刑場の跡に建てられた街

2017/01/10 12:30:33 | オカルト系 | コメント:1件

年末年始の外国の友人たちを見ていると日本に遊びに行った人間が多い事に気が付いた。例えば筆者の旧仕事関係だけでも同僚だったサンディーはこの寒い中なんと札幌に出かけ、取引代理店オーナーのエリックは東京のホテルオークラに、そして頭脳明晰なチョイ女史は一家全員で九州の豪華温泉宿に長逗留し、アメリカ人のジェフは何でか知らないが名古屋ヒルトンにいたのだ。

世間では日本の観光ブームはピークを過ぎた!などと言う人間がいるが、筆者の友人たちは皆10回とか20回の訪問経験があるリピーターだから、日本の観光パワーはむしろ以前よりも深みを増していると断言してよいだろう。物見雄山の中韓両国民が減って懐と頭の中身が豊かな外国人訪日客の純度が増していくのは大変好ましいことである。

さてそんな知人たちの中にいたのが今から20年前に筆者と一緒に働いていた香港娘キャンディーである(ただし現在は中年化しているが)。筆者はこやつを妹のようにかわいがっているのだが、クリスマスの翌日に「大阪の美味しい店を教えてよ!」というメッセージが突然来たのだ。なんと旦那と息子と一緒に生まれて初めて大阪に来たのだが、ガイドブックに載って無い様な店に行きたい!と言うのである。





それで筆者が大阪に来たら絶対に行く東心斎橋の焼肉屋とか、梅田にある明朗会計で懐に優しい寿司屋、それとちょっと離れているけど松屋町の気の利いた割烹などを紹介したのだが、ところでお前は一体どこに泊まっているのか?と聞いたところ、これが大阪ミナミのど真ん中にある○○○○○ホテルだと返事がすぐ来たのだ。

キャンディーがこのホテルを選んだ理由は良く判る。このホテルは難波駅と道頓堀を結ぶアーケード街のど真ん中にあって、あたり一帯には寿司やうどん、551蓬莱軒や二見のぶたまん、ラーメン金竜に名物タコ焼き屋などがひしめいているのだ。それに部屋のサイズは23平米と少し広い割に宿泊費は1万2千円くらいと大変こなれているから、B級グルメ好きでミーハーでケチなキャンディーにとってホテルといったら確かにここ以外ないのである。

それと筆者も2年前に女房と一緒に大阪に5日だけ滞在した際には大阪名物コテコテを満喫できるこのホテルに泊まろうとしたのである。しかしたった1日予約するのを遅らせたせいで部屋が満室になってしまい、泣く泣く天王寺駅前のホテルに切り替えたのだが、後で何気なく調べてみたら、この1日の差は誠に僥倖としかいいようが無かった事を知ったのだ。





このホテルは幽霊が出るのである。これは是非とも心霊スポットサイトを調べてみることをお勧めするが、その昔ビートたけしがグランド花月劇場で公演した時に泊まったホテルに幽霊が出た!という話があるが、そのホテルというのがここなのである。千日前の幽霊ホテル・・と聞けば地元の人は間違いなく「ああ、あそこやな」とここの建物を思い浮かべるのだ。

千日前と言えばデパート火災で118人が死んだ千日デパートが有名で(火災後は建て替えられてプランタンになり現在はビックカメラ)、ここは筆者のようなオカルトマニアにとっては涎が止まらない逸話が数多く残されているのだけれども、実は幽霊が出るのはこの火災ビルだけでは無くこの一帯全てであり、いや正確に言えば千日前エリアと言うのは呪われた土地なのだ。

そもそも千日前と言う名前は大坂冬の陣と夏の陣で死んだ膨大な数の兵士の遺骸をここに運んで千日間読経して弔ったからで、やがて豊臣家は滅びて徳川の奉行が大阪に送り込まれるとここに刑場と墓場を作ったのである。東京でいえば鈴ヶ森や小塚原の様な場所で、ふつう刑場跡地と言うのは寂れているものなのに、なぜかだか大阪千日前は日本屈指の繁華街になっているのだ。





さて世の中には筆者のような不気味な話が好きな上に調べごとが得意な御仁がいるもので、その方が千日前の刑場は具体的にどこになるのか?を調べたところ、首を刎ねた刑場はアムザビルのある当たりで、ビッグカメラがある場所は墓場であり、罪人の骨を捨てた灰場は味園ビル、そして遺体を焼いたのは○○○○○ホテルのある場所であることを突き止めておられるのだ。それが上にある地図である

キャンディーが火葬場の跡地に建てられたホテルに滞在している・・。そう言えばその昔社員旅行で行ったマカオのホテルで怖がりなキャンディーをド迫力怪談で脅かして恐怖のどん底に陥れたことを思い出した。常識的な人間ならばこんな不吉な事は黙っているものなのだが、オカルトマニアというのは誰かを恐怖に震えさせた時のあの快感が忘れられないのである。

それでキャンディーに「お前の泊まっているホテルはこれこれこういう所で・・」とつい出来心で伝えたところ(漢字が読めるので当然地図と処刑イラストも添付した)、それから2週間「レストランの味はどうだった?」といった筆者の問いかけに対しキャンディーからは何の返事も来なくなってしまったのである。それでただ今自らの行いを後悔しているのだが、じゃあもう二度とこういうことをしないのかと言うと・・。また絶対やるよ。それが怪奇マニアの性(さが)なのだ!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2017/01/10(火) 20:26:07 | URL | prince #XeNBjOg6
難波オリエンタルホテルですか?
一応4スターですけど、怖いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1174-e28affb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)