スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクレレを奏でる隣人

つい先日の日記で近所のLPガス業者でボヤが発生し、30分後に積んであったガスボンベに引火して大爆発を起こした一件を書いたが、死亡事故となった悲惨な一幕の中にも思わず爆笑してしまう出来事があったので大変不謹慎ながら今日の日記としたい。

筆者のアパートの隣には老夫婦が住んでいて、この家の爺さんはボケが回っているのか朝から晩まで廊下をウロウロ歩き回るし、とてつもなく臭い料理を朝と晩に作るので筆者ら夫妻は「お前ら早く出ていけ!」と陰ながら願っているのだが、この隣人もクリスマス前からちょっと変わった事になっているのだ。

若い娘さん二人をよく見かけるようになったのである。最初は家政婦を雇ったのかな?と思ったのだが、女房が見た感じではどうも孫娘が田舎から単に遊びに来ているのか、職探しではないか?というのである。(なお筆者ら夫妻はこの老夫婦と言葉を交わすことも無く、方言がきつくて漏れ聞こえる会話も解読不能のままでいるから想像するしかないのだ)。





この若い娘たちは音楽をガンガン鳴らすとかキャーキャー騒ぐようなことも無いのだが、ただ一点不思議なのは深夜になるとウクレレの音がかすかに漏れ聞こえてくるようになったのだ。あの牧伸二が「あ~♪嫌になっちゃうな♪」という唄と共に弾いていた弦楽器のウクレレである。これを随分と長い時間かけて弾いているのだ。

あの娘たちの田舎じゃウクレレ弾くのが習慣なのか?それとも常磐ハワイアンセンターみたいな施設で職を得ようと練習してるのかな?などと想像していたのだが、音がそれほどうるさくないのと何より若い娘さんだから腹は立たない。それで松明の火に照らされたビーチで長い髪の乙女がウクレレを弾いている光景など想像していたのだ。

そのウクレレのかすかなメロディーと筆者が大好きな怪談、それとサイレンの音を聞いている最中で例のガス爆発事故が発生したのだ。爆発音がズドドドドーン!と押し寄せて来たのにびっくりした筆者はドアを開けて別の隣人らと「今のはなんだ!」と話し始めたのだが、そのとき隣の部屋のドアが開いて「&%#*@?」という声が聞こえた。





振り向くとドアから顔を出して不安そうな表情で話しかけているのはボケジジイでも婆さんでもうら若き長い髪の二人の孫娘でもなく、40歳くらいの小太りでチリチリ頭のオヤジで(どうも孫娘の父親らしい)、その男をよく見ると・・・。月亭可朝にそっくりだったのだ。

ギターを手に「ボインは~♪赤ちゃんが吸うためにあるんやで~♫」と歌っていたあの懐かしの関西芸人である。その瞬間にウクレレを真夜中に弾いていたのはコイツだ!と確信するとともに、思わず笑いがこみあげて来て必死にガス漏れならぬ笑い漏れを耐え続けたのだ。

なおこの日記を読んでもちっとも面白くないだろうが、これは筆者の表現力乏しさからくるものであり、もしもアナタが夜中のウクレレ音を聞きながら南方の島のロマンチックな習慣をあれこれ想像し続けるところから経験されたのなら間違いなく大爆笑するであろうことを確約いたします。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

フィリピンでは流行ってる? 

マニラの知り合いのフェイスブック眺めてたら
サントトーマスのドラム科出てるのが、ウクレレ弾いてて
時々、ギターとアンサンブルとか組んでやってるみたいです。
多分、幾ばくかのギャラを稼いでるんだろうけど、流行ってるのかも?

 

その、二人の女性は、どこに消えたのですか?

 

・流行ってるのかも?→そうなんですか。それは全然知りませんでした。
・2人の娘の行方→一緒に住んでますよ。月亭可朝だけ働いていて夜だけ帰ってきてるようです。

セブの日本人も習ってます 

さっき、セブのブログ眺めてたら、こんなブログがありました。

http://blog.livedoor.jp/masakamei/archives/1063791244.html

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1180-13f1ebf8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。