けど、日本軍に殺された人たちの幽霊話は聞いたことが無いのだ。

ふつう30万人も殺されればもの凄い怨念が南京市を渦巻いているはずであり、当然ながら南京市の市民は子供の頃に爺ちゃん婆ちゃんから恐怖の心霊話を(中国人は効果音や擬音語擬態語を巧みに駆使して表情豊かに語るのが得意)さんざん聞かされたはずなのに・・、それが見事なくらい無いのである。

南京市のあちこちには日本軍の非道を訴えるプロパガンダ展示物がさんざんあるのに、一般庶民にはその非道によって無念の死を遂げた昔の人たちの幽霊目撃譚が根付いていない・・・。ある一つの情報が社会階級の上の方にだけ偏在している場合はまずはその事実の疑うのが定番だ。

それに幽霊話と言うのは上の命令ではなく、下から湧き上がってくるものなのだ。市長やキーキーうるさい女教師がいくら「ここに幽霊が出ることにしろ!」と命令したってリアリティがなければ広がっていかないし、それにいくらサクラを雇おうとも「ここは幽霊が出ても仕方がないな・・」という土台が市民一人一人の中に共有されていなければ拡散していかないモノなのだ。





案外と幽霊目撃話がないのに、筆者が「広島のホテルでの恐怖の一夜」とウソ話を始めると皆がウンウンと頷いているのは「原爆で多くの人間が死んだ!」と言う土台が誰にもあるからだ。で、その逆のパターンが南京市になるわけだが、同じことを繰り返して申し訳ない鵜がもう一度言うと。南京で虐殺を目撃した人間は居なかった・・という事である。

南京大虐殺はあくまで上から出たプロパガンダなのだ。その根拠は市民の間に幽霊話が根付いていない事である。でもまあこういう事を書くと中国共産党は突然ねつ造を始めたり、「南京の幽霊」なんて映画をハリウッドを通じて突然作りかねないのだけれども、幽霊目撃談というのはちゃんと歴史検証に役立つのだ。

でね。中国の他にも日本の非道さを声高に叫んでいる国があって、なんでも従軍慰安婦なる可哀そうな女性たちが人間狩りにあって拘束され、そして日本軍兵士の性のはけ口にされ、最後は中国に連れていかれて大量虐殺された!と主張しているのだが、皆さん従軍慰安婦の幽霊話って聞いたことありますか?

半島の民は日本以上に霊魂の存在を信じるから「我が民は幽霊にはならないニダ!」との言い逃れは通用しないのだ。だからそれほど多くの女性陣が生き地獄と無念の死を迎えたのなら、それに見合う幽霊話が沢山あるはずだから是非とも聞かせてもらえないだろうか?。それと言っとくけど生半可な幽霊話じゃ日本人のオカルトマニアは騙せないよ!。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1296-1df43352