世界で一番危ない山

大学時代の友人達と一緒に昔の様に旅に出ようじゃないか!と過去数か月ほど話をしてきたが、正月の挨拶がてら意見集約を図ったところ、タイのパタヤと北朝鮮の2か所に絞られてきた。オヤジばかりハワイやシンガポールに行っても面白いはずも無いから、鉄砲の玉を打ち尽くす前に酒池肉林にふけるか、崩壊する前に異常な国を見物しに行くかが最終的に残ったのだ。

筆者はタイには過去何十回も遊びに行ったので今さら何でタイに?と思うだけだから、当然ながら北朝鮮推進派なのだが、同じ推進派でも中には全く違った思惑の人間もいることを知って今回驚いてしまったのである。なんと真面目な公務員U君は北朝鮮でトレッキングをするつもりなのだ。

ふつう北朝鮮に行く目的とは「金正恩マンセー!」と叫んでいる洗脳されちゃった民衆や、私の希望は祖国の統一!と涙を流しながら歌っているガキどもに噓八百の品物を展示した博物館、それと表通りは綺麗だが裏はスラム街そのものの矛盾都市ピョンヤンの街並みを冬のバイカル湖のような冷たい目で眺めることのはずである。

毎年ピレネー山脈やマレーシアのコタバル山、それとダバオのアポ山なんかに出かけては何日も山の中を歩き回ってるとはいえ何故U君は北朝鮮で山なんぞ・・と思ったのだが、北朝鮮みたいな国民が食うや食わずの状態で外国人が全然観光に行かない国の山というのは原始林が丸ごと残されており、自然を愛するトレッカーには涎が止まらない存在だと言うのだ。

そのU君が今回目星をつけているのは中国との国境にある白頭山(ペクトウ山)で、巨大なカルデラ火山の外周部を歩き回った後は内周部にある火山湖を一周して・・などと語りはじめたのだが、山に丸っきり興味がない筆者は当然こんな話などろくに聞いていなかったし、それとは別のもっとシャレにならない事をずっと考えていたのである。





白頭山は近々噴火する可能性が非常に高いのだ。それも御岳とか箱根の噴火なんてレベルじゃなくて最低でもピナツボ火山、最悪の場合は過去千年間で最大の噴火、いわゆる噴火の中でも王者中の王者である破局噴火になる可能性もあって、その場合の被害規模は死者数十万人になる見通しなのである。

ちなみに千年に一度と書いたのも、実は千年前に噴火したのもこの白頭山で、その際には朝鮮北部から満州、ロシア沿海州エリアに栄えていた渤海王国が滅亡してしまったのである。更にその千年前にはユーラシア大陸の西側でベスビオ火山の噴火によりローマ帝国の都市ポンペイが滅亡してしまったが、千年前の白頭山の噴火は計算上ポンペイの何十倍もの規模だったそうである。

白頭山が怖いのは吹き出す火山灰や火砕流、マグマだけでなく頂上にため込まれた火山湖の水があることで、カルデラ周辺が崩れてこの水が流れ出せば巨大津波となって周辺一帯を飲み込んでしまい、まるでノアの箱舟のようになってしまうと書いてあったっけ・・。そんな爆縮レンズむき出しの核弾頭みたいな山にUの奴は登りたいだと・・。

旅行会社のオプショナルツアーを見たら白頭山のトレッキングがあったんだよ!飛行機で近くの町まで飛ばなきゃならんけど、その価値は十分あるはずだから是非とも行こうじゃないか!とU君は言うが、こっちは階段を上るだけでゼイゼイしてるのに、そんな危ない山なんか行けるわけねえだろが・・。

まあ火山噴火なんて交通事故に遭う確率より低いんだけど、北朝鮮が核実験を行う度に断層に亀裂が入って噴火が早まっているらしいから気にならないわけが無い。山慣れしているUなら華麗なステップで溶岩が流れだす前に安全区域に逃げられるかもしれないが、筆者はどう考えても山の上に取り残されてそのままに・・。Uよ、お前は一人で山に行け!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

結構、高い山が北朝鮮にあるのですね。
中国との国境で、中国側から登った方が、楽だそうです。

厳しい、北朝鮮側から登るとは、さすが山男。

私的には、当然PASS(笑)

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1167-db00228d