スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名物オカルト番組存亡の危機

年末恒例の長寿オカルト特番「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」に出演している大槻教授が「番組にヤラセがあった」と自身のブログで告発し、この手の話が大好きな人間の間ではかなり大きな話題になっているらしい。

なんでも他人の思考を読み取れるアメリカ人超能力者という輩が番組に出演し、会場にいた数人の考えていることをズバリ当てたので、オカルト否定派の大槻教授は早速「だったらオレの脳内も読み取れ!」と申し出たところ、なんとこの超能力者は大槻教授に誕生月を聞いた後で「6月生まれは難しい」と逃げてしまったというのだ。

不味い事に番組の裏方ディレクターが「大槻教授とは事前の段取りは出来てない」と皆の目の前で発言してしまい、さらに「テレビ局の意図もあるから一旦は引き下がるが、この一連のやり取りはカットせずに流せよ」という大槻教授の要求も無視して実際の放送ではオールカットされてしまったらしい。

それで怒りに駆られた大槻教授は自身のブログでヤラセを暴露するとともに、放送倫理委員会に訴える!もうこの番組には出ない!と息巻いているそうなのだが、この一連のニュースを見た筆者は思わず「これもヤラセの一種なの?」と失笑してしまった。と言うのはこの大槻教授は表向きオカルト否定派だが裏の顔はその逆だからだ。

この大槻教授は今から40年近く前にスプーン曲げで一世を風靡した〇〇少年(現在は中年)と親友の様に仲良くしているし、如何わしい科学雑誌主催のこれまた如何わしいオカルトイベントにも出演者ではなく観客として度々顔を出しているのを数多くのオカルトマニアに目撃されているのである。





つまり実像の大槻教授はオカルト大好き人間であり、オカルト番組に否定派として出演してたま出版の韮澤編集長らトンデモ人間と激論を交わしているのが何よりも好きな方なのだが、一応早大理工学部教授としての体面もあるし、それに否定派でいた方が自分が大好きな番組にお呼びがかかるから表と裏の顔を巧く使い分けているのだ。

それがなぜ今回番組存続の危機に発展するような行動に出てしまったのか?と筆者も首をかしげてるのだが、しかし動画サイトに上がっている過去の放送を丹念に見てみたところ、ここ数年明らかに番組の質が落ちてきていることを再認識したのである。それと大槻教授のブログにも「数年前に製作スタッフが入れ替わって・・」と気になる書き方がされているから、どうもここ辺りに怒りの原因がある様だ。

筆者はこの手の東スポ的なオカルト番組というのが結構好きで、心霊写真や心霊動画が仮に作り物であったとしても恐ければそれで良しとする人間なのだが(現実問題としてテレビでは本当に怖い画像映像は自主規制されていて出せない)、そういう寛大なオカルトマニアから見てもこの番組の数年前から全く怖くないし笑えもしないほど作りが粗末になってきているのである。

だったらその昔たま出版の韮澤編集長と大槻教授の間で繰り広げられた「どう見ても普通のアメリカ人にしか見えない金星人」論争みたいなアナーキーなシーンを増やせば良さそうなのだが、昨今のテレビ事情ではそれも出来ないため、ウンと議論の幅が狭くなった上に安っぽい作り物だらけの退屈な特番になってしまったのだ。こういう諸々の齟齬が大槻教授の中に蓄積され、今回の事態になってしまったのではないだろうか。

大槻教授のブログは「もはやこの番組、来年はないだろう」「20周年記念を前にして異色の『たけしの超常現象特番』も消えるのだ」という言葉で結ばれているが、この番組を楽しみにしている全国のオカルトファンも多いのだから、是非とも窮屈なテレビを出て低予算でも良いからアナーキーな作りが出来るネット番組として是非とも残してもらいたいものだ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

今年も12時間を切りました。
色々、お世話になりました。
ありがとう。
来年もよろしく!

私の、ブログ、ソフトOPENしました。まだまだ未完成ですが、宜しければ、コメントお願いします。

http://starchildcom.blog.fc2.com/

 

来年もよろしくお願いします。
このブログ先日拝見しましたよ。
定期拝見させていただきます。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1164-93698a3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。