長いフィリピンのドラマ

筆者ら夫妻は夜8時頃にテレビを観ながら夕食を摂るのだが、フィリピンに移住して4年経過して今さらながら思うのはフィリピンのドラマの長さである。例えば現在ABS-CBNチャンネルでは「PROBINSYANO」という刑事ドラマを放映しているのだが、これ週一ではなく土日を除く平日は毎晩放映で、現在までなんと1年半続いているのだ。

水戸黄門みたいに一話完結ならともかく連続ドラマで、一昨年の秋ごろは主人公の真面目な刑事が亡くなった双子の兄の未亡人と惹かれ合ってとか、美人女優マハ・サルバドール演じる同僚刑事とのロマンスが・・なんて話だったのが、それが1年以上経過した現在は刑事はセブ島に逃亡中の身となり、セブの麻薬王の愛人サム・ピントと・・というストーリーに変化しているのである。





それから登場人物がやけに多く、昨年までは良き上司だった中年警官がいつの間にか敵役になっていたり、端役のあんまり重要そうでない人物にスポットが当てられる回があったりと段々と枝葉が広がっていき、タガログ語が判らない筆者には訳が分からなくなっていくのだが、毎回視聴率が40%近く稼げる事からテレビ局はさらなる延長を検討中なのだそうだ。

しかし長いのは何もこの番組に限った話ではなく、4年前フィリピンに来た時に放映されていたジョディ・サンタマリア主演の「ビー・ケアフル・ウィズ・マイ・ハート」という恋愛ドラマなど園長に延長を重ねて実に2年5カ月、合計621回のロングランとなり、筆者は観なかったが最後は映画化までされてこれも大ヒットしたらしい。





それに最近スタートした子供の心臓移植手術ドラマも従姉妹フィリンによると一体いつ終わるのかはさっぱり判らないというし、女優ベア・アロンゾ主演の恋愛ドラマ「A LOVE TO LAST」なる番組も名前とは裏腹に「これは長くなりそうだぞ」と予感させるものがあるのだ。

筆者がいた香港にもその昔「真情」というウルトラ級に長い家族ドラマがあって、これは4年半、合計1128回も続いたためか登場人物が100人にも膨れ上がってしまい、最後の方は視聴者が画面を見ても「あれ?こいつ誰だっけ?」などとなってしまったため、最後は尻切れトンボみたいな形で終わってしまったのだ。





テレビドラマに限らず何かを作る時には入口と出口をまず最初に設定し、そこから本体の肉付けをしていくはずなのだが、ことフィリピンに関しては国民性を反映してかこういう基本的な設計が出来ず、もしくは有っても視聴率が稼げたら基本ストーリーなど捻じ曲げても出口を延長する!というスタンスらしい。

「おい、この刑事ドラマいつい終わるんだ?」と聞いても女房とフィリンは黙ったまま・・。となるとこの刑事は今度はミンダナオにでも逃げるのか?それとも一旦は解決するがまた別の問題が持ち上がって地底にでも逃げるのか?この逃亡者と謎の美女ってプロットは汎用性があるから3年後もまだ継続していて、登場人物が増えて余りに何だか複雑になってしまい、テレビ画面を見た筆者は「この主人公の職業ってもともと何だったっけ?」などと女房と話してたりして・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1214-a5d72ff8