スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級ブランドの産地偽装

毎年9月に香港で大きな交易展示会があって、このミンフン社も3コマのブースを確保して出展しているのだが、ふつうどの会社もアイキャッチのためブースの外にショーケースを並べて、デジタルカメラ付きとか液晶パネルが七色に発光する時計をこれでもか!というくらい並べているのに、ミンフン社だけは何もないのだ。

ショーケースに商品が置いてないのではなくブースの四方八方にショーケース自体が無いのである。それはまるで巨大な段ボール箱が一個ボン!と置かれている様な見てくれで、外壁に「ミンフン」と書かれたロゴが辛うじて見つけられるのと出入り口が1つあるだけで、紺のスーツを着た白人がそそくさ出入りする時以外は入口は固く閉じられているのである。

言っておくがアジアの展示会とは言え3コマの出展なら600万円くらい費用が掛かるのである。それで最初から新規の顧客を掴む気が無いのなら会場の上にあるグランドハイアットホテルのスイートルームでも借りて、そこで既存のお客と商談をすれば良いのに、一体この会社は何を目的にこんな不気味なブースを立てているのか?と訝っていたのだ。

それでミンフン社のオフィスに出向いた際には相手の口から何処の会社と取引をしているのか?を聞き出そうとしたものの、これが信じられないくらい口が堅く(ふつう香港人はこっちが何も聞いても無いのに自分がどの国相手に商売しているのかベラベラ話し出すものである)、何を聞いてもはぐらかすのである。外部機関の調査報告書を入手しても財務状況が大変よろしい以外は何一つ尻尾がつかめない。





ミンフン社のオフィスには数十人の開発スタッフ、しかも工業製品の場合だと価格帯が上がるにつれて人数が増えていくデザイナーがかなりいるから相当有名な客先を掴んでいるはずなのだ。それで変だなあ・・と思っていたのだが、ある時液晶パネルの外観不良という品質問題が発生していまい、運良く担当者が海外出張中だったためピンチヒッターとして筆者がミンフン社の中国工場へと出向いたのである。

液晶の外観不良と言うのは主観的な面が大きいため「ここまでは不良でこれ以上は良品」の判定調整が難航したのと、さらに彼らの工員たちを借りての検品作業を指揮しなければならなくなったため三日三晩泊まり込みとなってしまったのだが、ある時筆者とタッグを組んでいたミンフン社の女主任が「この状態でも不良認定になるのか?」と言ってこれまで見せなかった完成体の時計を持ってきたのだ。

そこに書かれてあったロゴはS◆ATCH・・・。当時世界で最もファッショナブルなスイス製時計と言われ、一日を千分割したインターネットタイムを売り出していたあの超有名ブランドだったのである。なおこの会社はスイス最大の時計会社として上はブ◆ゲ、◆MEGAからLONG◆NE、RAD◆,ブラ◆パンなど十幾つものブランドを抱えたスイス最大の時計企業でもあるのだ。

S◆ATCHが中国・深センの工場で作られている・・。もちろん最初は「これはニセモノだ」と思ったが、しかし彼らが買う水晶振動子(時計1個に1つ必要)の数は毎月百万個単位とあまりにも膨大な量だから、これがニセモノならとっくの昔に大きな訴訟になっているはずだ。それにその時女主任に見せてもらった時計とは数週間後のプレスリリースで再会したのだ。その時点では未発表の新モデル・・、つまりこの工場は本物を作っていたのである。





その後親しくなった日本の時計メーカーの技術者に聞いたのだが、パ◆ック・フィリップやロレッ◆スなど100万円を超えるようなブランドは今でも全ての部品をスイス製に厳選しているが、オ◆ガ、タグ・ホ◆ヤー辺りから中国部品が少しずつ入りはじめ(フランスやイタリア産部品はもっと多いらしい)、ロン◆ンだと半分近くは中国部品となり、それ以下はそもそもスイス国内で最終組み立てさえしていないというのである。

ちなみにスイス時計業界が外国から安い部品を仕入れるのは何も今に始まった事ではなく、この老技術者が東北の原発が吹っ飛んだ県のメーカーに就職した時には既にロン◆ンやゼ◆ス、レイ◆ンド・ヴェイルといった会社の担当者が買い付けに来ていたし、日本から直接スイスに売ると商流で足が付くから、間にイタリアやドイツ、フランスのダミー会社を通していたのだそうだ。

日本円の価値が上がってアジア各地から調達し始めたのと同じように、スイスだって人件費の高騰でにっちもさッちも行かなくなったから安い国から調達するのは理解できるが、日本の場合はそのコストダウンを小売単価に反映しているのに対し、スイスは「伝統工芸のマイスターの技」などとウソを言って寧ろ価格を釣り上げて来たのだ。それを有難がって大枚を払うおバカさんが世界中にいるのだから、スイス人はさぞかし笑いが止まらないだろう。

デパートの時計売り場や専門店に行くと「一生もののスイス時計は如何ですか!」などと売り込みをかけられるが、当然ながらこの事を知って以降は心の中で悪態をつくようになり、ただいま筆者の腕を飾っているのは国産の機械式で、これはオーバーホールしなくてもすこぶる調子がよろしいのでずっと重宝しているのだ。なおこの国産時計の社員は「実は部品の大半はウチの中国直営工場で作っておりまして・・」と申し訳なさそうな表情で白状していたことも併せてご報告しておく。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

イタリアのブランド品も同じ 

向こうのブランド品も中国人の出稼ぎ労働者が作ってました。
時計だけじゃなくて、あらゆる家電品も怪しいですよ。
タイ製のキャノンのプリンター、メイン基板は中国製だったり。
ソニーの製品もバラしてみたら、メカは朝鮮製サム損だったりします。

 

http://www.swatchgroup.com/en/

ですか。あの時計、スイス製品だったのですか?てっきり、韓国、中国、台湾、香港あたりのメーカーだと思っていました。(汗)

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1182-9e73e3c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。