素人推理ドラマ「金正男暗殺事件」

金正男暗殺事件に関して各メディアは「北朝鮮による犯行」「金正恩の指令によるもの」「猛毒VXガスを使用したらしい」といったトーンで報道しているが、動画サイトにアップされた犯行の一部始終を映したビデオを見た筆者は「この事件はますます変だな」という思いを強くしてしまった。

現在マレーシアに拘束中のベトナム人の女(LOLシャツの女)は「手袋に液体を縫って金正男の顔に塗りつけた」と自供しているが、犯行時にこの女だって呼吸をしているのだからVXのような猛毒ガスなら影響を受けないはずはないし、手袋の着脱手順を考えれば如何なる毒でもこの女に少しは付着したはずだから、今ごろピンピンしているはずがない。

それと襲撃を受けた金正男がインフォメーションカウンターで自身の異常を訴え、職員の案内で空港内のクリニックへ向かうシーンでは案外しっかりした足取りで歩いているのも変だ。VXなりサリンなり猛毒を直接体に塗りこめられたのなら数分後にこんな動きは出来ないはずである。

その後テレビ画面は金正男がクリニック内で容態が急変し担架に乗せられて病院へ移送中に死んだという事になっているのだが、なんかこの一連のシーンを見ていても心にストンと落ちた感じしないのである。監視カメラがあちこちにある空港での暗殺、女たちは前日に同じ服装で予行演習をしていた、犯行後タクシーで逃げた・・。この事件とにかく変だ。





で・・自分がテレビ局のディレクターで、こういう事件をテーマに2時間ドラマを作れ!と上司から命じられたらどういう筋書きにするか?を考えてみたのである。奇をてらった架空ドラマだから「北朝鮮による計画的な犯行」という設定は無しだ。だとするとどういう発端にするか・・。そうだね、まず二人の女を雇ったのは金正男自身だった!というのはどうだろう。

金正男の目的は自分が死んだこと!にすることである。そのため監視カメラがあちこちにある空港をわざわざ選んで暗殺劇を実行したのだ。そして自称ネットアイドルのバカなベトナム人と水商売のインドネシア女はパートナーを使って雇い、どっきりカメラと偽って自分を襲撃させるのだが、手袋に塗りたくったのはVXガスならぬ辛子ソースか何かである。

そして本物の死体を一つ用意する。マカオで使っていた影武者を別の場所で毒殺し、空港クリニックの中にあらかじめ死体は運んでおくのだ。そこへ偽装襲撃を受けた本物の金正男が入って来て入れ替わり、影武者の死体が運ばれた後もクリニックにしばらくとどまって閉鎖直前にその場を立ち去る・・という筋書きだ。

空港にいた北朝鮮人のうちドバイ経由で逃げた4人は本物の監視員だが、逮捕された一人は工作員でもなんでもなく金正男のパートナーであり、こいつが二人の女と空港クリニックのスタッフを買収した・・という筋書きなのだが、でもこれだと北朝鮮は自分たちが殺したわけじゃないから金正男の死に疑いを持つし、それに死体のDNA鑑定でもされればバレちゃうよな・・。





ではこういう別のシナリオはどうだろう。金正男は事件の前日なり前々日に腹上死とか肥満による心筋梗塞によってクアラルンプールで自然死してしまった。それで葬儀屋を呼んで埋葬準備をしようとしていた時に事態を聞きつけた韓国なりアメリカの情報機関はこの死を暗殺劇に塗り替えることによって北朝鮮のイメージダウンを図ることにしたのだ。

死体を冷蔵庫に長らく保存するのも限界があるから暗殺劇は死後24時間とか48時間以内と急がなければならない。それで二人の女を使って前述の辛子ソースを金正男によく似た男に塗りたくり、クリニックに予め運び込んでいた本物の死体を今度は運び出す。逮捕された北朝鮮人はキムジョンナムのパートナーではなく西側に寝返った工作員だった・・という筋書きだ。

うーん・・。でも韓国やアメリカの情報機関ならいくら急いでいたとはいえもうちょっとマトモな暗殺者を雇うはずだよな・・。それにベトナム人の女って自分が英語を喋ってるだけの意味のない動画をユーチューブに何本もアップしてたりとか、なんか頭の中に変な波長が流れてそうなんだよね。こういうのを襲撃に雇う個人なり組織って相当ダメそうな気もするよな。

ということで事件の本筋を推理しるためには今後マレーシア警察の公式発表を待つしかないが、現時点では巧いシナリオが作れません。でも金正男ってユーモアを解するし人間的には良さそうな人だから出来れば死んでなんかなくて、今ごろバンコクだかホーチミンで生き延びていてほしいね。みんなそういうエンディングを望んでるんでしょ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1216-7f39ee27