退屈なクリスマス

2016/12/29 11:17:49 | フィリピン雑学帳 | コメント:2件

筆者がフィリピンでセミリタイアを決めてフィリピンに移住した4年前、今はもう亡くなってしまったボウイ叔父が酒を飲み飲み「フィリピンのクリスマスは素晴らしいから、この時期は絶対に国外に出るべきではない」と宣ったのを聞いて「なるほど流石キリスト教国だ」と思ってしまった。

筆者の父親は神社の神主の息子だが若いころ共産主義者になったために宗教に関するものをとことん嫌い、母親は自分のこと以外なに一つ考えられぬ欠陥人間だから、筆者はクリスマスどころか菖蒲湯とか豆まきといった季節の行事というのが皆無の環境で育ったのである。

それに日本じゃクリスマスと言うのは恋人同士が高いホテルで時を過ごす時間であり、香港も元イギリス植民地とは言え旧正月祝いに比べるとバーゲンセール以外は特にこれと言ったものはない。だからフィリピンのクリスマスというのはトンデモなく珍しいイベント続きなんだろうなぁ・・と楽しみにしていたのだ。

ところが・・何にもないのだ。街にはイルミネーションが飾られて、あちこちでクリスマスと銘打った広告が目立つけれども、それ以外は教会に行ってお祈りをする、テレビで宗教番組が増える、子供たちはプレゼントを貰う、誰かの家に集まってファミリーで食事をする・・単にそれだけなのである。

遠方から親戚が来て久しぶりに盃を交わすというのに楽しいとは思わないのか!と批判するかもしれないが、それはあくまで日本人の目線であって、現実には遠方の親戚と言うのはしょっちゅう帰国しているし、久しぶりに盃を・・というのも筆者の親戚でいえば最も久しぶりでも3週間ぶり、短い人なら5日ぶりくらいなのである。

要するに筆者にとってのクリスマスとはしょっちゅう顔を突き合わせている大学サークルのメンバーが集まってコンパやってるのと同じ程度の有難さでしかなく、しかも割り勘どころか請求書の1/3くらいは筆者に回って来るから、これって単に迷惑なイベントでしかないのだ。

ああ!なんて素晴らしいクリスマスなんでしょう!あと1年も先なんて待ち遠しいわ!と従姉妹メイは呟いていたが、こんなつまらないイベントを感極まってしまうなんてオマエの人生は一体どれだけ不毛なのか・・と呆れた筆者はこの女をジロリと冷たい目で一瞥しただけで一切返事をすることは無かった。来年はこの時期フィリピンから脱出するぞ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

フィリピン人が日本に遊びに来る時代

2016/12/29(木) 14:14:59 | URL | poyoyon #-
日本人の彼女から援助して貰って1週間くらい旅行してるのが居ます。
旅費ぐらいは自費なんだろうけど、宿泊費が高いから苦労してるみたい。

フィリピン人に混じっての宴会も5-10年もやったら飽くのが当然。
何の内容もない会話、不味い食い物、飲んべえの人には苦にならない飲み物?

2016/12/29(木) 15:25:57 | URL | prince #/9hBKkrU
筆者さんの処は、言ってみれば実家が近くだからそうなるのでしょうね。

実家がふるさと(田舎、都会から遠く離れた)にある場合は、このクリスマスシーズンに(ランタンシーズンに)何円かに一回の里帰りを楽しみにしているようで。

ある程度のレベルの家族、大家族なら、旅行に行くのが流行ってますよね。

ボラカイより安い、日本とか、雪を求めて、カナダやヨーロッパとか。

特に子供たちが冬休みだから、一家揃って。

お金持ちですね。フィリピン人は!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/1162-323cc6bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)