当たるも八卦 当たらぬも・・・

筆者は占いの類が意外と好きな方で、今までも天中殺やタロットカード、四柱推命なんてものに凝って本など買ってきたのだが、色んな占いを試してみた結果「これだ!」と思うのがあったので、既にこの占いをご存じの方も多いと思うが一応今日の日記で紹介したい。

それは0学占いで、今から16年前に日本のど田舎で無聊を囲っている時に同じ趣味を持つ危ない女子社員から勧められたのでヤフージャパンにある無料占いを試してみたところ、これが実によく当たっているので驚いてしまったのだ。

0学占いは元々新宿の路上で易者をしていた御仁が色んな分析や経験をもとに体系化した日本独自の占いであり、誕生日からその人物の星座と支配星を探り出し、それぞれが今どういう運勢のもとにいるのか?を探り出すのだ。





ここで説明するよりも0学占いのサイトで直接やってみた方が話は早いのでこれ以上の説明は省くが、今年の筆者は上昇基調にはいるものの昨年とは打って変わって様々なトラブルに見舞われ易いらしく、特に健康と感情関連で要注意な一年だと出ているのである。

0学占いは今日の占い、今週の占いだけでなく、今月の占い、今年一年の占いと言う具合に対象期間が中長期にわたっていて、当然ながら今日の占いで「素敵な出会いがあります」などと出ていても誰とも会わない事も良くあるのだが、よく当たるのはもっと長いレンジの占いなのである。

いわゆるダメな年というやつである。筆者の場合だと1回目は小学校5年生で次は会社員生活1年目、そしてその次は1回目の赴任を終えて日本に帰国し無聊を囲っていた年で、最後は頭が壊れた男の下でこっちも壊れかけた会社員生活最後の年だ。これが4回とも年が見事に当たっているのである。





ただしこの4回の年はそれぞれ12年刻みだから、干支と同じなら別に目新しくも何ともないだろう!とご批判もあるだろうけれども、一番ついてない年の0地点から清算、開拓、生長、決定、健康、人気、浮気、再会、経済、充実、背信という一連のサイクルは筆者のその年のキーワードそのものだったのである。

ただしこの0学占いは誰にでも当てはまるのかと言うと案外そうでもなく、筆者の周りにいる人間で試してみたところ「その通りだわ!」となったのは3割くらいで、残り7割の方たちからは「箸にも棒にもかからない」「俺の場合はそもそも7年サイクルだよ」という散々な評判であった。

しかし昔香港にいた頃に出会った風水マニアが言うには「その人に合う占いと合わない占いがあるから、それを探せばよいのだ」という事の様だから、皆さんもおヒマだったら色んな占をお試しいただきたい。なおこれは誰でも知っている事だけれども、日本の場合は高額な費用を請求する占い師ほどニセモノが多いのでご注意を。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1166-ecd950f3