無謀無計画な一家のビル建設

2017/07/14 12:05:55 | 日記 | コメント:1件

火災で家を失ったエスター叔母の元へ訪れた際に、弟のエド叔父さんから「あんた息子のビルのテナントにならないか?」という意味不明なお願いをされた。テナント?なにを言ってるんですか?と問い返したら、ほら、最近フィリピンに日本人が英語を学びにきてるじゃないか。だったらお前さんが学校を設立して・・とモゴモゴ話すのだ。

このエド叔父さんは酒を飲むと変な話を始める癖があって、現にこの日も筆者が持ち込んだジョニ黒をしこたま飲んで酩酊寸前だったのだが、たどたどしい説明に耳を傾けたところエド叔父さんの息子ジェン(女房の従弟にあたる)の将来にちょっと影が差し始めたことを知ったのだ。

従弟ジェンは現在筆者が住んでいるアパートの元々の保有者で、出資&勤務していた零細コールセンターが倒産して一文無しになったため借金差し押さえがしら3年前に筆者がこいつのアパートを取り上げたのだが、実はその時ちょうどジェンの女房ジュミが生家を相続することになり、ジェンは女房と娘を連れてパッシグ旧市街の一軒家へと移り住んだのだ。

そしてそこで大衆食堂を開き、夫婦一緒に朝早くから夜中まで働くことで大して金にはならないがまあ食うには困らない程度の稼ぎを得ていたのだけれども、米アリゾナ州フェニックス市に移住していたジュミの母親が夫の浮気にあきれ果ててフィリピンに帰国(その家に同居)した辺から状況がおかしくなってきたのだ。

シャブ中で頭が壊れた長女(ジュミの姉)を引き取ったために家がゴミ屋敷化してしまい、子供たちの目の前で男とセックスをおっぱじめるジャブ中姉の痴態にあきれ果てたジェン・ジュミ夫妻が家から逃げ出してしまったまでは良いけれど、厄介なのは母親が「この家を壊してビルに建て替える」と言い出したのである。





旧市街の表通りに面しているから大そうな価値になる!と思ったようなのだ。しかし筆者の目から見れば表通りと言ったって歩いているのは上半身裸の労務者と近くの公立学校の中学生、それと穴の開いた服を着た主婦くらいで、正直こんな場所では大衆食堂と零細商店くらいしか成り立たないはずなのだが、十数年アメリカにいたジェンの義母は脳内感覚がすっかりズレちゃったようなのである。

「おい!そんなの破産への近道だぞ!」と半年ほど前に筆者は従弟ジェンに念を押したのだが、義母が強硬に言い張ってる上にアリゾナ州に残った長男(ジェンの義兄)も出資するから逆らえそうにない・・と消え入るような声で答えており、それが今回帰国してみるとなんと既に銀行のローンをすでに組んでしまい、建設会社と契約まで結んでしまった様なのだ。

自己資金がいくら有るかは知らないが銀行と結んだローン金額は1100万ペソ(2500万円)である。建築面積はこれこれで建築費は一平米あたり幾らいくら・・と計算すると「まあそんなものかな」という額なのだが、しかし・・・この連中は基礎工事が始まった段階になって「誰がテナントになるの?」という現実に行き当たったらしい。

前述の通り上半身裸の男たちがうろうろ歩いているような通りに5階建てのビルを建てても、いったい誰が上層階を借りるというのだろう?。それに家賃をちゃんと払うような会社なり店がこの地域でどれほどあるのだろう。それが今ごろになって気になり始めたので「だったらあの日本人に英語学校でも開いてもらって・・」とろくでもない案を捻くり出したらしい。

お前の息子と嫁一族は阿呆か・・という言葉が思わず出かかったが、それをグッと飲みこんでエド叔父さんの話を聞く筆者。無計画というのを通り越したあまりの出鱈目さに呆れかえってしまったが、しかしフィリピン人というのは正直どいつもこいつもこんなものなのである。だいたいビルに入ったって電気やガスが来るかどうかも怪しい限りだ。当然ながらエド叔父さんの願いなど却下である。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

御無沙汰してます

2017/07/15(土) 01:09:21 | URL | oyoyo #-
私もいつも疑問に思ってたんですが、フィリピン人って計画性とかない?
ローン組んで支払えないから、金貸してくれとか当たり前ですもんね。
フィリピンのビルに投資したら儲かるとかいう日本人?の業者も居ますが
実際そちらに住まれててどうですか? 私は儲からないと信じてますけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1267-8c6f448c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)