スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス爆発で命拾い

昨晩ベッドに横たわりながらアマチュア怪談師の話を聞いていたら外からやけにサイレンの音が聞こえてくることに気が付いた。1台や2台どころではない。また近所でヤクの売人の死体でも見つかったのかな・・と思ったが、サイレンの数はどんどん増えていき、それが割合と近所で止まるのである。

天変地異や事件事故が好きな筆者は一体何が起こったのか?と気になり、だったら今から見に行こう!と思ってステテコに履き替えたのだが、そこで女房が目を覚ましてしまい「あんた!こんな夜中にどこ行くの!」とうるさく喚くので仕方なくベッドに戻って怪談を聞き直すことにしたのだ。それが午前1時10分のことである。

ところがそれから20分後、怪談が佳境に差し掛かったころに突然ズドドドドドーンという凄い轟音があたり一帯に響き渡り、それとともにアパートの電気が一斉にパッと消えると何かの警報装置がピーピーピーッと鳴り始めたのである。

な・なんだ今の音は?と部屋を飛び出ると、隣人たちも廊下に顔を出していて「火事か?」「屋上の方から音が響いてきたぞ!」「クリスマス前にボヤを起こした階下の一家が今度はガス爆発を引き起こしたんじゃないか?」と話しているのだが、そこへ誰かが廊下の窓の外を指さしながら「◎△%@$#!!」と叫んでいるのを見つけた。

真夜中にもかかわらず濛々と煙が上がっているのである。どうも数百メートル先で何かが爆発したらしいのだが煙の大きさから言ってかなりの規模だ。そして窓から顔を出してみんなで煙を眺めていると先ほどよりももの凄い数のサイレンが周辺から集まり始めたのである。こりゃ見に行くしかないな!と筆者はまた思ったのだ。





しかしガードマンが筆者らの方に近付いてきて、近所のLPガスステーションが爆発したらしい事、もう一度爆発する可能性が高いので爆風にさらされると危険だから窓から離れる事、それと絶対に外に出ない様に!と言うので渋々ながらも部屋に戻ってテレビでニュース速報を見ることになったのだ。心の中でチッ!と舌打ちである。

事故の概要を知ったのはそれから2時間ほどたった頃で、ガソリンスタンドに隣接したLPガス充てん業者の建物内にガスが充満しているのを発見した人間が消防署に通報したのが午前1時の事で、この通報で集まって来た消防車やパトカーのサイレンの音に釣られた筆者は見物しに行こうとしていたわけである。

しかし1時30分に充満したガスが引火して大爆発を引き起こし、それがズドドドドーン!!の衝撃波となって押し寄せるのを聞いた筆者は再び外出の欲望に駆られたのだが、実はこのとき数十人の人間が炎に包まれて重傷を負っている上に、さらに隣のガソリンスタンドに引火しかねないという超危険な状態になりつつあったのである。

幸いな事に消防車が大量に押し掛けたおかげで二次災害は防げたわけだが、もしもガソリンスタンドが燃え上がっていれば近くのスカッター(不法居住者)地区まで火が広がって下手すると百人単位まで死者数が昇っていたかもしれなのだ。しかしそう聞いても筆者の脳裏を占めているのはもちろん自分自身の事だ。

もしもあの時女房が止めなかったら筆者は間違いなくLPガス充てん業者の傍まで行って、しかも性格的にも他の人間を押しのけて一番真ん前に立っていたはずである。そしてそこへ強烈な爆風が襲ってきたら今ごろ・・・。こういうのは命拾いしたとは言わないのかもしれないが、ただいま女房に心の底から感謝しております、はい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

命拾いしましたね 

好奇心旺盛な筆者のこと、これからもどんな場面に遭遇するか分かったモノではありません。命が大切なら、守り神の奥様を大事にしてあげてください。
それにしても、フィリピンって色んな事が起きる国ですねぇ。

 

危うく楽しいブログが読めなくなる所だったわけですね。僕も奥様に感謝しなくては。

漫画みたいな国 

コーラ瓶でガソリンとか売ってる国ですからね~
危険物取り扱いとかの資格とかあるんかいな??

とりあえず、御無事で何よりです。ちゃんと消防車が来るんですね。驚!

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1176-e7a579e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。