スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無頓着な男

先日フィリピンの臓器売買の日記を書いたので、ついでに今から30年ほど前同じゼミにいた星野君の怖いアルバイトについて書きたい。彼は期待に胸を膨らませて故郷富山県から東京に出てきたものの、如何せん実家が貧乏ゆえ当時の平均的仕送り額の半分も貰えず、それならバイトに精を出せば良いものを根がグータラなため、いつもピーピーしている貧乏学生であった。

さらにバクチ好きが昂じて入学後半年でフリー雀荘に入り浸る様になり、当時の貧乏学生が良くやった丸井カードのキャッシングを繰り返し続けた結果として性質の悪い学生ローンに手を出し、多重債務者への道をまっしぐらに進んでいたのだが、ある時久しぶりにゼミに姿を現した星野君の姿を見て一同騒然となったのだ。

赤い斑点が顔中に出来ているのだ。遠目に見るとニキビのようにも見えるが、20歳を超えているからそんなはずも無いし、それに初夏だったのになぜだか長袖のシャツを着ているのである・・。それで教授の講義を聞いている間中「星野はシャブに手を出したな」と筆者は思っていたのだ。

その半年前にヒッピーの聖地インド・ゴアのアンジュナビーチで1か月間ラリパッパな生活をしていたおかげで筆者は薬物中毒者の特徴がある程度判ったのである。それでゼミが終わった後に他のゼミ生と一緒になって星野君を問い詰めたところ、いやいや違うよ、オレは投薬実験のバイトをしているんだ・・と白状したのだ。





ひょっとして鳳仙診療所か?と顔を見合わせる筆者ら問い詰めグループ。このクリニックは日刊アルバイトニュースに「日給3万円」「お気楽に稼げます」「即日対応OK」という謳い文句で募集をかけているが、一度フォーカスかフライデーで恐怖の片鱗が暴露され「あそこに行ったら人生お終い!」と誰からも恐れられていたのだ。

驚愕した半面興味津々の筆者らは一体どういうことをされたのか?と星野君に聞いたところ、診療所の受付で「なにが起ころうとも訴えません」という書類に捺印させられた後で奇妙な錠剤を飲まされ、後は頻繁に血を抜かれたり血圧や脈拍を調べられたけれども後はベッドの上に寝てるだけなんだ・・と何でもないような口調で言う。

お前それヤバいんじゃないか・・と言ったが、星野君は「大丈夫だよ、オレの前に犬や猫で実験して大丈夫だったんだから」とちょっと常人の理解の及ばぬ返事をする。それに星野君はすでに投薬実験で生計を立てるようになって久しいらしく今さら止めても遅かったし、他に借金を返せる術があるわけではない・・。

こいつに何を言っても無駄かも・・と思った筆者らは星野君にもっとマトモなバイトに切り替えるよう説得するのを止めてしまい、その後もゼミで会うたびに彼がフラフラしているのを見かけることになったのだが(売血に手を出していたのかもしれない)、ある時彼が「いてて!」といってシャツをめくると脇腹の位置に真っ赤な脱脂綿が見えた時にギョッ!となったのだ。





「自分で抜糸をしたのがまずかった」と言う星野君。抜糸って?おまえ手術でもしたの?それを自分で抜いた?と一体どこから質問して良いのか判らなかったが、ゼミ生全員は口では「あいつ新しい縫合糸の実験でも受けたのだろう」という処で留まったが、当然ながら頭の中では「奴は禁忌の領域に足を踏み入れたのでは・・」という疑念で一杯だったのである。

その後筆者はタイに2か月ほど旅行に行ってしまったのだが、後でゼミの友人に聞いたところ星野君の「人口骨折って指より腕、さらに足だといい金になるらしいんだけど、しばらぅ拘束されるらしいんだ」という話を聞いて全員凍り付くとともに、コイツはもう遠くへ行ってしまったんだな・・と思ったそうである。

さて当時の日本はバブルの真最中で大変景気が良く、大学より雀荘にいる方が遥かに長かった星野君と言えども一部上場企業くらいは簡単に内定を戴けたのだが、なぜだか彼は故郷の富山石油とかいうしょぼい会社に就職を決めてしまい、そして卒業コンパ以降まったく音沙汰が判らなくなってしまったのだ。

さて星野徹(ほしの・とおる)君、こういう表現は失礼だがキミは昔から自身の身体だけでなく人生設計もかなりぞんざいな所があったが、今は奥さんと子供に囲まれて故郷高岡市で幸せに暮らしているのだろうか?もしもキミがこの日記を読んでいるようなら近況を知らせて欲しい。それとももう角膜を売ってしまったかね?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

星野君、お元気ですか? 

若い頃の人体実験まがいのアルバイトのせいで、副作用や後遺症に悩まされていなければいいですね。

もしかしたら、自分の肉体を粗末にしたことを後悔して今ではすっかり健康オタクに変身、体を大切にしながら幸せに暮らしているかもしれませんね。

 

高岡市ではないですが、
富山市に同姓同名の方がいらっしゃるようですね。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1237-54e0ec47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。