冷や汗たら~りな団体

2017/03/07 12:45:23 | ニュース | コメント:1件

テレビ番組「そこまで言って委員会」を動画サイトを見ていたら、資金が乏しいにも関わらず大阪・森友学園が学校法人の認可を受け、さらに国有地を格安で払い下げられたのは「政治家でもヤクザでもないもう一つの勢力が背後にいるからだ」という発言が出て来た。

興味深い話である。筆者はずっと海外にいる身だが、こういう日本の闇みたいな話が好きなのでじっと成り行きを伺っていたのだが、前述の発言をした須田慎一郎と末延吉正の2人のコメンテーターが番組中で以下のようなヒントを残してくれたのだ。

① その勢力は弱者の立場を使って恫喝してくる
② 土地代8億円値引きは単純に補助金と考えた方が良い
③ 大阪独自の政治風土に関係している
④ その勢力から今まで逮捕者が出た事は無い

すごく興味深い話である。筆者は一橋文哉の「闇に消えた怪人」や「赤報隊の真実」を読んでからというもの、「こいつらに触れたら死ぬ!」と言われる組織を調べたりするのが好きなのだ。(もともと心霊マニアなので、猟奇殺人事件や危険ウィルス同様に「怖い」系の延長として楽しんでいるのである)。





「弱者の立場を・・恫喝」となると誰もの頭に浮かぶのは2つのマイノリティー集団である。なるほど、日本会議なんて釈迦からイワシの頭までてんでバラバラな信仰を持つ烏合の衆よりもマイノリティーに辿りつくほうが自然だな・・と何だか胸のつかえがストンと落ちたのだ。

それでその種の団体をいくつかWORDに書き込んでいったのだが、この学園が児童に教育勅語を読ませたり、韓国と中国の悪口を言わせたり、また安倍総理夫妻を賛美していることからも、もともと社会党の支持基盤でバリバリの左派の最大団体は一旦は除外して良さそうである。

となると残るのは右の方・・。まず半島系だと大韓居留民団と統一教会系の勝共連合である。奇しくも森友学園の舞台となった大阪市淀川区や豊中市は30年前に世間を賑わせた許永中の地元であり、あんまり知られていないが民団は朝鮮総連と大して変わらない利権・略取のゴロツキ悪党揃いの団体だ。

それと街宣右翼の元締めだった勝共連合の凋落と期を合わせるように日本会議が日本国内では勃興しているから、筆者はこの両組織は末端では重なっているのではないか?と思っているのだが、今回の森友疑惑では何かと日本会議の名が取りざたされるから背後にいるのは「半島右派である」と言えなくもない。





さてもう一方のマイノリティーである日本の〇〇の右派を調べてみたら、出てきたのは政府の交渉団体として認められた三大団体の一つとそこの源流であるもう一つの団体・・・。これを見た瞬間に筆者はある閃きが脳内をビビビッと走るとともに「こりゃ相当ヤバいぞ・・」と思わず呟いてしまったのである。

世間の厳しい批判にさらされて続けた同マイノリティーの左派団体と違い、この両右派団体は長いこと自民党の庇護下にあったため体質が温存されており、特に片方の団体は80年代に社会問題になったエセ○○の元締めだった上に、前述のグリコ森永事件と赤報隊事件にも深く関与していると噂されているのだ。

たしかにこの2つの団体なら国会議員や地方議員に脅しをかけるのが仕事みたいなもんだし、役人にゴリ押ししてタダで土地や補助金せしめるのはお手の物だよな・・と納得してしまう筆者。そして前述の①から④と照らし合わせると全部当てはまるのは半島系右派ではなくてこっちの方なんだよね・・。

もちろん実は創価学会が黒幕だった・・という可能性も残されているが、筆者は何となくこの2つの団体が・・と日記を続けようと思ったのだけれども、しかしここを突くと本当に危なそうなので中途半端なままだが一旦筆をおくことにしました。なお知人の新聞記者が呟いた「一番ヤバいのは左じゃなく右だよ」という一言が妙なリアル感を持って脳裏に蘇ってきました、ハイ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

2017/03/07(火) 23:48:34 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1230-5fbf3fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)