フィリピン人家族にとって良い外国人夫とは

2017/03/28 12:15:39 | フィリピン雑学帳 | コメント:1件

パンパンガ州に住むエド叔父さんが所要でマニラに出て来たので早速我が家にお誘いすることにした。本来なら外のレストランに行きたいところだが、庶民派のエド叔父さんは「シエナ(筆者の如防の名)の手料理で酒を飲むのが一番だ」と言ってきかないので結局ウチ呑みになったのである。

しかし呑み始めて1時間もしないうちにエド叔父さんはすっかり酩酊し始め、一体何を言ってるのか音声的かつ文脈的にも聞き取りにくい状態になったのだが、そこで何故だか2軒隣に住んでいる遠縁の親戚、そこの末娘が日本人と結婚している一家の話をし始めたのである。

「あの娘の旦那はお前と同じくらいでな、奥さんは15か16歳若いんだがアンヘレスのバーで見初めたんだよ」とのっけから生臭い事を言い出すエド叔父さん。つまりゴーゴーバーの女でカネさえ出せばセックスする売春婦だったと言ってるのである。

日本人の旦那は奥さんのことを愛してるから家族のために大きな家を建ててやって、今まで掘っ立て小屋に住んでた一家は急に生活が良くなって、兄と弟一家もそこに住み込んで車も2台買ってもらったんだ・・とここまではフィリピンじゃ良く聞く話である。

ところが・・。その家に血縁の無い下宿人が一人いてな・・という辺りから話がおかしくなってきたのだ。そいつは誰ですか?と聞くと、エド叔父さんはニヤッと笑って娘(つまり日本人のフィリピン人妻)の恋人だよ・・と言い出したのである。





一つ屋根の下で旦那と愛人が暮らしているのか?と聞いたら、いやいや旦那は日本で働いているから家で娘とベッドを共にしてるのはその恋人だけなんだ・・と凄い話をし始める。だけどその娘の両親や兄弟たちは何でそんな事態を放置しているのか!と聞いたら、そこでエド叔父さんは筆者質問には答えずにこう言ったのだ。

「ノーウェイ、ビコーズ ジャパニーズ ハズバンド ラヴ ワイフ ベリーベリーベリーベリー マッチ(仕方が無いだろ。だって日本人の旦那は女房をとてもとてもとて~も愛してるんだから)」

すでに相当酩酊し始めていたのでエド叔父さんが言いたいことは推測するしかないが、つまり一家にとって日本人の旦那は単なる金づるなだけであり、若い妻を貰ったんだから女房が愛人を持って同居するのも大目に見るべきである!娘に惚れた日本人はそれを受け入れるべきなんだ!と言う事らしい。

ちなみにこの日本人との旦那との間には子供が一人いるのだが、この子の父親が果たして日本人なのか?あるいはフィリピン人の恋人なのかは神のみぞ知るだそうである。全くその日本人は誠に気の毒としか言いようがないが、しかし日本でモテない男はまず絶対に外国でもモテないという厳然たる事実に気が付かなかった罰とも言える。

翌日ひどい二日酔いに悩まされたエド叔父さんに「隣人の娘の事だけど・・」と聞いたら非常にまずそうな表情をして「今度うちに来た時に娘に変な事言うなよ」と釘を刺してきた。まあ本人には言わないけど、フィリピン人の醜い現実を伝えた方が良いかな・・と思い日記に書いてしまいました。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2017/03/29(水) 11:18:48 | URL | oyoyo #-
何も知らない日本人のオヤジをセブとかに移住を誘ってるブログとか
フィリピーナの良い面しか書いてませんもんね、家族愛がどうだらこうだら。

奴らの家族愛の為に、何も知らない日本人のオヤジは金づる状態とか多いね。
誰かが病気でもしたら、これ幸いとばかりに日本人絡みの所に泣きついてくる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1251-535cb9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)