ラ・ウニオンまでパスポート更新の旅

一昨日のこと、筆者ら夫妻は従弟ジャネルの運転する車で一路ラ・ウニオン州のサンフェルナンド市へと向かった。出発したのは朝7時前で、グーグルマップによると片道5時間弱の旅のはずなのだが、実際に到着したのは予約時間の10分前である午後3時50分、実に9時間の旅となってしまった。

一体どうしてこんな北方の僻地まで来たのか?というと、それはこの地にあるフィリピン外務省パスポート発行オフィス(DFA)でパスポート更新手続きをするからで、たとえばアナタのフィリピン人奥方が「あら!パスポートが切れちゃうわ!」と本日7月20日に気が付いた場合、最短の予約(書類等を用意して窓口に更新申請する日)がいつになるか・・と言うと、

マニラ首都圏 10月11日午前8時
アンヘレス  10月12日午前9時半
バギオ    9月25日正午
セブ     10月30日まで空き無し、それ以降も一切見通し立たず
ダバオ    9月4日10時

になってしまうのだ・・。いかがだろう?これロスに住んでいる実母が緊急入院してしまった!なんてケースでは死に目に会う事は100%諦めたほうが良さそうな混雑ぶりである。そして女房もまさかこんな状況だとは知らずに悠長にしていたからすっかり慌ててしまったわけで、結局6月末の段階で陸路で行ける地域内で一番空いていたラ・ウニオンのDFA事務所に予約を入れたのだ。





さて女房は午後4時の組に予約を入れていたのだが、DFA事務所外の廊下に設けられたボックスには午後3時の組の連中があふれていて、思った通り作業遅れのためしばらく待てと言われてしまった。それでヒマなのでラ・ウニオンまでついてきた従妹フィリンと一緒に廊下で時間をつぶしていたのだが、同じ4時組の人達と話すと実に9割の人間は筆者ら同様マニラ首都圏の在住者である。

しかしそれにしても遅い・・。1つの組は50人くらいのユニットになっていて、ガラス越しに見える空港のチェックインカウンター風の窓口は6つあるから、仮に1人5分かかるとしても1時間に72人捌けるはず・・。ところが大人数がどんどん後へ後へとずれ込んでいるという事は、なんか中では非常に難しい作業をしているのでは?と思えてきたのだ。

「過去のデータと照合してるのかしら?」「いや、奥の部屋で面接でもしてるんじゃないか?」と話し合う筆者と従妹フィリン。やがて女房ら午後4時予約組が1時間遅れでついにDFA事務所内へと入ったのだが、ここからがまた長いらしくて、待合ボックスを警備している職員が「1時間以上かかるからアンタら下のカフェテリアに行ったほうが良いぞ」と忠告してきた。

それで従妹フィリン、従弟ジャネル、それとエド叔父さんと一緒にカフェテリアへと行き、今回女房が用意した①古いパスポート、②出生証明書(Birth Certificate)、③結婚証明書(Marriage Contract)、④無犯罪証明書(NBI国家警察発行)、⑤TINカード(BIR国家歳入庁発行)、⑥パスポート更新申請書、それと⑦予約回答のゼロックスコピー、など話をしたのだが、そこでジャネルが気になる事を言い出したのだ。





各証明書&書類に記載された住所に違いがあるのはマズいんじゃないか‥と言うのである。これは筆者ら夫妻は移住当初はリサール州タイタイ市に住んでいて、その後マニラ首都圏のパッシグ市に引っ越したという証明書発行時の住処の違い、というよりも住所変更手続きをしていない事が原因なのだが、「それは多分申請拒否されるんじゃないかな・・」と言うのである。

なんでも3年前サウジアラビアに出稼ぎに行った際に書類上の住所の違いでさんざんトラブった経験があるらしい。「フィリピン外務省(DFA)というのは役所の中で最も書類の適合性に拘るんだよ・・」と力説するジャネルの顔の表情にはかなり説得力があったが、だけどそれほど住所にこだわるのだったらマニラ首都圏民のパスポート更新をこんな北部の地方都市で受け入れてること自体なんか変じゃないか・・。

しかし筆者だってこれまでフィリピン行政システムのダメさをさんざん見てきたから、こりゃ今回はすごすご退散することになるかな・・と覚悟をしたが(次回最短の予約が取れるのはパラワン島のプエルト・プリンセサであることを確認した)、そこへ女房から「今終わったわよ!」という電話が入った。時刻は午後6時。予定からちょうど1時間遅れである。

で、一体どんな手続きをしたんだ?とカフェテリアに降りてきた女房に聞いたら、「いや、特に変わったことは無いんだけど・・」と言って説明し始める女房。なんでも最初に前述の①から⑦の書類やカードの記載漏れがないかの「書類チェック」があり、そのあと「写真撮影」と「指紋押捺(スキャナー)」、それと「サイン登録」の4つだったのだそうだ。





「住所の違いでなんか言われなかった?」と聞いたが、別になんにも言われないし、というかそれ以前に気にも留めてない様子だったわよ・・という女房。なんだよ!ジャネルの野郎め!脅かしやがって!と思ったが、しかし女房の言った「書類チェック」から「サイン」までの作業を脳内で反芻しているうちに・・・、たったそれだけ?という違和感が強まっていったのだ。

そんな簡単な作業のためだけにフィリピン人はパスポート更新をこんなに長く待っているのか?。これがパスポート本体の素材が非常に特殊な上に製造設備がぶっ壊れてしまったとか言うならまだ理解できるけれども、大学生のアルバイトでも出来そうな簡単な作業がボトルネック化しているからである・・というのは全然解せないではないか。

もしくは機密上の理由から外部の人間は臨時には雇えない!とDFAが言い張ったとしても、なら比較的空いてる地方事務所の専門職員をマニラやセブに長期出張させて混雑解消を図れば良いではないか!と筆者は怒ってきたのだが、残念ながらフィリピンのお役所には駅前のコンビニでもできる人事シフトの発想がハナから無いのが実情である。

なのでフィリピン人の奥方をお持ちの方は、年のために奥さんのパスポートの有効期限をチェックし、切り替え申請タイミングの3か月前になったら取り合えずDFAのウェブサイトで申請予約をしておくことをお勧めしたい。なおパスポート本体はDFAでの手続き後2週間と申請とは違って案外と早いタイミングで出来上がること(郵送可)も付け加えておく。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1273-f61888e3