スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本贔屓になった図々しい一家

日本旅行に行っていたテレサが我が家にやって来た。余った円を買ってくれ!という図々しい申し出だが(コイン込み。なおこの円は出発前に筆者から買ったもので売り買い同じレートである)、まあ日曜でヒマだから連中の土産話でも聴くことにするか・・という事で受け入れたのである。

さてソファに座ったテレサと娘はなんかテンションが低いので、寒い日本で風邪にでも罹ったのか?と聞いたところ、これが日本旅行にいた2週間が余りにも楽しすぎたため、その反動から帰国して以来ドヨ~ンと気が滅入っているのだそうだ。

へえ日本がねえ・・と思ったが、テレサによると今まで香港とシンガポール、韓国に行ったことがあるが、日本はそれとは別格の素晴らしい国、何も食っても美味いグルメ大国、外国人に対しても大変フレンドリーな国で、一家三人全員が「次に旅行するのは何を置いても日本である」と意見一致をみたそうなのだ。

それでさっきから石仏のように黙っている娘にキミは日本の何処が好きなのか?と聞いたら「オーサカ!」と答えた。やっぱりな・・俺の周りにいた香港人や台湾人、中国人たちも最初は東京を訪れるけれども、一旦関西地方に足を運ぶやこっちに病みつきになり、道頓堀や心斎橋の回遊魚になってしまうのである。

それからユニバーサルスタジオや大阪名物タコ焼きなんかの話をし続けるのだが、しかしテレサがため息交じりに「アタシも旦那も仕事があるから日本に行くのは来年までお預けなのよ」と言う。旦那はTシャツ業者としてそこそこ儲けてるし、テレサも町役場の主任なのでネックはカネではなく時間なようである。





そこへ女房が「今度行くなら2月なんて寒い時期じゃなくて4月か10月がいいわよ!特に4月の桜のシーズンは・・」などと話し始めてしまい、「アタシ達は今年も4月から6月にかけて大阪エリアに滞在するのよ」と余計な事を言った時に・・、テレサと石物のように無表情な娘の顔になんかチカッ!と豆電球の輝きが見て取れたのだ。

その輝きに気が付かない女房は過去滞在した大阪・松屋町と京都三条通り沿いのウィークリーマンションの広さや値段なんか話しはじめたら・・・、テレサの表情に先ほどよりも大きいサイズの電球がチカッ!と光るのが見て取れた。その瞬間筆者はこの女が腹の中で何を考えているのか察知したのである。

しかしこのテレサは用件をなかなか切り出さず、未成年だけでビザの申請が出来るのか?とか、両親や兄弟ではなく叔母や従姉が同行した場合は日本国内の保証人は必要なのか?その場合は何日くらい滞在許可が出るのか?と遠回りな質問をしてくるので、悪いがオレは日本大使館員じゃないから旅行代理店に聞いてくれ!と答えておいたのだ。

ふ~ん・・と何かを思いついた表情のまま帰路につくテレサ・・。そして筆者ら夫妻は顔を見合わせて「あの様子だと娘と親戚の誰かを連れてってくれ!って言い出すぞ!」とハモってしまったのだ。テレサと旦那は来年まで休みが取れなくても娘だけは4月から夏休みに入るから、大学生の姪とか離婚してヒマにしてる妹なんか同行させればいいや!と考えているに違いない。

だけどまだ12~3歳の娘を外国に送り出すかしら?と女房は疑問を呈したが、普通の家庭ならそうだろうが、何から何までおんぶにダッコなあの一家の超感覚から考えるとそう切り出してもおかしくない・・。それで女房にはとりあえずテレサとは没交渉にしておけ!と命じたのだが、最悪の場合は目的地をタイに変えるかな・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

関西はフィリピン人に適合する 

関西人のノリがフィリピン人の波長に合うんでしょ。
USJとかホント好きですからね、まあ金を落としてくれれば良し。

あっぱれ、テレサファミリー! 

日本を気に入ってくれたのは嬉しいことですが、筆者さん御夫妻にとっては厄介な展開になりそうな気配ですね。

どうぞ毅然とした態度で災いを振り払ってください。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1215-0e0cd1f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。