スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人に狙いを付けた女詐欺師

義父の72歳の誕生祝いにリサール州の田舎へ帰っていた女房がちょっと気になる話を幼馴染から仕入れて来た。以前の日記でも何度か書いた女詐欺師ジュディーが先月突然と出稼ぎ先のカンボジアから帰国して初孫祝いの食事会を開催したが、その際に気になる発言をしたと言うのである。

このジュディーはカンボジアの英会話学校で働いてはいるものの、息子の嫁の出産費用が払えずに3か月間しらばっくれていた無責任人間であり、結局費用は全額嫁の実家に押し付けた格好になったのだが、パーティーにお呼ばれした幼馴染が「あんた羽振りが良くなったの?」と聞いたら「日本人のパートナーが出来たのだ」と鼻高々に答えたというのだ。

奨学金を経て教育大学に進んで教師になったものの、その余りの給料の安さから14年前に香港に出稼ぎ家政婦としてやってきたのだが、ある時カナダ移住を夢見たことが転落のきっかけとなってしまった。悪徳エージェントに騙されて金を巻き上げられてしまったのだが、その金はなんと筆者の女房からの借金で賄っていたのだ。





借りた金を踏み倒して逃げたため、女房はジュディーの母親の土地を差し押さえて何とか全額回収したのだけれども、ジュディーは香港の仕事を斡旋すると言ってリサール州の隣人たちからカネを集め、そしてトンズラしたのだ。たった1年で自分を騙した悪徳エージェントと同じ詐欺師へと転落したのである。

香港・フィリピンからトンズラしてベトナムに逃げ込んでも同僚からカネを騙しとるなど悪事がだんだん常習化していき、現在はカンボジアに移動してある怪しげな英会話学校でディレクターなる地位についているようなのだけれども、前述の通りジュディーは初孫の出産費用も払えないスカンピン、あるいは金があっても払う気のない人格異常者なのである。

そのジュディーが突然フィリピンに帰ってきた・・。これだけで何やら怪しい話なのに「日本人のパートナーが出来た」というのは非常に気になる話である。それで女房と幼馴染たちが首を揃えて話し合ったところ、ジュディーはフィリピンに会社登記に来たのではないか?と言うのだ。





「ジュディは一応表向きは英語教師として働いてるでしょ。だから仕事で日本人と出会う可能性は十分あるし、フィリピンと言えば英語学校やネット英会話学校が有名じゃない。たぶんその日本人に共同で英会話学校を経営しようとか、今ある学校を箱モノごと買収しよう!って持ち掛けたんじゃないかしら?」

教育を受けた人間特有の丁寧な物腰と実直そうで地味な雰囲気。誰でも「この女は真面目な人間だ」という第一印象を誰もが持つだろう。しかし外見とは裏腹に本当のジュディーは他人の良心や生命を飲み込んで消化する単純機構の食虫生物なのだ。彼女の頭の中は自分の事だけで一杯で彼女の夫や子供、孫でさえ存在してないのである。

ジュディー・カストロ、あるいはジュディー・ベンディタハンという45歳のフィリピン女と組んでビジネスを始めようとしている日本人に言いたい。彼女が語る共同会社は単に紙の上で存在しているだけで、建物や教師、机やボールペンの一本まで何もかも虚構である。彼女が提示したビジネスプランは実はアナタから何もかも奪い去る計画でしかないのだ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

日本人はチョロい 

フィリピンじゃなくて、カンボジアが舞台というのが手が込んでるね。
大体がだ、英語の書類が理解できないような日本人がコロっと騙される。

 

署名欄に突っ込みが無いのは何故wwww

 

まだ44歳?
まあ、どっちでもよいですが

結構居そうな感じ・・・? 

初めまして、 あれっ、前に書き込んだかな・・・?
騙される方が悪い・・・。っとは言いたく無いない
ですが、ショウガナイですね・・・。 笑)

またお邪魔します。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1210-e22242e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。