スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤に絡みつかれた高貴な一族

蘇我入鹿を殺害した乙巳の変(645年)あたりの朝鮮半島の情勢を見ると、アジア随一の大国である唐と朝鮮半島の東端にある新羅が軍事的に結びつき、間に挟まれた高句麗と百済がじわじわと追い詰められていた時期であり、現実にそれから15年後の660年に百済は唐の派遣軍によって滅ぼされている。乙巳の変の目的とは蘇我氏の専横どうのこうのでは無くて親新羅のスタンスを採る日本の外交政策を百済に向けさせるためだったと理解する方が自然であろう。

そして百済滅亡後の百済勃興運動を支援するため天智天皇とフィクサー藤原鎌足が軍を送ったことや、天智死後に権力を奪取した親新羅の天武天皇の血筋を絶やして親百済の天智天皇の血統へと皇統を無理やり移し続けた持統天皇(天智の娘で天武の妻)と藤原仲麻呂の奇妙な動きを見ると、やはり藤原氏は百済人だったのだろう・・と思えるのである。

この藤原鎌足の正体については既に何人かの学者が当時人質として大和の地にとどめ置かれた百済王子豊璋である!と明言しているのだが、そこまで大物だったら逆に朝鮮の古文書に「百済人が倭国を背乗りした」と書かれるだろうから、筆者は百済人ではあるものの藤原鎌足はもっと下っ端の人間だったのではないか?と思っている。

それと藤原氏が天皇を追い落として自ら政権を打ち立てなかった事は古代史の謎として語られているが、これも日本各地の豪族たちは藤原氏が日本人では無いことを知っていて、とても神輿に担ぎ上げられるような立場ではなく、それに藤原氏も矢面に立つよりは天皇家の外戚という立場を利用して裏で実権を操る方を好んだ・・と考えた方が合理的である。

そういう前提で見れば、藤原氏の出した諸政策が唯我独尊で無茶苦茶なのも、彼らが外国人で日本人など飢えようが死のうがどうでも良い!ただただ我々藤原氏と便利な盾になってくれる天皇家だけが繁栄すれば良いのだ!と思っていたからだ・・と考えれば妙に納得がいくのである。(ちょっと話はずれるけどこれって在日に浸食される現在の日本と似ているように思えるのは筆者だけだろうか)





さて以上今まで何日かに分けて藤原氏の出自について日記にしてきたが、筆者がこの事を考える度に思うのはやはり天皇家のことである。右の思想をお持ちの方たちは天皇は万世一系の高貴な血筋であり、古来よりずっと日本の安泰をお祈りしてきたのだ!などと誇らしげに言うけれども、筆者は「なに言ってんの?」としか思わないのだ。

藤原家の嫁を貰い続けて濃縮された血を高貴などと呼称すべきではない。それまで何事も合議で決めていた平和的な古代日本人から何もかも奪い去っていった殺戮者、収奪者の血を誰よりも濃く継いできたのが天皇家なのだ。いうなればアステカ文明を滅ぼしたスペイン人コルテスのような存在なのに、その子孫たちが人々の幸福を祈ってきたのだからお前らみんな敬え!と言われても白々しいだけだ。

もちろん明治維新の際には西欧諸国にとってのキリスト教のような柱となる思想が無い日本に「天皇の下では皆平等に赤子」という精神的中核の役割を果たし、近代国家の建設に多大な貢献をしたことは筆者だって高く評価するけれども、しかし平安時代以前の天皇家を調べるにつれこの一家には褒めるところが何処にも見つからなくて、正直日本に張り付いた害虫としか思えないのだ。

ちなみに筆者は英仏独三国を合わせた程度の通常兵器力を保持した上で日本は核武装すべきだし、在日は寝たきり老人だろうが全員漏れなく強制送還して、朝鮮半島と中国、ロシアに足しては恫喝外交を時には使うべきだという考えの持ち主なのだが、こと天皇家に関しては功罪吟味したうえで「有っても無くても良い」という結論である。

以前の日記にも書いたが筆者の祖先はスサノオを奉る氷川神社の宮司だから血統的にはどう考えても天皇と藤原氏に滅ぼされた東国の民、毛人とか蝦夷と蔑称された縄文系の末裔なのである。したがって日本の精神的リーダーとは百済人の泥棒一家とその付属物などではなく、天皇家と覇権を争った東国武士である!との認識を日々強くしている。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

天皇はやはり必要でしょう。世界の目からは、首相に管がなろうが安倍がなろうがその事自体での直接的な影響はそれほど無さそうに見えますし。いわば天皇の存在のお陰で、総理大臣ですら所詮下っぱな訳です。ただ、皇室の闇は本当に深刻だと思います。朝鮮人の利権と深く関わっているし、反日ユダヤとの繋がりも見過ごせません。
日本の右翼団体は殆どが朝鮮人というのも、さもありなんって感じです。創価学会や統一協会ともズブズブなのに天皇が神道のトップ!?片腹痛いとはまさにこの事でしょう。
まあ、象徴は象徴としてあっていいとは思いますが何だかなあ…。

 

すぐに変わる、PMより、すぐには変わらない皇室は、外交的に果す役目は、大きいのかも。

>ちなみに筆者は英仏独三国を合わせた程度の通常兵器力を保持した上で日本は核武装すべきだし、

同感です!!

そうすれば、世界で独立国家と認められる。国連でもね。

近い将来、そうなると。

ただ、国のために、血を流すことが、できるのかどうか? 

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1178-b5f9b5eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。